スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HPを引越して、ブログを作成しました。

330  2015年2月15日
HPを引越して、ブログを作成しました。
メールマガジン「食中毒2001」は330号を迎えます。長らく使っていたOCNのサーバーが2月末で廃止となり、引越し先を探していましたが、やっとFC2に決めました。引越し作業を行っています。FC2にはブログ部門もあり、食中毒2001の記事の部分だけをスマホでも読み易いように「食中毒を防ぐ知恵」という題でブログに編集しています。編集作業で記事を読んでいると、今でも皆様に読んで貰いたい記事もあり、過去の記事を探し易いようにしたいと試みています。
 今のホームページの記事のままでは、スマートフォンでは字が小さくなり読みにくく なっていましたが、字を大きくし、スタートページに目次が並ぶようにし、必要なページを見つけ易くしています。関係者のスマホに以下のURLをブックマークしていただきたいとおもいます。

ブログ
http://shokuchuudoku.blog.fc2.com/

 パソコンでブログを開き右列のカテゴリをクリックされると、関連記事がずらっと出て探し易くなっています。
未分類 (0)  政治・経済 (23)  健康 (20)  食品衛生 (53)  旅行 (28)
食中毒 (26)  その他 (3)

ホームページでは、少しデザインを変えて、項目別に表示できて過去の記事を探しやすくしています。


「食中毒を防ぐ知恵」ホームページ
http://shokuchuudoku.web.fc2.com/

 私はパソコン通信の時代から通信料を気にしながら参加していました。初代のWindows が発売されて直ぐ位に苦労しながらNPOのホームページを立ち上げました。携帯は好きでなく役所勤めの時は携帯を拒否し、退職してからやっと購入しました。
 昨年5月にパソコンのネット接続を光からWi-Fiに変更しました。その頃ネットで調べていたらスマートフォンのFreetelを見つけ、安かったので購入しました。
 携帯では、電話とアラーム、スケジュール、音楽、為替の動き位しか使っていませんでしたが、スマートフォンでは色々なことが出来るのを体験しました。Freetelは4.5インチと小さく、メモリーも小さく制限があり、ゲーム向きではありません。何でも出来るわけではありませんが、それでも制限内でも結構使えます。他の通信メーカに無いSIMフリーという優れた特徴があり、海外業者のSIMカードが使え、安くネットにつながり、050plusを入れておけば、海外から日本、日本から私のスマホの電話は国内と同じ料金になります。
 インターネットするには、私のスマートフォンは画面が小さく、検索するのに文字入力がし難いという欠点があります。Evernotoというアプリがあります。このアプリをパソコンとスマートフォンに入れておくと同期して、スマートフォンでも同じデーターになり、海外旅行するとき威力を発揮します。Evernotoはメモ帳みたいな機能があり、パソコンで集めた情報をどんどんEvernotoに貼り付け、同時に情報源のURLやホテルやレストランの電話番号も入れて置き、スマートフォンのEvernotoと同期させると、Evernotoから必要な情報が得られ、URLでネットに繋がったり、ホテルやレストランの電話にも繋がります。そのためにはスマホが通信可能な状態が必要で現地の通信会社のSIMを使うメリットがあるのです。
freetel Priori http://ameblo.jp/freetel/
スポンサーサイト

