スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康づくりについて

172 2008年7月20日
健康づくりについて
 日本では年金とともに健康について関心が高く健康の情報が氾濫し、健康産業も発展しています。私は長く保健所に勤務していましたので健康づくりには興味がありました。定年後の人生を考え「健康生きがいづくりアドバイザー」の資格を取り、エイズ関係のNPOに入り、ベビーキルトを持って毎年のように東南アジアを中心に出かけて、疾病予防、食生活等について考えてきました。今回は私自身の健康づくりについて書いてみます。

健康づくりは先ず食生活です。我が家で参考としているのは、アジア食です。グループで東南アジアに出かけ、ゲストハウスや安いホテルに泊まり、HIV感染者のグループと会ったり、市場を見たり現地の人の案内で屋台、町の飲食店で食事し現地の食文化を味合うことができました。料理の味は料理人の腕と食材、調理されて食べるまでの時間により決まるのではないでしょうか。現地の人は美味しい店を知っています。それと食事の雰囲気です。現地の食材をその場で調理し多くの皿をワイワイ言いながら食べる。1回の食事で軽く30種類以上の食材を摂っていました。仮に良くないといわれる食材が混ざっていても、身体に良い食材がそれ以上含まれています。やはり栄養学の常識的な事が大事で、食事のバランスとたくさんの食材を食べることで、野菜を多く、肉類を少なめということになるでしょう。
テレビで放送されている飲食店探訪で盛んにレポーターが美味しいを連発していますが私は疑問を持っています。銘柄やブランド、価格でなく、自分の舌を信じる事が大事です。自給率39%の日本では食料の多くを輸入しており、現地で加工され冷凍で輸送されている食材が多いとはずですからそんなには美味しいはずはないと思っています。

 がん予防12カ条を参考にしています。 http://www.khf.or.jp//gan/yobou.html
この中に食品添加物や残留農薬、動物医薬品のリスクはありませんし、私は全く気にしていません。世間で危険視されているこれらの物質は、毒性試験が行なわれ、食品安全委員会や食品調査会で慎重に審査され、人体に影響の無いよう安全率を高く見て基準が定められ、保健所で市販品を抜き打ち検査して基準が守られるよう指導しています。一方、健康に良いと宣伝している健康食品はあまり信用していません。はっきり言って玉石混交の状態でしょう。私にはどれが玉か石かわかりません。学者が研究室の成果と言われてもきちんと安全審査が行なわれているのか、効果の検証が行なわれているのか疑問です。我が家では、牛乳を飲む量が少ないのでご飯に食品添加物の乳酸カルシュームを入れています。また、自家製の酢醤油にアスコルビン酸を入れて使用しています。

役所を退職して自宅で仕事をするようになり、運動不足から足が弱くなったので、昨年からスポーツジムに通いプールで歩いたり泳いだりしています。プールで歩きながら考えたのは、これからの人生をどのように構築しようかです。人生80年として後15年あります。希望は「死ぬまで健康」です。健康は自分で作るものだと決心しました。

健康には、フィジカル(体力的な意味)、メディカル(医学的な意味)、メンタル(精神的な意味)があり、WHOではスピリチュアル(意欲や意思、生きがいの意味)を入れることを提案しましたが、この言葉は日本の厚生労働省は受け入れ難く世界中の統一した言葉としては無理となり、結局定義の改正は審議保留となった経緯がありますが、私はスピリチュアル(生きがい)を健康の定義にいれて欲しかったと思います。そうすれば自殺予防の政策がすすんだのではないかと思うからです。

体力的といってもいまさら筋肉もりもりは無理な話しで、フィジカルとメディカルの予防的な体力を増強することです。スポーツジムで「ピラティス」というセミナーがあっていましたので参加しました。「ピラティス」は負傷兵のリハビリテーションのためのフィットネスプログラムとして開発され、呼吸法を活用しながら、主に体幹の深層筋(インナーマッスル)をゆるやかに鍛える運動です。
最初に、マットに仰向けに寝て足を伸ばして身体をチェックします。頭、肩甲骨、腰の左右のバランスを意識しながらチェックします。肩甲骨をマットに着けるとはりがあるのが自覚できました。年をとると姿勢が悪くなります。私は猫背になっていました。。次に胸式呼吸法と骨盤体操をしていきます。ピタティスは胸式呼吸法でゆっくり肺に空気をいれ、横隔膜を動かして肺活量を増やします。横隔膜を鍛えると各臓器に酸素の供給が良くなります。高齢者は、肺が弱って各臓器に酸素が回らなくなり様々な臓器疾患を起して亡くなるケースが多いのです。また腹横筋等の深層筋を鍛え、下腹の引き締めに効果があり、尿漏れを予防することができます。介護に頼らず自力で最後までコントロールすることが大事です。これからのクオリティライフを確保するには大事なことです。私はメタボで高血圧症でしたすが、血圧は改善されつつあり、腹回りも減ってきました。運動自体は軽いもので寝たままで可能ですから、寝たきりになっても健康を維持するための運動ができ臓器を元気にする効果がありそうで続けていこうと思います。

私が健康の中で一番重視するのはスピリチュアル(生きがい)なものです。私が生きがいを感じることができるのは、何かに役に立っているという感覚を持てている時です。その意味でこのマガジンは大切にしています。これからもネタを見つけて辛口で書きつづけていきたいとおもいます。スピリチュアルな健康は病気になっても持ちつづけられます。
文章を書く、人前でお話する。ネタ探しで旅行したり、本を読みできるだけ頭を使うように心がけています。これが認知症の予防になるのではないかと思っています。「病は気から」と言います。意欲、笑い、生きがいといったことが癌予防や様々な病気の予防に役立つと思います。
私は50歳を前に定年後の人生を模索し、準備してきたおかげでうまい具合に食品衛生コンサルタントという仕事を自営で行なうことができるようになりました。「死ぬまで健康」という目標は何となく消極的、悲観的なお話しですが、できるだけ介護のお世話にならないように体力をつけるよう努力を続け。PPK(ピンピンコロリ)を目ざしています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

consalmasa

Author:consalmasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。