スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脊柱側弯症とピラティス

277 2012年12月2日
脊柱側弯症とピラティス
 私が行っているスポーツジムでピラティスのインストラクターの平木さんから杉山陽子先生の「脊柱側弯症とピラティス」のワークショップに誘われました。私の持病の腰痛は、脊柱のゆがみからきているのでは無いかと思っていました。
 脊椎側湾症とは、脊椎(背骨)が側方に湾曲する病気です。脊椎は、正常な状態であればまっすぐに伸びているものであるが、この病気の場合には、側方(横方向)に湾曲していたり、脊椎がねじれています。痛みを伴うことは稀なため初期における発見は難しく、ある程度成長してしまってから気がつく場合が多いようです。
 小学校の健康診断で1学年に3人位見つかっており、多くの人が自覚しないで脊椎側弯症になっている可能性があります。肩やウェストの高さが左右で違うなどの外見上の問題の他、高度の湾曲になると、腰背部痛に加え胸の圧迫と変形による呼吸器障害・循環器障害など内臓にも影響を及ぼしたりします。
 私自身(杉山陽子先生)は小学3年の時脊椎側弯症に罹り、病院で経過観察を行っています。そして、勧められて機械体操部に入り矯正を試みたが、診察の度にゆがみがひどくなるのがわかった。頸椎(首)の位置が大変なことになっていて、その頃はよく頭痛に悩まされており頭痛薬を持ち歩いていました。また、肩甲骨のラインが曲がっており、着る物に苦労しました。
 ピラティスとの出会は、この運動は「コアを鍛えて、身体の歪みを改善するプログラムなんですよ」と聞き、身体の歪みに反応して、ピラティスの勉強をはじめました。
 ブログ「骨を感じるピラティス」に私と脊柱側弯症・・その後が載っています。開始前、ピラティス後の写真があります。

http://ameblo.jp/inner-beauty-style/theme-10012115825.html
http://ameblo.jp/inner-beauty-style/entry-11328733596.html
整形外科に行くとよほど重度なわん曲でない限り、2006年の私くらい顕著に側弯が表に出ていても、医療機関では「経過観察」という言葉が出ることがほとんどだということ。できるだけ進行を防いで、現状維持をめざすのが現状だと思います。
脊椎側弯症といえば、ウサイン・ボルトの記事がすごく面白い。脊椎側湾症が原因の肉離れに悩まされていたウサイン・ボルトは、コーチらの指導で徹底的な筋肉の強化を行い、トレーニング中の怪我が減少した。これは装具の代わりに体幹の筋肉で脊柱を矯正する考えである
ウサイン・ボルト 世界最速が背負う秘密の十字架
http://number.bunshun.jp/articles/-/237148
ワークショップの講義の最後のフリートークの座談会では、杉山陽子先生、平木さん、参加者の医者の娘さんと脊柱側弯症に罹っていましたし、私の腰痛も脊柱側弯症とは診断されていませんが、重い肩掛けかばんを右側に掛けていて、右後方にゆがんだのが原因と考えていました。以前の集合写真を見ると、顔が左に傾いている写真があったことを思い出し、脊柱側弯症の発見法のアダムステストをしてもらいました。
アダムステストは前屈によるチェックで脊椎の回旋による肋骨の隆起で脊柱側弯症を調べる方法で前屈しながら首から肩、背中にかけて左右のひずみを測定します。
1 両手を体の前で合わせます。
2 そのまま前屈します。
3 背中の左右の高さをチェックします
4 側湾症は、回旋を伴って歪むので、肋骨隆起が現れます。
 私はアダムステストは正常でした。多分、平木さんのピラティスやヨガを5年近く続けた成果でしょう。
講演を聞いて、多くの人が脊柱側弯症や猫背等の身体のひずみで悩んでいます。加齢につれて筋肉も衰えて縮んできます。朝方、足がつるのがその前兆です。私の場合、整形外科に行っても「背骨がゆがんでます」だけで治療法はメスを入れるだけです。ピラティスは自身の骨や筋肉を動かし、ひずみを矯正することができ、即効性はありませんが、じっくりゆっくりと効いてきます。足首が弱っているので片足立ちはできませんが、体幹や肺を鍛えるので身体機能のバランスが取れるようになります。
Pilates Trainers Circle OFFICIAL BLOG 側弯症
blog.livedoor.jp/ptc_info/archives/6094491.html
http://ameblo.jp/inner-beauty-style/theme-10027327834.html


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

consalmasa

Author:consalmasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。