海外旅行計画を立てるに当たって

329 2015年2月1日
海外旅行計画を立てるに当たって
 2月20日からバリ島を旅行します。バリ島は1昨年に行っていて、主な観光地は回っておりますし、今回は夫婦2人だけですので、ゆっくりと癒しの旅にしようと計画しています。計画に際して、思いついたことを書いてみます。
海外旅行は現地通貨との交換が必要です。1円=106.6ルピーです。インドネシアルピーを100で割ると価格の目安がつきます。このように現地通貨が多くなると、錯覚して間違い易くなります。両替の時にお札の数を誤魔かされたり、交換レートが悪かったりします。また、表示がルピーであったり米ドルであったりします。相手に換算させるとレートを誤魔化されることあり、表示されている通貨かカードで支払うべきです。米ドルも持っていきます。
クレジットカードは持っていますが、外国で使用するには不安があり、今までは、両替商で両替していました。田舎に行くと土日は銀行が休みで両替商もなく、困ったこともありましたし、現地通貨が余ったこともありました。今回はプリベートカードの「Viza Travel Money」を作りました。予めカードに円を入れておくと、その金額だけ使うことができ、現地のATMで現地通貨が引き出せ、カードでも支払う事ができて、自分のスマホで使用料が確認でき、カードを無くしても直ぐにストップが掛けられますので安心です。東南アジアでもATMは普及していて、レートも良く、早く正確に両替できます。また、最後に残りの現金とカードを混ぜて使用すれば、現地通貨を使い切ることも容易です。
私のスマホはFreetelという1万以下の格安スマホです。メモリは少なく、多くの事はできませんが、日本のキャリア(docomo、ソフトバンクなど)の携帯にはできないことができます。日本のスマホ、携帯はSiMロックのため現地の安いSIMカードが使えません。FreetelはSIMフリーで、空港に売っている現地のプリベイトSIMを入れておけば、安くインターネットにつながりますので、旅先で保管している情報を取り出すことができます。
 旅の楽しみは計画にあり。個人旅行では、航空券、ホテルの予約、観光地、レストラン情報収集と計画を立てていきます。めんどくさそうですが、暇なシニアにとってこれが楽しみになるのです。2、3ヶ月前から時間をかけて調べます。調べて内容をパソコンに記録していきます。それを精査して後で見易いようにまとめて、Evernoteというアプリに貼り付けます。Evernoteはその情報をクラウドに保存していきます。スマホやタブレットにもEvernoteを入れておけば、スマホやタブレットからでも見ることが出来ますので、旅先で保管している情報を取り出すことができます。
個人で外国旅行する時の難点は、言葉の問題です。私の英語は中学生以下です。しかし、日本語は出来ますので、身振りと単語を混ぜれば細かいことはできませんが、用事をたすことができます。英語が出来ても外国で買い物が出来ない人はたくさんいます。こちらは客ですので相手はわかろうとしますので用はたせます。
価格交渉は電卓を使います。
想定される会話は印刷しておきます。例えばSIMカード購入の時は
シムカードをください
Can I have pre-paid SIM card for freetel
Phone call and SMS, capacity is 500MG~1G
The sixth day in period use
Feetel is Android 4.1.2 
このSIMカードでテザリングはできますか?
『Can I use internet tethsering by using this SIM card?』
お店の人に「 Charge もしくは pulsa 」 と言えば入れてくれます。
プルサは Rp50,000(約500円)
ネットが使えるようになると、高額なパケット料も心配せずに通訳ソフトも電話ソフトも使えます。

バリ島で訪問先はウブドとサヌールです。市場、街歩き(自転車で)、美術館、バリ舞踊、海遊び、水泳、ヨガ、SPA、食べ歩きと、ネットで情報を集めています。
ホテルは町に近い中級ホテルの方が外出しやすく、WIFIも完備しているところが多いようです。豪華な大型ホテルは中に多様な施設を抱え込んで、ホテル内にお金を落とさせようとしています。
参考
http://bali.navi.com/ バリ島ナビ
http://d.hatena.ne.jp/balitravel/20140303/1393808937 ウブド便り
http://www.balitouryokou.com/aboutbali/traffic.html バリ島旅行com
http://www.suka2-bali.com/ スカスカバリ
現地在住の人のブログが非常に参考となります。バリ島は人気のある観光地でブログも沢山あります。「バリ島BLG」で検索をかけると出てきます。
「バリ島 - 海外リゾート - 人気ブログランキング」にたくさんあります。
http://blog.with2.net/rank2910-0.html
http://ibuubuko.blog.fc2.com/ 

