スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安全」を考える

265 2012年6月3日
安全」を考える
 「安全」について考えてみました。前号にかいたように過去に多くの人が亡くなった腸管出血性大腸菌O157を含む腸管出血性大腸菌の有症者数は、毎年2500名以上です。原因食の可能性が高いのが、レバ刺し、牛の生食肉です。非常にリスクが高い食品です。
 今年7月にも牛レバーの生食についても規制されると思いますが、また規制が厳しいとの新聞報道を見かけます。牛肝臓内部まで腸管出血性大腸菌、カンピロバクターが汚染されていて食中毒発生の可能性は高いので、規制は必要だと考えます。
 前号に書いたレバ刺し禁止についての産経新聞のアンケート結果です。
 レバ刺し禁止「法令で…」にNO82% 2012.5.17 18:37
「レバ刺し禁止」について、15日までに2232人(男性1885人、女性347人)から回答がありました=表参照。
 「レバ刺しを法令で禁じるべきか」では「NO」が82%に達しました。「食べるのは自己判断だと思うか」は「YES」が86%。「レバ刺しを食べたいか」は「食べたい」が70%に上りました。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120517/trd12051718400026-n1.htm
 レバ刺しの危険性をきちんと報道せずに、テレビのグルメ番組でタレントに「おいしい」と言わせてきたマスコミがアンケートをとれば予想された結果です。 
飲食店営業者の皆様、このアンケート結果を信じないでください。食中毒発生防止のためにリスク回避は行ってください。安易に考えてレバ刺しを提供し食中毒を発生させると、マスコミは手のひら返しで攻撃してきます。
 食品中の放射能に非常に関心を持たれています。福島原子力発電所の爆発事故が発生してなくても、放射能は宇宙から届き、地面から放射能は放出されていますので、放射能ゼロにはなりません。健康診断、骨折などでのX線撮影、旅行で飛行機に乗れば放射線に浴びます。つまり、放射能のリスクゼロは無いのです。しかし、消費者多くは、放射能ゼロにならないことは理解していても、ゼロに近くしたいと意識から神経質になっています。 5月22日、北九州市での試験焼却のため、宮城県石巻市からトラックで運ばれてきた震災がれき80トンが22日、北九州市小倉北区の不燃物保管施設「日明(ひあがり)積出(つみだし)基地」前に到着した。これに対して、受け入れ反対派の人たち約40人が施設の正門や周辺道路を封鎖し、同日午後0時半現在、搬入ができない状態が続いている
http://www.youtube.com/watch?v=wQZuNcjguC0
 私の自宅から現場が近く、パトカーのサイレンが聞こえていました。
 福島のがれきでなく、宮城県のです。それも試験焼却です。ネットによると、反対した団体は中核派だそうです。騒ぎを起こして世の中を不安にするのが目的のようです。
 原子力発電所の再稼動が難航しています。昨年の3月に福島の原発事故で連日映像を見てきましたので放射能に対する恐怖を感じたのは理解できますが、では、現状の原発がずっと停止したままで「安全」がこれからずっと担保されているのでしょうか? 原子炉の中には放射能の塊である燃料棒が入ったままです。安全を維持するために冷却を続け、何の利益を生まない装置を電力会社が守り続けさせるには無理があり、逆に事故を起こすリスクが高くなるのではないでしょうか。それより安全確認を十分させて稼動させた方が安全が確保されるのではないでしょうか。もちろん、古い機種や将来地震の可能性の高い地域の原発は廃棄を考えるべきです。日本には世界に誇る原子力発電の技術力を持つ重電メーカーが揃っています。福島の事故を契機に安全対策は飛躍的に改善されると信じます。
 さらに、今年の夏は電力不足が関西電力、九州電力管内を中心に深刻だそうです。熱射病に多くの人が罹るかもしれません。過度の節電。節約で経済活動は沈滞し消費が落ち込みます。産業の米とも言える電力が将来にわたって十分に供給できないなら、企業は海外に進出します。国内の雇用が下がり、個人消費、設備投資は落ち込みデフレが更に進行し、それに伴って税収は落ち込みます。政府は経済の舵取りを変更しないと日本は下り坂が加速します。インフレ政策に変更し公共投資で仕事出し、最低賃金を上げてバラマキを無くし国民を働かせることです。
 日本では、イメージで物事を判断することが多くあります。実際の統計数字を見てないのか、引用せずにテレビのタレントのコメントで判断しています。「絶対的安全」はこの世には無いと思います。自動車事故も飛行機事故も道を歩いても事故は起こります。リスクの比較検討が必要ではないでしょうか。原発を停止したままのリスク、再稼動した時のリスクを経済活動を含めて比較する。飲食店がレバ刺しを提供した時のリスク、提供しない時のリスクを比較してみてください。レバは加熱すればリスクは無くなるのです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

consalmasa

Author:consalmasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。