スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ISO/HACCP視察研修報告 2

224 2010年9月19日
韓国ISO/HACCP視察研修報告 2
出発し、50年間韓国食品業界をリードしています。国内食品の専門企業としての役割を忠実に実行して、さらに、韓国の食文化を世界各地に伝播するグローパル企案へ成長しようとしています。
工場見学は専用の通路で全体を見下ろす感じで、製造ラインが俯瞰してみることができました。従事者の動きや清潔区域、準清潔区域の状態を見る事ができます。印象的だったのは冷凍機の入り口が高い位置にあり、蒸し器、フライヤー、焼き物機から出ている長いコンベアが4本配置されていることです。途中冷却用の扇風機が設置されていました。日本ではあまり見かけないシステムでした。

視察が終わっての会議で、工場側から法律が厳しくなったことで、異物混入防止対策に力を入れていることに説明がありました。さらに、トンネルフリーザーについての質問がありました。同行者のフードテクノエンジニアリングの野田社長が質問に答えていました。専門的ではありますが、取り上げてみます。
蒸し器、フライヤー、焼き物機からの長いコンベアは予冷の意味があると工場の説明に対し、野田社長はオーブンを出てからフリーザーに入るまでのラインが長すぎる。40℃~50℃の温度帯を露出状態に晒されると細菌の汚染・増殖のリスクやカバーの無いライン通過中に天井の水滴が落ちたり、扇風機の空気で汚染される恐れがあり、衛生管理上良くない。ラインを短くすると清掃箇所も少なくなり管理がしやすくなる。日本では予冷せずにフリーザーに直結している。この方法では商品の歩留まりが上昇し経営効率がよくなる。フリーザーの効率は、冷気の漏れを防ぐことと、出来るだけ加熱器の熱い空気を入れないように設計を見直すことで解決できる。衛生管理上の利点と歩留まりの向上が見込まれるのでメリットがある。試作して、熱効率、歩留まり等の計算をして、今後の改善に生かして欲しい。
出来るだけコンベアを無くしたり短くするなどシンプルにすることで、洗浄箇所を減らし汚染リスクを下げることになり衛生管理を良くすることができ、歩留まりを良くすることが見込まれ、設備投資を減らしイニシャルコスト、ランニングコストを下げ、人件費の削減につながっていきます。

米虫先生は、TPMを採用しているようですが、TPMの効果が現場に反映していない。TPM(total productive maintenance)は、主に製造業において導入されている全社的設備管理手法で、(生産)設備システムのライフサイクル全体を対象に、生産効率を阻害するロスの発生を未然防止することを目指して、人・設備・企業の体質改善を図る総合的活動をいいます。
現有する機械設備をいかに効率的に動かしてロスを減らし、体質改善を図るためにTPMを現場に落としこんで改善活動を行ってください。
異物混入対策も言われていますがカバーのないラインがあちこちに見られ、それもものすごく長いラインがある。やろうとする事をいかに現場に落とすかが大事です。それは、現場を見ればわかります。
清潔区域と準清潔区域と分かれているがその間の往来が普通に行われている。マス着用が何のために行われているのか分かっていない。マスクを下げて鼻をだしている。出来たら早急に清潔区域、準清潔区域のペンキの塗り替えを行うこと。包装工程では完全に床がドライになっているので、長靴を履く必要がない。スニーカーの方が仕事がしやすい。整理・整頓はかなりできているが、ポイント、ポイントところで管理が足らないとの印象です。管理手法を使う時にそろぞれの所で目的にあった方法で使い方をもっと考えた方良いです。

さらに、野田社長は、韓国でも中国でも機械は良い物を入れているが、その機械をいかに効率良くつないでいくかという技術者が不足していると思う、機械の組み立てとスペースのバランスがとれているところが少ない。そこを改善していくと良い。御社の長いラインは昔から理由があってこうなっているのでしょうが、イニシャルコスト、ランニングコスト、衛生管理上の問題を総合的に考えて、今後の設計や改善に生かしてもらいたい。費用効果は十分出ると思います。

視察見学には珍しく、厳しい意見や専門的意見が多く出ました。私の最初の違和感も長いコンベアで、野田社長、米虫先生の説明もよくわかりました。こういう部分が日本企業の特色の特色の「改善」なのでしょう。工場全体の印象として、HACCPやISO、TPMを取り入れたりと積極的ですし、何より、人を大事にしていると感じました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

consalmasa

Author:consalmasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。