スリランカの大統領選挙

328 2015年1月18日
スリランカの大統領選挙
 昨年秋にスリランカを旅行しました。沿道のあちこちに大きな顔写真の看板がありました。現地ガイドのパーリタさんのよると年明けに大統領選挙があり、そのためだそうです。しかし、対立候補のポスターはまったくありませんでした。未だ、選挙期間中でないため張ることができないそうです。ラジャパクサ大統領(当時)の看板は表向きは、選挙用ではないそうです。それにしても沢山な看板です。
旅行の最終日、パーリタさんは、皆さんも是非この選挙に注目しておいてください。今後、スリランカが中国寄りになるか、日本、アメリカ寄りになくかの分岐点になる予感がしています。前ラジャパクサ大統領の中国と癒着した金権政治に対する不満が溜まっています。昨年、安部首相がスリランカを訪問したのもその当たりの狙いがあったのかもしれません。
日本にとってスリランカは海洋交通の要所で、ここに中国が大きく進出してくると、将来大変なります。日本のマスコミはこのような重要なことを詳しく報道しません。

中国に[NO]を突きつけたスリランカ大統領選挙
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
 2015年1月8日に投・開票が行われたスリランカの大統領選挙、番狂わせが起きた。
 現職ラジャパクサ大統領の親中路線に反対してきた新人シリセナ候補が野党連合の統一キャンペーンに成功し、51%vs47%で当選したのだ。
 これは親中路線をつきすすんできたスリランカの外交方針を根底から揺るがす国際政治上の大事件。つまり中国に対して[NO]を突きつけたのが、スリランカ大統領選挙の結果なのである。

選挙結果に慌てたのは中国である
勝因はラジャパクサ大統領とその一族の利権掌握、とりわけ外国支援をうけてのインフラ整備事業、港湾整備などで利権が一族の懐を肥やし、スリランカは孫の代になっても借金を払えない状態に陥没したことへの不満の爆発である。

つまり中国がインド洋から南シナ海にかけて展開している「真珠の首飾り」戦略の一環としてスリランカのパパンドタ港が中国軍の基地化しており、なかんづく、9月の習近平訪問の際に中国海軍の潜水艦がスリランカに寄港するなど、そのラジャパクサ一族のあまりの中国寄り外交とただれた利権関係を批判したことだった。

また若者とインテリが同氏を支持したことも特筆しておくべきで、インドは外交戦略上、シリセナ候補を間接的に支持するのは当然としても旧宗主国の英国がメディアを動員して、ラジャパクサ一族の腐敗を暴き、シリセナ候補を間接的に支援したことがおおきい。

中でも、外国支援を受けた道路建設事業などで、借入金の大半が一部の人間の懐に入り、スリランカは国民の孫の世代になっても借金を返済し切れず、土地は担 保として外国人の手に渡るとしていた。名指しこそしていないが、「真珠の首飾り戦略」を通じ、スリランカなどインド洋周辺諸国の港湾整備を支援している中国を念頭に、援助の在り方を非難した形だ。

ラジャパクサ氏は、港や道路などのインフラ整備で中国を重視し、関係強化を進めてきましたが、シリセナ氏は、インドや日本などともバランスの取れた外交を進める考えを示しています。
こ のため、インドは、中国のインド洋への進出を警戒する立場からシリセナ氏の就任を歓迎しているとみられ、モディ首相は9日、シリセナ氏に書簡を送り、「両 国関係を新たなレベルに引き上げ、この地域にとって有益となるよう協力したい」と伝え、関係強化に乗り出す意欲を示しました。
一方、中国は、習近平国家主席が、シリセナ氏に祝電を送り、「両国の戦略的パートナーシップが絶えず新しい段階に進むことを望んでいる」と述べましたが、シリセナ氏が、スリランカの対中姿勢を大きく転換させないか注視しているものとみられます。

 親日家のパーリタさんは、前ラジャパクサ大統領の金権政治と中国との関
係を危惧しており、大統領は変わるのではないかと予想していました。それ
だけ不満が溜まっていたのでしょう。

