スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「食の安心」の最大のテーマは、食料の確保です

158 2007年12月16日
「食の安心」の最大のテーマは、食料の確保です
 先日、国境なき医師団(MSF)から寄付案内の手紙がきました。そこには、「食べるものがない。飲み水もない。ニジュールでは、今、この瞬間も栄養失調の子どもの命が失われています。」「木の葉を食べて飢えを凌ぐ。食料と呼べないものを摂ることで、重度の栄養失調に陥る悪循環」の見出しがありました。
 世界では、年間5百万人の5才未満児が栄養失調に関連して命を落している。国境なき医師団(MSF)は、このような死を減らすため、栄養価が高くそのまま食べられる栄養食品(RUF)のさらなる活用を呼びかけている。栄養失調の治療ではなく飢餓への対応に焦点を当てた現行の食料援助では、最も死の危険性が高い幼児のニーズに対応していないことを、MSFは警告する。
国境なき医師団(MSF) http://www.msf.or.jp/
栄養治療キャンペーン http://www.msf.or.jp/2007/10/15/5905/post_155.php

 パンフレットには現地で活動している3人の日本人女性の写真があります。私は1992年から毎年エイズ関連のボランティア活動で東南アジアにベビーキルトを持って出かけていました。JICA(国際協力機構)や海外青年協力隊で活動している活動家とも交流があり色々とお話しを聞いたことがありました。アフリカの飢餓の状況は詳しく知りませんが、パンフレットを見て想像はできます。直径2cmの円が書かれています。「この輪を通ってしまう程の腕の細さの子どもがいます」
 1998年マニラ太平洋エイズ国際会議の時、フィリピンの国立病院のドクターがABCキルトJAPANのブースに来て、このベビーキルトを赤ちゃんに直接贈って欲しいと私達をマニラの国立病院に案内してくれました。エイズを発症した赤ちゃんにやさしくベビーキルトを掛けてあげました。その赤ちゃんの足の細さを覚えています。このドクターはこの赤ちゃんにせめて美しいキルトを贈りたかったのです。多分数日の命なのでしょう。当時エイズのお薬はありませんでした。ドクターの気持ちが痛いように伝わりました。その赤ちゃんと同じ細さの腕の子どもがたくさんいる。それも食料不足による栄養失調でたくさんの命が失われているのです。

「崎陽軒」(横浜市)は28日、主力商品であるシューマイの製品表示が誤っていたとして、シューマイの販売自粛を決め、自主回収を始めた。崎陽軒によると、誤りがあったのは原材料表示。本来は原材料表示を材料の重量順に書かなくてはいけないものを順番を入れ替えて表示していたという。
崎陽軒がシウマイの原材料誤表示
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/071128/crm0711281513028-n1.htm

 私には昨今のマスコミ報道におびえて、先手を打って、自主的に発表し自主回収、廃棄処分としたとしか思えません。私が食品衛生監視員をしていた頃この程度の表示ミスはたくさんありました。製造者氏名の書き方や食品添加物表示が間違っていたりしていたケースです。例えば製造者氏名は、法人名か個人名で屋号はダメですが、個人営業で屋号を表示したり法人の(株)や(有)が落ちていたりすることです。ほとんど口頭指導です。それでも食品衛生法は食品衛生監視員の指導の機会が多く、表示ミスは少なくなっています。それに比べてJAS法は法律を定めるだけで指導が十分とは言えず、ある日突然微罪でも「違反だ」と大きく報道されしまいました。1罰百戒的事例が多すぎます。
 崎陽軒の今回のミスはJAS法の原材料表示の順番が違っていたことです。確かに違反です。交通法規に例えればスピード違反はリスクがあります。駐車違反は迷惑です。崎陽軒のミスは免許不携帯程度です。訂正シールを貼るとか、お詫びのチラシを同封すればすむのじゃないでしょうか。危害も健康リスクもありません。私には自主回収は必要ないと思います。逆に廃棄処分は資源を無駄にした罪だと思います。マスコミはじめ世間の風潮で仕方が無いのかもしれませんが、このようなミエミエの行動は怒りを覚え凄くいやな感じを持ち企業の傲慢さを見るような気がします。
 そろそろ、自主回収や廃棄処分のルールを作ることが必要ではないでしょうか、水や油だけが「もったいない」のでなく食料の方がもっと「もったいない」のではないでしょうか。回収や廃棄処分のルールに健康リスクの有無を入れることが大事です。ペナルティは謝罪だけで食物を廃棄する方法は含めないこと。それと、企業いじめに見える最近の報道は自重していただきたいものです。

「食の安心」の最大のテーマは、食料の確保だと考えます。賞味期限も根拠を持って可能なかぎり伸ばすことです。賞味期限の長い商品は優秀な商品です。それと使用方法を限定した期限表示もあっても良いのではないでしょうか。例えばローソンのおでんの消費期限切れが問題となっていましたが、「おでん種、十分に加熱すること」と表示し、期限を長めに付けることも考えて良いのではないのでしょうか。保存試験は指定の保存方法で保存しその状態で細菌検査や化学検査を行います。必ずしも喫食する状態(加熱した)ではありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

consalmasa

Author:consalmasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。