スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛からの脱出にむけて

251 2011年11月6日
腰痛からの脱出にむけて
 私は20年以上腰の痛みに耐えてきました。スポーツジムに通い始めて4年、良くなる兆候を示し始めました。多くの人が慢性の腰痛を抱えています。腰痛の原因は各人各様色々あるので、私の例が役にたつとは限りませんが、参考になるかもしれませんので書いてみます。日常的な痛みは無くなり時々軽い痛みが来る程度です。
 現役の時は駅まで20分は歩いてJRで1時間半かけて通勤していました。弁当と本等を肩掛けかばんに詰めて、クロスでなく垂直に主として右肩にかけていましたので、右肩が下がり姿勢が悪くなり、背骨が曲がりそれが腰を痛めた原因じゃないかと考えています。気がついてリックに変えてみましたがすでに遅しです。整形外科に行きレントゲンを撮ったら背骨が少しずれていますと言われましたが特に治療は行われませんでした。整骨医でマッサージして牽引もしました。カイロプラティクで診てもらったら、扁平足で足が内側に倒れ腰を痛めたといわれ、靴の中敷を作って貰いました。少しは軽くはなりましたが、どれも続かなかったせいで完治せず慢性化してあきらめていました。
 2007年安全ネットワークの中国の大連・青島方面の海外研修に参加しました。安全ネットワークの役員さんはホテルで朝、ワーキングしたり、プールで泳いだりと大変元気で健康に注意していました。朝、ホテルひと泳ぎとはかっこいいですね。
 研修の最後に旅順港を見渡せる203高地に行きました。日露戦争の激戦地で、ロシアの旅順艦隊を攻撃するため、旅順港を見渡せる203高地を攻撃し多大の犠牲者を出したところです。名前のように標高203mの高台に登るのに私は大変難儀しました。
 この時、体力不足というか体力の衰えを痛切に感じ、パソコンの前に座る生活で足が衰え、腰痛のためうまく歩けないのでプールで歩いてみようとスポーツジムに通うことにしました。プールでは水中ウォーキング、アクアビックス、水泳教室と様々なレッスンがあります。昔は泳げたはずですが泳げなくなっていました。そこで水泳教室に入りました。クロールと平泳ぎは泳げるようになり、旅行の際、プールのあるホテルでは朝泳いでいます。
 3階のスタジオでも様々なレッスンがあっています。エアロビックスやステップはとてもついていけそうにもありませんが、内容紹介でピラティスが何か腰によさそうでしたので参加しました。担当インストラクターの平木さんは、大変研究熱心で解剖学的を学んでいて、基礎的なエクササイズを丁寧に教えてくれます。最初にピラティスの胸式呼吸法とインナーマッスルのお話があり、理論的なお話であまり強いエクササイズでなかったのと、年とともに衰えてくる箇所を効果的に鍛えて呉れると確信したのでずっと続けており、その後、ヨーガ、カキラのレッスンも始まりレッスンを続けています。
 呼吸とインナーマッスルで背骨に繋がっている肋骨を動かすことで脊柱管を広げ脊椎に通っているリンパや血流を強め、背骨を鍛えるエクササイズで姿勢は改善してきました。しかし、軽くはなりましたが相変わらず腰痛は続いていました。
 私の状態を平木さんに話したら、腰の筋肉の大腰筋、大殿筋、中殿筋、腸腰筋が弱いのでこの辺りの筋肉を鍛える簡単なエクササイズをレッスンの中に取り入れてくれました。
 時計の中心に真っ直ぐ立つイメージで、右足を正面12時の位置の位置に上げます。私は足がふらつくので壁に手を置いています。お腹を締めて引っ張り上げる感覚で5秒以上保持します。次に1時、2時、真横の3時、4時、5時、真後の6時まで進み、今度は逆周りで6時から12時に戻ります。次に左足の12時、11時と続けます。このエクササイズを朝晩2回、それにスクワット加えて毎日続けていますが、直ぐに効果が出て、時々は痛みますが、腰の痛みがなくなりました。
また、前かがみで歩いていたのを、腹を締めて背骨を伸ばし、足が腰から起動する意識で足を上げて歩くように心がけています。今まで腰をかばい、腰が引けた歩き方で腰の筋肉を使わず足を前に出すだけで腰の筋肉や足首が弱り、立つとバランスが取れず片足立ちはもちろん立ったまま靴も履けませんでした。やっと原因と結果が理解できるようになり、鍛えるべき箇所とエクササイズがわかり腰痛から脱出する手法が見つかったようです。スポーツジムに行かなければ後数年で車椅子生活になっていたかもしれません。血圧も正常に定期的に痛くなる肩痛も出なくなりました。
テレビで健康食品のCMがたくさん流れています。高齢者もたくさん購入しているようです。安くはありません。しかし、健康は自分で悪くなりそうな箇所を見つけ、適切な運動で改善していく方が効果的です。加齢とともに弱ってくる筋力は鍛えていくしかありません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

consalmasa

Author:consalmasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。