豚の生レバーが禁止について

327 2015年1月4日
豚の生レバーが禁止について
 現役時代、牛レバーの指導で飲食店を調査したとき、飲食店は他の店が出しているから、客が求めるからと言っていました。牛の生レバーについてのリスクに対する知識はありませんでした。牛レバーが原因でO157食中毒を起こし、死亡させると大変な金額が請求されますよ、牛レバーを提供してどれだけ利益が出るの? そんな危ない事をしたら人生を棒に振るよと説明すると驚いていました。知らないと恐ろしいのです。牛の生レバーを禁止されると、今度は豚や鶏の生レバーを提供しはじめて、E型肝炎が増えてきています。
 豚レバーや豚の生食禁止の動きに対して、ネットでは「食文化の破壊はヤメロ!」「自己責任だ」といった投書が増えてきているそうです。日本では豚は十分熱を加えて食べないと危険だというのが定説で、豚肉は生食は伝統的な食文化ではありません。豚肉には寄生虫やその他の疾病にかかっていることが多いのです。豚と豚の飼育環境と背の高さから口周りが地面に近く、寄生虫や病原菌、ウイルスに汚染され易いと考えられていたからでしょう。当時、豚の生食を提供している飲食店はありませんでした。また、重大な病気に罹ったり、亡くなったら絶対に自己責任とは言いません。

牛レバ刺し提供ダメなら豚で代用…E型肝炎の患者倍増産経新聞 12月26日(金)7時55分配信
E型肝炎患者報告数(写真:産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/141226/lif1412260011-n1.html
牛レバ刺しの飲食店での提供を禁止した平成24年を境に、E型肝炎患者が倍増していることが25日、国立感染症研究所の感染症発生動向調査で分かった。 牛の代わりに豚の生レバーなどを提供する飲食店が増えたことが原因で、豚の生食によるE型肝炎の感染拡大が裏付けられた。
 調査によると、E型肝炎患者数は、17~23年まで年間約40~70人で推移。しかし、牛レバ刺しの提供を禁じた24年には121人、今年(10日現 在)は131人と3年連続で100人を超えた。今年の患者のうち少なくとも10人は豚が原因と判明している。同研究所ウイルス第2部の石井孝司室長は「患者が増加傾向にあるのは豚を生で食べる機会が増えたことが一因と考えられる。豚の肉やレバーはしっかり火を通してほしい」と話している。
増えた原因は、12年7月からの牛レバーの提供禁止だ。飲食店の中には牛レバーの代替をさがし、「豚生レバーは規制されていない」という理由で使い始め、生レバーが食べたい人が通うようになった。厚労省は店に対し豚の生レバーを出さないように注意をしてきた。厚労省の担当者は、「レバ刺し」というのは牛の生の肝臓をさすものであり、豚の生レバーに関しては加熱して食べるのが常識で、 そもそも生で食べられるものではないし、そんな食べられないものまでいちいち規制するということはないと考えてきました。」と説明した。
特にリスクが高い動物は豚やシカ、イノシシなど。実際に動物がウイルスを持っているかどうかの調査も行われており、食品安全委員会の資料によると、養豚場 で飼育されている6カ月齢の豚の約9割がE型肝炎ウイルスの抗体を持っていた。つまり、ほとんどの豚にE型肝炎の感染歴があったということだ。また、野生のイノシシやシカからも抗体が検出されている。

