スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自炊にトライ

276 2012年11月18日
自炊にトライ
 自炊と言っても料理じゃ有りません。本の自炊です。本をスキャナを使ってデジタルデータに変換する方法です。
10月24日アマゾンのキンドルがついに日本に上陸しました。電子書籍元年と謳われた2010年から2年。そしてまもなくとサイト上に告知が出てから4ヵ月。やっとです。私は4、5前からキンドルに注目していました。アメリカバージョンも考えましたが日本版発売まで待っていました。さっそく、アマゾンに注文しましたが、手元に届くのは12月始めです。
 電子書籍リーダーは米国では「文字の大きさを自由に変えられるから」という理由で、特に視力に不安を持つ年長世代に好まれているそうです。私は、パソコンで良く長文を読みますが、じっくり読んだり保存しておきたい文もあり、この面で電子書籍リーダーは使えないかと思っていました。それと旅行する時に便利かと思っていました。
 時を同じくして、キンドルストアも開設されましたので、覗いてみましたが、価格は紙の書籍に比べて同じか、少し安い程度で期待していたほど安くありません。キンドルで読む方法として、自ら所有する書籍や雑誌をスキャナを使ってデジタルデータに変換する方法があり、「自炊」と称しているそうです。自炊代行業者も沢山ありましたが、著作権法に触れるということで激減し、それこそ個人で「自炊」する必要があります。
 その方法はネットに詳しく紹介されていますし、私もトライしましたので報告します。http://ushigyu.net/2012/09/05/what_is_jisui/
 この方法は自分で読みたい本を手間をかけ、コストを安くする方法です。
 道具としてスキャナーは必須です。私はScanSnap S1300を選択しました。文庫本300Pで15分位です。
 FJITSU ScanSnap S1300 20.000円
  毎分12枚・24面の読み取り速度を実現
  読み取るスピードの違い位で出来上がりの差は無い。
 FJITSU ScanSnap S1500 50,000円
  A4原稿を50枚までセット可能 毎分20枚・40面の高速読み取りを実現
 裁断機は使わず、カッターナイフとカッターマット、定規で行います。
 自炊の場合、本をスキャンしてPDF形式で保存します。つまり、映像として読み込まれており、キンドルで読むとき、文字の大きさから文庫本が最適で、新書までです。

本の自炊の手順
1 文庫本のカバーを外し、背表紙と裏表紙を手で剥がします。
2 本をカッターナイフで分割します。厚めの文庫本は4分割します。本の真ん中を押し開き、糊面にナイフを入れて切り開きます。分割して置くときれいにカットできます。
3 分割された物を端から4mm程度に定規を当てカッターナイフで切り落とします。コツは床で体重がかかるように立て膝で作業し、定規の端を足で固定すると真っ直ぐ切れます。最初は定規に沿うように軽く切り、切れ目が深くなったら体重をかけてゆっくり切ります。10往復程度で切れますので、裁断機を使わなくともきれいに切れます。
4 背表紙の糊が残って2枚がくっついた状態のページがないか、確認します。
5 スキャナの設定を行います。スキャンします。
 スキャナーは、紙の補給をする必要があります。手作業が好きな人は面白い作業となります。
6 読み取ったファイルをキンドルに最適なように加工するソフトがあり、自動余白カットや文字をくっきりさせることができます。
いきなりPDF for 自炊
http://www.sourcenext.com/product/pc/ikp/pc_ikp_000834/

 読みたい文庫本を古本屋(ネット通販あり)で見つけ、自宅で自炊する程度であれば、必ずしも裁断機は必要なく、ScanSnap S1300で可能です。
古本・中古本ネット通販 http://usedbook.ichiran.net/
ブックオフオンライン http://www.bookoffonline.co.jp/top/CSfTop.jsp        お気に入りリストに読みたい本を登録しておき、ある程度(送料が無料になる)溜まったら申し込む。
 電子書籍リーダーの販売競争は激しく、楽天はkoboをキンドルに先立って発売しました。そして、楽天カードのプレミアム会員にkoboを無料で配布しました。それが、ヤフーオークションで売られていると聞き、4000円弱で入札しました。キンドルがまだ届いていませんので比較はできませんが2台を使い分けていこうかと思っています。
 まもなく台湾に友人と自由旅行を行います。言葉の問題がありますが、台湾は漢字の国で発音は違いますが、文字は通じます。予め目的地や情報をkoboに入れておいて、メモ代わりに見せればスムースにいけるかと思い、今回トライしてみます。手軽な大きさで長時間使用でき、古本屋で購入した本を自炊して、さらにカットした本をオークションで売ることも出来ますので、暇なシニアには良い玩具になります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

consalmasa

Author:consalmasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。