スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手洗いしながら体調管理

 247 2011年9月4日
手洗いしながら体調管理
 残暑が続く9月は例年、食中毒が発生します。ファミリーレストランガストで細菌性赤痢による食中毒が発生しました。野菜の浅漬けが原因だった可能性があるとしている。
 仕入れ食材の野菜の浅漬けが原因だとすると、赤痢菌はお腹の中で増殖しますので、浅漬け製造業者の従事者の手洗い不足の可能性があります。
 衛生管理の基本は手洗いです。この手洗いを少し違った角度から見て見ましょう。手洗いマニュアルには洗剤をつけて30秒、流水洗い20秒となっていますがこの時間なかなか守れません。
 私が習っているヨガの先生から手洗いを行いながら、体調を整えることができる方法を教わりました。手洗いに少し時間がかかりますが、丁寧に洗うことができます。
 アジアの伝統的な医学では、手や足といった身体の部分は、単に身体の一部でなくてそこに全体があるという発想です。手や足には、身体全体に影響する鍼灸や指圧のツボがあります。手は全体の縮図です。だから手を刺激すれば全身が活性化します。
 しっかり丁寧に手洗いして、体調を整えることが出来る方法です。ぜひ試してください。
 手洗いの手順です。この手順に手法を入れていきます。
1 流水で洗浄する部分をぬらす
2、薬用石けんまたは消毒液などを手のひらにとる。
3 手のひらを洗う
4 手のひらで手の甲を包むように洗う。反対も同様に
5 指の間もよく洗う
6 指先までよく洗う
7 親指の周囲をよく洗う
8 指先、爪も良く洗う
9 手首も洗う
10 流水で洗い流す。
11 ペーパータオル等で拭く

 3の「手のひらを洗う」に、マッサージするように両手を合わせて丁寧にこすり合わせます。次に左の手の平を右手の親指でまんべんなく強く押しつけます。手の平には内臓のツボが多くあります。痛いところはツボですから、もんだりこすったり押さえたりすればよいわけです。右の手も行います。
 5の「指の間もよく洗う」では、両手の指を組んで前後に動かし指の間をマッサージしながら良く洗います。
 6の「指先までよく洗う」では、右手で左手の指先の爪の横を強く挟みぐりぐりと指の骨を動かし、指の根元まで少しづつ動かして圧迫していき、ポンとその指を引っ張ります。特に中指が重要です。指と指の間の水かきの部分は多くのツボがあります。
 4の「手のひらで手の甲を包むように洗う」は、右の手の平を左手の甲にを重ねるようにして指の間を爪先から指の付け根の骨に沿って手首の方向に強くマッサージします。指先のリンパを流します。
 7「親指の周囲をよく洗う」は、親指を握りぐりぐりと回転させながら親指の根元を洗いながらマッサージします。
 9 「手首も洗う」は手首を握って握られた手を回転させて洗いながらマッサージします。
10 流水で洗い流す。
11 ペーパータオル等で拭く
 最後に手の平を上に向け、各指を手首ごとに反らせる。特に左手の中指は背骨との関係があり、この指曲げは立てて、中指を強く反らせれように曲げます。
 きちんと行えば5分以上かかりますので、フルに毎朝は無理でしょうが、手洗いしながら指にある多くのツボを刺激することで新陳代謝を高めることが出来ます。それと同時に、血行をよくすることが出来るため冷え症の改善に繋がるとされています。血行が良くなるため体内の不要な物質を効率よく体外に排出できるため、ニキビなどが出来にくくなります。
 義務的に手洗いを行うより、せっかく手洗いを行うのですから同時に身体に良いことをする楽しみがあります。手洗いだけだとチャチャと手早くすませていまいがちです。手のマッサージだけですとなかなか続きません。義務的な手洗いとマッサージを組み合わせることで両方が行いやすくなります。これで、冷え性や肩こり、頭痛、疲れ目が改善されたら儲け物です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

consalmasa

Author:consalmasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。