豚肉には、SPF豚肉というのがあります。オーエスキー病、寄生虫病等養豚家の大損害につながる5つの疾病をなくし,生産性を高めようという発想から,先進国のアメリカ、スイスをお手本として特定病原菌不在豚(Specific Pathogen Free)=SPF豚の研究飼育が始まったのです。
 豚にとって大敵の5つの病気としては,流行性肺炎、伝染性萎縮性鼻炎、オーエスキー病、トキソプラズマ病、寄生虫病等の人間にも深く 関わりのある病気があるのです。日本では,一般的に「無菌豚」と呼ぱれることがありますが,正確には“特定の病気(上記5つの疾病)にかかっていない豚” が正しいのです。
SPF豚の生産方法は、妊娠した母豚から帝王切開で摘出した子豚を初代とし以後2代目3代目と増やしていきます。子豚はすべて保育器内で脱脂粉乳等の人工乳で育て,ある程度大きくなりますと配合飼料に切り替え,病原菌に触れないようにした豚舎で約160日前後飼育し,肉豚として出荷されるのです。
もちろん,飼育に関係する人々も豚への病気感染を防ぐために,細心の神経を払います。豚舎に,入るたびに,全身をシャワーで洗浄し,衣類は上着下着すべて所定のユニホームに着替えて豚舎内に入ります。
SPF豚肉でも、と畜・解体段階で細菌汚染する可能性もあるので生で食べるのは避けた方がよいでしょう。
「豚肉の生食禁止」の是非 法律で禁止する必要はあるのか
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/141112/lif14111208000003-n1.html

私の腰痛対策

326  2014年12月21日
私の腰痛対策
 日曜日の朝、テレビの「健康カプセル ゲンキの時間」で腰痛改善特集をしていました。方法はドローインという方法で、「鼻で可能な限り息を吸いながらお腹を膨らませ、今度は3秒間で口から息を吐きながらお腹をへこませます。」
 試しに椅子に座ってやってみました。私は椅子に座る姿勢は、足を大きく前に出し、背もたれに強く寄りかかっていました。私が異動するとその椅子は使えなくなるほどでした。そのため、骨盤は後傾し、腹が出て、背骨が曲がり、おまけに猫背もあります。この姿勢を長く続けていたことが現在の腰痛の原因だと考えています。
 ドローインは、姿勢が大事で、椅子に座って足を真下に揃え、骨盤を立てて、椅子に坐骨が突き刺さるように、背もたれから離して背を伸ばすようにして座ります。身体を引き上げるように大きく息を吸います。この場合は胸を膨らます胸式呼吸が良さそうです。すると背骨が伸びて積みあがってくる感じです。如何に姿勢が悪かったかを実感できました。次に、口から息を吐きながらお腹をへこませていきます。行った感覚では私の腰痛には効果があると感じました。

 さっそく、「体幹を鍛える」木庭克己著を購入して読みました。
体幹トレーニングの基礎
 どこでもいつでもできる体幹トレーニング「ドローイン」
 まず体幹トレーニングの基本として覚えなければならないのが、ドローインです。このドローインは、すべての体幹トレーニングを行う際に必要となってくるメニューで、もっとも効率的に体幹部を強化できるトレーニングです。方法はいたってシンプル。時間や場所を選ばずに行えるので、ぜひ実践してみてください・

 ドローインがもたらす大きな効果
 ドローインは空気をゆっくり吸い込んでおなかを膨らませ、ゆっくり息を吐きながら、徐々におなかをへこませる行為を指します。単純な動きの繰り返しですが、この状態を保ちながら日常生活を送るだけでも、立派な体幹トレーニングとなります。その効果を紹介しましょう。
 ひとつ目は、体幹の強化に欠かせないインナーマッスルに刺激を与える点です。ドローインによって、腹横筋や腹斜筋、横隔膜、骨盤底筋群といったインナーマッスルに刺激が入り、体の内部にかかる圧力の腹圧が高まります。そのため、体幹部の強化にうってつけです。結果的に表面の大きな筋肉であるアウターマッスルとの運動性を高め、体幹トレニングとしても効果が増します。
 ふたつ目は、内臓の働きを活性化させる点です。下半身への血のめぐりがよくなり、腹圧も高まって、腸を中心に内臓が活性になります。実際にドローリングによって、内蔵の働きがよくなると、おならがでやすくなります。しかし、これは体幹がしっかり鍛えられ、腸をはじめとする内臓が活性化されていることの何よりの証明です。
 三つ目の効果として上げられるのが、エネルギー代謝量の向上による脂肪の燃焼です。ドローインによって刺激を受ける筋肉は、普通の日常生活ではなかなか意識されることのないインナーマスル。ここに刺激が入ると動かせる筋肉が増えます。その分だけ、基礎代謝も上がりますから、脂肪がより燃えやすくなるのです。
 また、腹圧の高まりによって、脊椎のS字ラインがきれいに整います。その結果、姿勢の改善につながります。腹圧の弱さによって、ポッコリと出ていた下腹も徐々に引き締まり、健康で理想的な体に近づきます。このように、ダイエットやきれいなボディラインを手に入れる目的においても、ドローインは大きな効果を発揮します。

