スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整理・整頓について

340 2015年7月26日
整理・整頓について
 整理とは要るものと要らないものとを区別し、要るものは、整頓する。要らないものは処分することです。
 製造現場や原料庫、資材庫には長期間使用されていないものが意外と多く存在します。毎日の慣れで気にはなっているもののそのまま見過ごしているのが現状といえます。同じところに長期間あると、しだいに麻痺してまわりが見えなくなり、不要なものがたくさんあったとしても気にならなくなるものです。
 要るか要らないかは、現場の作業者でも区別はつけられます。作業現場に不要なものがあると毎日の作業をするとき、そのものが邪魔になり作業がしづらいものです。しかし、現場の第一線で働いている作業者には処分の権限がないので、我慢して作業をしているのが実態です。
整理のポイント
①要るものと要らないものとを区別する。
②要るものは、整頓する。
③要らないものは、処分する。
④判断に困るときは、一定期間別の場所に保管する。
⑤一定期問使用しないときは、処分する。

 整頓とは「要るものの置く場所、置き方、置く量を決めて、識別をすること」をいいます。
 整頓は、定位置管理ができていて、必要なものがすぐとれ、戻しやすい状況にあることです。どこにどのように置くかが大事であり、そのための場所の確保、棚やボードの設置がなければ整頓はできません、しかし、整頓の定義が従業員に共有化できていないことが多く、単にかたづいている状況を整頓と勘違いしている工場がたいヘん多い。片付いているだけの状況では定位置管理が下十分なために。使ったときにもとに戻る保証がありません。
 次に整頓のポイントは、物品を置く場所を確保する、どこに置くかを決める、置き場所に名札をつけ、品名や数量を明示する、置き方、取り出し方を決める、管理担当者を決める----といったことです。
 整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌を実行するには、ルールを決めることが大切です。つまりマニュアルや手順書、約束事を定めることです。しつけは5つの項目の扇の要に位置し、決めたルールをきちんと守らせることであり、会社のルールを根付かせることです。立派に製本されたマニュアルを飾って置くのではなく、現場にとって必要な個所をすぐに見つけることができたり、全員が実行できることが重要です。ルールが守られていると、その企業の印象やイメージが格段に向上します。

  要るものと要らないものと区別し、要らないものを処分すること。
  職場の中にはもう何年も使っておらず要らないものや、年に数回しか使わないもの、ある季節しか使わないものなど不要なものが意外に多くあります。ところが、毎日同じところにいる人は、なかなかその不要なものに気が付きません。

 整理の手順
 1.社内調査(デジタルカメラで撮影)を行い、要らないものにシール
  を貼る
 2.要らないものを1ヶ所に集める
 3.しかるべき人が処分するかどうかを判断する。
 4.判断のつかないものは倉庫に維持保管をする。
 5.保存期間を決めてその期間を過ぎたら処分する

 整 頓
   整頓とは、定位置管理を行い、識別を行うことです。
   整頓は。まず整理が進行しないとできません。
   要るものの置く場所を決めて、名札をつける。
1.要るものだけを工場に残し、要るものの置く場所と置き方を決める。
   目常的によく使うものは近くに、そうでないものは離れたところに置く
2.名札をつくり、貼り付けます。棚の場合は、名札の指す物が上か下かの矢印も付けます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

consalmasa

Author:consalmasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。