スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「何のために」目的を展開するための質問

378 2017年3月19日
お知らせ
 この「食中毒を防ぐ知恵」マガジンも378号を迎えました。現役の平成10年からはじめましたので17年間続けました。退職してから15年ともなりますとネタがきれてきました。ここらで定期配信を止めて、不定期に致します。
私が保健所の食品係長の時、1流ホテルのシェフがサルモネラ食中毒を防ぐにはどうしたらよいかと聞かれました。当時は、卵によるサルモネラ・エンティリテヂス食中毒が頻発していました。それこそ「何のために」と考えマスコミが伝えないリスクとその対策法を関係業者に伝えることだと思いFAX情報を配信することにしました。


 「何のために」目的を展開するための質問

 衛生管理をする上で、「実行させる」というのが一番難しいことです。どうしたら全員にその方向に向かわせ実行させることができるか。
 ブレイクスルー思考の「目的展開の原則」と「参画巻き込みの原則」を応用すれば、効果が期待できます。普通、個々の従事者は、自分の与えられた仕事を行っているだけで、全体が見えていません。自分の仕事が会社の目的とどう関わっているのか、会社の目的は何なのか、明確に理解できてないケースがほとんどです。
 ブレイクスルー思考の「目的展開の原則」をグループで行うことにより、問題解決の前提条件や制約条件から"我々の思考“を解放することができます。前提条件や制約条件は、往々にして先入観にすぎず、目的を正しく設定すれば、無視しうるケースが多いものです。
例えば、衛生管理をテーマにするとき、目的を展開するための質間をする。
「手洗いは何のためにするの?」
「衛生管理は、何のためにするのか?」
「自分たちは、何のために仕事をしているのか?」
「自分の働いている店の目的は何か?」
と質問をくり返す。その際、過去や現在の悪い点、問題点、原因の追及などは一切禁止し、信用ゲームに徹することです。
(~を~する)ように、目的語と「提供する」「もつ」「設立する」といった動作動詞で表現する。目的の範囲は少しずつ拡大する
先ず、全員に大きめなふせんに課題の目的を自由に書かせ、発表させ、模造紙に張り、小さな目的から大きな目的になるように並べていく。途中でも書き足していく。参画者の意識を展開思考に誘導しながら目的展開図を作成する。「3人寄れば文殊の知恵」のように、参加者の意見をお互いに展開していく。
「目的展開の原則」において、目的を実行不可能なレベルまで展開し、目的を可能な限り高いレベルに引き上げることは、視野を広げるということにつながる。自由度の高い目的レベルの中にいると参画者は、常に独創的でいられる。視野を広げ、異なった視点で物事を見るので、アイデアが次々に生まれ、解決不可能と思われた問題に対しても、意外な妙案を生むことになります。
 参加し発言することで実行段階での推進力となるし、会社の目的が理解でき自分の仕事との関係が明確となり、目的思考で判断できるようになる。仕事の意味が理解出来るようになりとり組みやすく、自分で考えるようになります。
参考 超思考法 「パパ・ママ創造理論」 日比野省三(中京大学教授) 講談社
  ブレイクスルー思考のすすめ 日比野省三 日比野創 丸善ライブラリー

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

consalmasa

Author:consalmasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。