 息を吸っておなかを膨らませ、吐きながらへこませる
 では、実際のドローインの方法を説明していきましょう。やり方は、簡単です。まずは背すじを伸ばした直立の状態で、肩甲骨を引き寄せるようにして胸を張り、鼻から息を吸い込みながら、おなかを膨らませます。このとき、3~5秒をかけて、できるだけ、ゆつくり空気を吸い込むようにしてください。
 続いて、体内に取り込んだ空気を口から吐きながら、おなかをへこませていきます。また息を吐くと同時に、おなかの筋肉をグッと縮めてください。息を吐く際も吸うときと同じように3~5秒をかけて、ゆっくりと吸い込みましょう。
 ドローインの大事なポイントは、息を吐く際に、おなかと背中がくっつくくらいに、おなかをへこませる点です。このとき、おへそ周りの筋肉を縮めるイメージを持てば、よりしっかりと体幹部に刺激を与えられます。直立の姿勢だけでなく、仰向けに寝て、両ヒザを立てた状態で行う方法も有効です。この場合は息を吐く際に、おへそ周りの筋肉を縮めながら、骨盤を床に押し当てましょう。より体幹部の筋肉を固めることができます。このように、ドローインは簡単に行えます。しかし自宅だけに限らず、たとえば、デスクワークでイスに座っているときに取り入れるだけでも、効果はあります。その際、特に姿勢が大事です。イスに寄りかかるように腰掛けていると骨盤が傾いて脊柱もゆがんでしまうため、効果がありません。耳と骨盤とくるぶしが一直線になるように、正しい姿勢を常に意識してドローインを行いましょう。
私のコメント
 呼吸法が大事なのは、ピラティスを習っていますので直ぐ理解しました。ドローインはどこでもできます。旅行中も待ち時間。飛行機の中で続けましたし、朝起きる前、寝る前に布団の中で、風呂に入って行うと自分でルールを決めて続けています。気持ち背骨が真っ直ぐなり、腰痛も軽くなったと感じるようになりました。簡単なエクササイズを根気よく続けることです。1ヶ月でやっと効果を実感できるようになりました。
 この方法は肺を鍛えます。息を吐ききると肺の隅々に空気が入り肺が活性化され、肺炎等の予防にも効果的ですので高齢者に最適です。



スリランカと日本

325 2014年12月7日
スリランカと日本
11月26日からスリランカに旅行しました。 今回は阪急旅行社の「奇跡の島スリランカ8日間」に参加しました。現地ガイドのパーリタさんはJICAの研修で日本語を学び世界青年の船にも乗りました。日本大好き人間です。
 スリランカと日本の関係の重要な点は、日本の運命を左右する第二次世界大戦におけるアメリカ合衆国をはじめとする連合国の諸国と日本国との間の戦争状態を終結させるためのサンフランシスコ講和会議におけるスリランカの財務大臣(当時)の演説です。当初、日本に平和や自由を与えることは許されない、国を分割して統治すべき、など、敵意や憎しみ、そして軍国日本に対する恐怖から、さまざまな議論・意見がなされていました。
スリランカの当時財務大臣であったJ.R.ジャワルデネ閣下の演説で「憎しみはにくしみによっては止まず ただ愛によってのみ止む」とブッダの言葉を引用し、こう語られました。「何故アジアの諸国民は、日本は自由であるべきだと切望するのか。それは我々の永年に亘る係わり合いがある故であり、アジア諸国民が日本に対して持っていた高い尊敬の故です。「共存共栄」のスローガンが、ビルマ、インドなどアジア諸国に大きな希望を与えてくれたのも日本でした。我々は損害賠償を要求しようとは思いません。」
 サンフランシスコ講和条約はアメリカ合衆国をはじめとする連合国の諸国と日本国との間の戦争状態を終結させるため、両者の間で締結された平和条約です。1952年(昭和27年)4月28日に発効しました。
 スリランカは、サンフランシスコ講和条約において、我が国に課された戦後賠償を他国に先駆けて自発的に放棄し、戦後における我が国発展のための政治的・経済的な国際環境の形成に大きく貢献した伝統的な親日国であり、また、1948年の独立以来、基本的に民主選挙による政権選択を維持している民主主義国です。
 1951年のサンフランシスコ講和条約締結後、世界で一番早く正式に日本と外交関係を結んだのもスリランカでした

