スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シジミから農薬が検出 なぜ?

144 2007年6月3日
シジミから農薬が検出 なぜ?
  5月12日(土)に京都で開催された「第12回食の安全を考えるつどい」に参加しました。「食の安全を考えるつどい」は関東から関西の食品衛生監視員有志が世話人となり、衛生監視員のほか消費者団体、国の研究者等の人があつまり、食の安全について語り合う会です。ポジティブリストについての問題点が話し合われたので報告します。

 今年の大きなテーマは農薬のポジティブリストと翌日のノロウイルス対策でした。「食の安全・安心と残留農薬」のシンポジュームは、農薬ネットの西田立樹さん。東海農政局消費安全部、アイク株式会社、大阪弁護士会の方々がお話しされました。
 西田立樹さんから島根県でシジミを検査したところ、ある農薬が0.02~0.03ppm検出され、一律基準の0.01ppmを超えたため販売が中止されたことが報告されました。
 ポジティブリストでの残留農薬規制は、食品毎に従来基準が無かった農薬については一律基準値(0.01ppm以下)が適用され、今までの残留基準値があるものはほぼ同じ値、コーディクスの国際基準、外国の残留基準を参考にして決めるものは暫定基準値が適用されています。残留農薬基準値は、動物実験によって1生涯食べても毒性が出ない量(最大無作用量)をもとめ、それに安全係数通常1/100を掛けると許容1日摂取量(ADI:単位はmg/kg体重/日)を求めます。体重1キログラムにつき1日○○mgなら1生涯食べても食べても大丈夫と日本で安全性が評価されたもので、農薬を使用作物毎に基準値を定められています。
 ポジティブリストの問題として、島根県でシジミを検査したところ、ある農薬が0.02~0.03ppmされました。シジミには農薬は使用しませんので一律基準の0.01ppm以下が適用されます。汚染原因は、上流の田畑に使用した農薬が流失してシジミから検出されたものと推定されます。上流の同じ農薬を使っている作物は残留基準値が適用され、農薬や作物によっては100倍以上の2ppmの残留基準値が適用されているものもあります。常識的に考えて100倍の残留基準値を持つ野菜の安全性が評価されていますので、シジミの安全性は問題ありません。しかし、シジミは、一律基準値が適用されるため販売できません。このような問題については、5年後に見直すことになっているそうです。

 会場から、「行政はシジミの農薬検査をするべきでなかった」という意見がでました。もっともらしい意見です。収去(検査のために食品を無償で持っていくこと)する時このようなことを予想できていたら私なら収去しなかったかもしれませんが、食品の安全を守る食品衛生監視員としては、様々な問題を明らかにすることも必要だと思います。
私は、腸管性出血性大腸菌O157食中毒が多発した時、O157は牛の腸に生息すること、と畜場の検査報告書では、1~2%の割合でO157が検出されていることを知っていました。しかし、当時は食材からO157が検出されたのは、「おかかザラダ」だけでした。食中毒事件の場合、潜伏期間が長いため関係食材が少なく、食材由来でO157を検出されることは少ないのです。そのため一般には牛の内臓がO157に汚染されているリスクについて知らされていません。そこで、市販されている牛の内臓をたくさん検査すると見つけることが出来るのではないかと考えました。と畜場の検査資料では2%の検出率したから50検体収去したらO157が検出できるのではないかと検査したところ、2検体検出しマスコミに大きく取り上げられ、本庁はその対応に大変でした。牛もつが売れないという風評被害も発生しました。
 事件が1段落した後、本庁の担当者から、「何で牛のもつを検査したのか、O157が検出されることはわかっとろうもん」と非難めいた声が聞こえきました。食品衛生監視員は、牛のモツはリスクが高いことが常識であっても、データーが無く一般にはまったくことは知られていません。早く大勢の人に知らせることで腸管性出血性大腸菌O157食中毒を減らすことができると考えていましたので言われても動じることはありませんでした。

 今回のシジミの件は、安全性には問題がないとしても、ポジティブリストの問題点を明らかにしたわけです。ポジティブリストを採用するときもこんようなことは想定されてなかったのでしょうか。数値が出れば、そこで裁かれてしまいます。結構非科学的なことが横行しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

consalmasa

Author:consalmasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。