スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎に龍馬を訪ねて

206 2009年12月20日
長崎に龍馬を訪ねて
以前、一緒に活動していたNPOのABCキルトの仲間と12月16,17日長崎を旅しました。平日でもあり、参加者は私以外シニア世代の女性達でした。旅のテーマは「長崎に龍馬を訪ねて」と長崎の歴史を感じる旅にしました。2010年の大河ドラマは「龍馬伝」です。物語の主人公・坂本龍馬を福山雅治さんが演じることになりました。そこで坂本龍馬の足跡を訪ねたり、シーボルト記念館、出島と江戸から幕末の歴史を感じることにしました。
 長崎の宿は長崎駅近くの「異邦館」です。異邦館の建つこの場所には、長崎に赴任していた勝海舟の宿舎がありました。部屋の窓から福済寺の長崎観音が拝む事ができます。この宿を選んだ理由は、駅に近く市内電車の利用で行動が楽なことと、「夜景鑑賞としっぽく料理のプラン」があったからです。
http://www.ihokan.com/ihokan/index2.html

 まず、「長崎さるく」という企画の「龍馬が見上げた長崎の空」に沿って歩きました。
http://www.saruku.info/coursemap/12.pdf
 タッチペンマップ片手にコースを自由に散策することができます。ペンの形をした機械で専用のマップにタッチ!すれば、スピーカーから音声案内が流れ出します。
 最初に長崎でも もう1件だけという 「小川凧(はた)店」に立ち寄りました。長崎では凧のことを「はた」といいます。当店は、作業場と展示場がいっしょになったハタ資料館で「長崎ハタ」をはじめ世界の珍しい凧やハタ作りの古い道具、資料等が展示されています。ハタ造りの実演やハタ揚げも楽しめます。店主の小川さんは後継者がいない。育てようとしても10万以下では若者は来ません。きつくても修行と思って我慢すれば、後は競争相手がいないだけにそこそこやれるはずなのです。不安定な先の見えない派遣より良いのです。
 風頭公園展望台、坂本龍馬之像、若宮稲荷神社、龍馬のぶーつ像、亀山社中跡・亀山社中記念館、龍馬通りなど、龍馬ゆかりの地をタッチペンがご案内します。細い龍馬通りを下って行くのも素晴らしい企画だと思います。写真を私のBLOG「食品衛生を考える」にあげています。
http://food.blog.so-net.ne.jp/
 
 異邦館の夜景鑑賞は、タクシーで日本三大夜景に数えられている稲佐山に行きました。運転手の田淵豊さん(ACEグループタクシー TEL095-822-2424)は、長崎歴史文化観光検定2級を取得し、博識で説明がうまくて、夜景のすばらしとともに素晴らしい時間を持つことができました。
 翌日は定期観光バスの予定でしたが、宿のマスターのアドバイスで田淵豊さんに御願いし、今まで行ったことのない隠れた名所を案内してもらう事にしました。
 諏訪神社 長崎くんちが有名です。また、変わり狛犬がいっぱいで「願掛け狛犬」台座が回転するようになり、願い事の方向に狛犬を廻してお参りします。他には「狛犬の井戸」や「止め事成就狛犬」もあり、田淵豊さんの説明でわかりました。普通では見落としています。
 シーボルト記念館
 1823年、シーボルトは、出島のオランダ商館医として、長崎に派遣されました。
日本に滞在中には、日本の調査・研究を行い、その成果をヨーロッパに紹介しました。
その中には、長崎の自然・地理・歴史・風俗・美術工芸も含まれていました。シーボルトは、日本に近代西洋医学を伝え、日本の近代化やヨーロッパでの日本文化の紹介に貢献しました。ヨーロッパ人でありながら、日本の文化などをこよなく愛した人物であったといえます。
 出島
 出島(でじま)は、1634年江戸幕府の鎖国政策の一環として長崎に築造された人工島。扇型になっており面積は3969坪(約1.5ヘクタール)。1641年から1859年まで対オランダ貿易が行われた。「出島和蘭商館跡」として国の史跡に指定されている。

 このような場所は見るだけじゃなく、詳しい説明があるともっと楽しむ事ができます。シニアの旅行は知的好奇心を掻き立てる旅にしたいものです。

「異邦館」のしっぽく料理も大変美味しく、夜景としっぽく料理がついて12,600円はお得です。
写真 http://food.blog.so-net.ne.jp/
 今回の旅で感じたことは、平日のせいもありますが、どこも暇でした。不景気風が吹き荒れていました。デフレだ、エコだ、節約だと国民全体が萎縮しています。確かにボーナスがでなかったり、職を失った人は大変でしょうが、せめて少しでも余裕のあるシニア世代は遠慮せずに遊んでお金を使いましょう。家族や友人と旅をしましょう。お金という血液を廻さないと日本は立ち直りません。

 参考までに、田淵さんがお勧めする長崎名物を紹介します。
・長崎ちゃんぽん 中島川沿いめがね橋近くの慶華園 中華街入口の会楽園
・カステラは眼鏡橋すぐ側の「匠寛堂」(しょうかんどう) 宮内庁ご用達
・ロシア料理 ロシア船は新潟県に次いで多く入港しており、ロシア料理も
  レストランハルビン 長崎市万屋町アーケード街コヒー屋の2階
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

consalmasa

Author:consalmasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。