 パーリタさんは、この話をバスの中でしました。スリランカの殆どの人はこの事を教科書で知っていますが、残念ながら日本人は知る人が少ないようです。
 コロンボ国立博物館、ガンガラーマ寺院を見学しました。紀元前5世紀に、北インドからシンハラ人が移住して王国をつくりました。16世紀には、ポルトガル人が、コロンボに商館を建設しました。そして、オランダ、イギリスの植民地となりました。この時代は欧米人が利益を求めて進出してきています。スリランカは諸外国の植民地時代が長かったのです。日本軍があの強固なイギリスを撤退させたことです。アジア人でも西洋人に勝てると思わせたことです。日本は、スリランカを植民地からの開放を助けたのです。スリランカを侵略したのでなく開放したのです。
スリランカの歴史
http://www.d7.dion.ne.jp/~tomoca/history-lanka/01-historu%20of%20sri%20lanka.html
知ってますか? 日本の戦後処理で分割統治という危機を助けてくれた国がスリランカであることを。
http://www32.ocn.ne.jp/~abcq/mag1-143.html

 日本も江戸末期、江戸幕府と薩摩・長州連合群との争いがあり、フランス、イギリスが隙あらばと狙っていました。江戸城開城ということがなければ、フランス又はイギリスによる植民地になっていたかもしれないのです。その時代の先人に感謝です。
 ガンガラーマ寺院ではスリランカで1番有名なお坊さんカラホタサニタ僧にお会いしました。パーりタさんが以前テレビの取材で親しくしていたそうです。そして、私たちの腕に紐を巻いていただきました。これは仏教のおまじないのようなものです。さらにこの寺院は、サンフランシスコ講和会議において「憎しみはにくしみによっては止まず ただ愛によってのみ止む」と話したジャヤワルダナ氏が仏教を学んだ所だそうです。つまり、間接的に仏教の教えにより大戦後の日本の分割統治を避けることができた恩人です。
 スリランカは仏教国です。非常に親日的で笑顔で迎えてくれます。長い間内戦で苦しんできました。やっと、平和をとり戻してきました。今こそ、日本人ならサンフランシスコ講和会議の恩を返す時です。スリランカは自然が一杯です。世界遺産は7つあります。サーフィンとダイビングの良いスポットもあります。スリランカは観光立国を目指しています。この面では私たちにも応援きます。
 また、インドに近いことと、勤勉な国民性から投資環境も良さそうです。陶磁器メーカーの「ノリタケ」も現地に受け入れられて評判も良いようです。

