スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ拭き取り検査が必要か

348  2015年11月15日
なぜ拭き取り検査が必要か
 食中毒の主な病原物質は、細菌とウイルスです。どちらも小さくて見えません。見た目の清潔さと微生物的衛生とは違います。ふきんやまな板、手指を細菌検査することにより、清掃や消毒の大切さを理解して貰うためにも効果があります。
 食品の製造、調理工程でどこを管理するか、どこに危害があるか、衛生的になっているかを検証するためにふきとり検査を行います。その結果を現場にフィドバックすることにより、危害防止と品質向上に役立てることができます。

検査対象
 ふきとり検査は、あらゆる食品ならびにそれらを取り扱う器具や機材、従事者の手指などが検査対象となります。ふきとり検査は培地を直接検体にスタンプする方法と滅菌水でぬらした綿棒で検体をふきとり、滅菌水に溶解して検査する方法があります。
 従事者の手指のふきとり検査は、手洗いがきちんとできているかを確認する意味です。正しい方法でしっかり手洗いをしてないと大腸菌群数を検出します。むしろ、乾いた状態の手指より、濡らすことによって指紋から菌が浮き出し検出率が高くなります。
 手洗い後のふき取り検査で大腸菌群数とブドウ球菌を検査し、結果をデジカメで写真に撮って視覚に訴えると効果的です。抜き打ちでないため従事者も納得し、手洗いをしっかりするようになります。
 気を付けなくてはならないのはブドウ球菌です。まれに、黄色ブドウ球菌が皮膚に常在しなかなか取れないことがありますが、この場合は、医療機関を訪ねてきちんと治療しなければなりません。黄色ブドウ球菌は食中毒の原因となるのは、今さら申し上げることもないでしょう。
 ふき取り検査は、危害を見つけるための検査です。手指の検査や器具から大腸菌群やブドウ球菌が見つかったとしたら、「しめた! 喜べ。危害も芽が見つかった。これで危害を防ぐことに一歩近づいた」と考えましょう。そして、ぜひ皆さんでその危害を予防するように励んでください。

都道府県政令市が定める管理運営基準には。「定期的に製品検査やふき取り検査等を実施し、施設の衛生状態を確認すること」とあります。

食品衛生衛生検査指針 微生物編2004にふき取り検査に使用される方法が掲載されていますが、私が使っている サニ太くん(チッソ)で調理場でふき取り検査を行ってみました。
1.現場には滅菌綿棒と20ccの生理食塩水を持っていき10ccづつ分注します。あるいは ふきふきチェックⅡ(栄研器材(株))を使います。
2.綿棒でふき取ります。ツメや指の間、蛇口など凹凸面のふきとりに便利す。ふき取った綿棒を元の袋に戻し、チャックして持ち帰ります。
3.定温器で培養する。シート状で薄いので小さな定温器で良い。培養後コロニーをカウントするが、発色が良いので見やすく、スキャナーで取り込み画像として簡単に保存できるし、結果がビジュアルに見えるので現場に理解されやすい。
スポンサーサイト

衛生管理に肝心なのは食品微生物的知識

347  2015年11月1日
衛生管理に肝心なのは食品微生物的知識
 これからの食品衛生を考えるに当たり、あらためて微生物学的知識の必要性が見直されています。FAO/WHOのCodex委員会が示している食品衛生の一般原則でも、微生物や化学検査で検証し作業手順を工夫して改善することが奨励されています。食品衛生の目的や意味を考えれば、おのずと食品微生物的知識が必要だということが分かるでしょう。
 微生物は、個体が微小で肉眼では見えませんので、細菌検査をします。微生物は、環境中、食品中、人間の体内などあらゆるところに存在しています。また、微生物は人間と同じように栄養を摂り込み、増殖する生き物です。その生き物は、食品の腐敗や、変敗、食中毒も起こし、人間に危害を加えることがあるのです。
 細菌は発育増殖に必要な要因がそろった場合、2分裂によって増殖を繰り返します。細菌の菌数は分裂回数とともに、1→2→4→8→16→32→64…のように増えていきます。1個の細菌が分裂を7回繰り返すと128個になります。
 加熱調理後の食品は、微生物の数はゼロの状態まで殺菌されています。その後の容器に移す行為や冷やす行為で、細菌に汚染され増殖します。調理加工や盛り付け後の初期の状態の一般細菌数(初発菌数)が1000/g程度になりますと、同じ条件で同じ時間分裂を7回繰り返すと12万8000個となり、弁当、総菜の指導基準である一般細菌数の10万/gを越えてしまい、その後急速に腐敗に進みます。
 こうしてみると、初発菌量がその後の食品の品質に大きく影響することが分かります。初発菌量を抑えるためには、特に加熱調理後の食品に接触する器具の洗浄消毒、放冷中の空気環境、加工による手指からの汚染を注意する必要があります。
 食品中の微生物は、水分活性、水素イオン濃度pH、食品成分、保存温度、相対湿度、環境のガスの条件によってその発育が左右されます。その要因の中で最も大きく影響するのは保存温度です。菌の発育に最適の温度は35~37℃で、このときは増殖速度が極めて速く、世代時間(1個の細菌が細胞分裂して2個になるまでの時間)は腸炎ビブリオで10分程度、大腸菌では約20分前後、ブドウ球菌では30分前後です。
 発育条件に影響する保存温度を低くするか、60℃以上の保持すれば、世代時間は長くなり菌の増殖は遅くなり、食品の消費期限を延ばすことができ、食中毒菌の増殖が防止できます。特に菌が繁殖しやすい20℃から50℃の温度帯に長く置かないことが重要です。

1)見た目の綺麗さと微生物学的な衛生度合いは違う
  清掃して綺麗に見えても、微生物に汚染されて食中毒菌やウイルスが付いている場合があります。十分加熱された食品を熱いうちに喫食する場合は見た目が少々不潔であっても、熱に分解されにくいブドウ球菌の毒素などは例外として、微生物的リスクは少なくなっています。

(2)微生物は肉眼では見えません
  ふき取り検査や製品の細菌検査をしないとわかりません。微生物は、環境中、食品中、人間の体内などあらゆるところに存在しています。また、微生物は人間と同じように栄養を摂り込み、増殖する生き物です。その生き物は、食品の腐敗や、変敗、食中毒も起こし、人間に危害を加えることがあるのです。

(3)細菌についての基本知識
 細菌が増殖するには、温度、水分、栄養の3要素が必要です。増殖を抑え
 るためには、温度と時間の管理が重要です。
 ・一般に細菌は 30℃~40℃で急速に増殖する   ・・・常温放置しない
 ・0℃以下、60℃以上ではほとんど増殖しません ・・・・冷蔵、冷凍保存
 ・食品を加熱することでほとんどの細菌は殺菌できる・・中心温度

プロフィール

consalmasa

Author:consalmasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。