スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原因と結果

314  2014年6月15日
原因と結果
 エイズ患者・感染者が過去最多 厚労省検査呼び掛け (テレ朝ニュース)
「去年1年間に報告があったエイズ患者とHIVの感染者の数が過去最多となりました。50歳以上の男性での増加が目立ち、厚生労働省は検査を受けるよう呼び掛けています。
 厚労省によりますと、去年1年間で、国内で新たに報告されたエイズ患者は484人で、調査が始まった1984年以降、最も多くなりました。HIV感染者と合わせると1590人となり、これまで最多だった2008年を33人上回りました。
感染者はほとんどが男性で、年齢別では30代が最も多い一方、50歳以上で3割近く増えました。感染経路は同性間の性的接触が7割以上を占め、次いで約2割が異性間の性的接触でした。厚労省は「発症の減少が見られず、油断出来ない状況」として、HIV検査を受診するよう呼び掛けています。
 このニュースを見て、何となく違和感を感じました。厚生労働省が呼び掛けるのは、先ず感染予防でしょう。検査は結果であり、原因を止めないと感染者は減りませんよ。先進国は軒並み、新たな感染者は大きく減少し、押さえ込みに成功しています。先進国では日本だけが増加しています。
 20年前、横浜で国際エイズ会議が開催されました。私はその2年前位からエイズに関心を持ちエイズの赤ちゃんにベビーキルトを贈るというボランティア活動を始め、チェンマイ(タイ)、マニラ(フィリピン)、クアラルンプール(マレーシア)メルボルン(オーストラリア)、神戸(日本)とアジア太平洋エイズ国際会議のエキジビジョンブースに参加しました。多くの講演会を聞きました。性感染による予防はコンドームの使用です。覚せい剤や麻薬の注射器の回しうちです。何故か日本ではこのコンドームによる予防法は嫌われていました。エイズの予防対策が不十分であることをこのニュースは示しています。
「韓国売春の海外進出が止まらない。」韓国の行政機関で「省」に相当する女性家族部が発表した。
 「2004年に売春禁止法が制定された韓国だが、施行10年目を迎えて売春婦の海外進出が急増していることが明らかになった。すでに2010年の時点で外国で売春する韓国人女性は全世界で約10万人いるとみられ、国別では日本に約5万人、オーストラリアに約2500人、グアムには約250人が滞在しているという。」
http://dametv.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-f201.html
韓国では、売春婦にHIVを感染させて、日本に送り込んでいるといるという記事がネットにありました。反日の韓国ですから、ありそうな話です。それなのに、不法就労で韓国に強制送還しても数年したら日本に入国できるそうです。エイズ感染を防ぐ意味からも売春婦を水際で防ぐ政策が望まれます。

「原因と結果の法則」ジェームズ・アレン著を読みました。
ジェームズ・アレンは英国が生んだ謎の哲学者です。1901年に書かれたものですが、世界中でいまなお着実に売れつづけているという驚異的なロングセラー書です
「思いと健康」の章から
きれいな思いは、
きれいな習慣を創りだします。
自分の心を洗わない聖者は、
聖者ではありません。
肉体は心の召使いです。それは、心の中でめぐらされる思いに、常に従っています。意識的に選ばれる思いであろうと、反射的に巡らされる思いであろうと、まったく関係なしにです。肉体は、暗く汚れた思いに付き従い、病気や衰退へと沈んでいくこともすれば、楽しく美しい思いに付き従い、健康と若さの衣を身にまとうこともします。
 病気と健康は、環境同様、心の中で巡らされる思いの明らかな現れです。病的な思いは、それ自身を病的な肉体を通じて表現します。恐れは、人間を弾丸にも劣らぬ速さで殺すことさえあります。それは、また、はるかにゆっくりとではありますが、別の様々な方法で、無数の人々を確実に殺しつづけてもいます。病気を恐れながら生きている人たちは、やがてそれを実際に手にする人たちです。
あらゆる種類の不安が肉体を混乱させ、混乱した肉体は、病気に対して無防備です。汚れた思いは、たとえ行動に移されなくても、神経系をずたずたにしてしまいます。強くて清らかで幸せな思いは、活力に満ちた美しい肉体を創り上げます。肉体は、繊細で柔軟な装置であり、くり返される思いに速やかに反応します。
つねに愛に満ちた思いを巡らしながら、あらゆる人に好意を抱き、あらゆる人と楽しく接し、忍耐をもってあらゆる人のなかに良いものを探しつづけることは、天国への王道です。
あらゆる生命体に対する深い思いやりとともに毎日を生きる人間には、大いなる安らぎがもたらされます。
病は気からと言います。病気も心に原因があることを示しています。食中毒も感染症も感染原因に注目すべきです。原因となる危害要因を知って、予め対策を採ることが大切です。
よく言われるのが心筋梗塞や脳梗塞の基礎疾患として挙げられる「死の四重奏」。内臓脂肪型肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病の4つが揃っていることを言い、死亡率は、そうでない人に比べて30倍以上も高くなるという調査結果がある。これにさらに喫煙習慣を加えた「死の五重奏」という。高齢者は肺の疾患で亡くなることと私のヨガやピラティスの経験から、心肺機能の内肺機能を鍛えることが大事です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

consalmasa

Author:consalmasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。