エボラ出血熱とウイルス

324  2014年11月16日
エボラ出血熱とウイルス
 最近、エボラ出血熱のニュースが大きく扱われています。この病原体はエボラウイルスで、大きさが80 - 800 nmの細長いRNAウイルスです。
 エボラウイルスは、ひも状、U字型、ぜんまい型など形は決まっておらず多種多様である。初めてこのウイルスが発見されたのは1976年6月。スーダン(現:南スーダン)のエボラ川近くのヌザラ (Nzara) という町で、男性が急に39度の高熱と頭や腹部の痛みを感じて入院、その後消化器や鼻から激しく出血して死亡した。その後、その男性の近くにいた2人も同様に発症して、それを発端に血液や医療器具を通して感染が広がった。そして、この最初の男性の出身地からこのウイルスの名前はエボラウイルスと名づけられ、病気もエボラ出血熱と名づけられた。
 エボラウイルスの感染力は強いものの、基本的に空気感染をせず、感染者の体液や血液に触れなければ感染しないと考えられている。感染者の嘔吐物、血、肉、唾液、粘液、排泄物、汗、涙、母乳、精液などから感染するため、見ず知らずのそれらに気をつける必要がある。また、ウイルスは大抵、湿った地中で生き延びるため、地面に触れないよう注意し、地面に触れたところは消毒する必要がある。病院や患者宅のトイレの便座に気をつける必要がある。人の触るドアノブやスイッチやハンドルなどはウイルスが付着しやすいため、汚れを落とし消毒する必要がある。手は石鹸を使って洗う必要があるが、無理な場合はアルコール分を60%以上含むハンドジェルも使用可能です。 (Wikipedia)

ウイルスについて調べてみました。
 ウイルスは様々な特徴を持ち、病気や食中毒の原因となっています。食中毒では、ノロウイルス、A型肝炎、感染症として、ノロウイルス、ロタウイルス、インフルエンザウイルス、アデノウイルス、コロナウイルス、麻疹ウイルス、風疹ウイルス、肝炎ウイルス、ヘルペスウイルス、HIVなどがあり、危険なウイルスは、エボラ出血熱、HIV(エイズ)、SARS、鶏インフルエンザ等があります。
 
 ウイルスは、他の生物の細胞を利用して、自己を複製させることのできる微小な構造体で、タンパク質の殻とその内部に入っている核酸からなります。生命の最小単位である細胞をもたないので、非生物とされることもあります。大部分の生物は細胞内部にDNAとRNAの両方の核酸が存在するが、ウイルス粒子内には基本的にどちらか片方だけしかありません。また、ウイルスは単独では増殖できず、他の生物の細胞に寄生したときのみ増殖できます。ウイルスは自分自身でエネルギーを産生できず、宿主細胞の作るエネルギーを利用します。
 細胞は生きるのに必要なエネルギーを作る製造ラインを持っているが、ウイルスはその代謝を行っておらず、代謝を宿主細胞に完全に依存し、宿主の中でのみ増殖が可能です。彼らに唯一できることは他の生物の遺伝子の中に彼らの遺伝子を入れる事です。厳密には自らを入れる能力も持っておらず、ただ細胞が正常な物質と判別できずウイルスタンパクを増産し発症させる。これらの違いからウィルスは生物学上生物とは見做されないことも多い。
 ウイルスは変異するため。エボラ出血熱、HIV(エイズ)、SARS( SARSウイルス)など危険な新型感染症が発生する。インフルエンザやノロウイルスは変異により強力なウイルスの変わることもある。

 ウイルスは単独では増殖できません。他の生物の細胞に寄生したときのみ増殖できますので、ウイルスの生息箇所は個々のウイルスのよって決まります。生息場所からの感染経路を知ることで感染を予防することが大事です。
エボラウイルスの感染力は強いものの、基本的に空気感染をせず、感染者の体液や血液に触れなければ感染しないと考えられている。感染者の嘔吐物、血、肉、唾液、粘液、排泄物、汗、涙、母乳、精液などから感染するため。感染者の体液に触れないことです。
エイズは後天性免疫不全症候群で、エイズウイルスは。感染源となりうるだけのウイルスの濃度をもっている体液は血液・精液・膣分泌液・母乳が挙げられます。現在は予防対策が進んでいて、リスクの高いのは精液・膣分泌液のよる感染の性交渉です。予防法はコンドームの使用です。残念ながら日本は先進国の中では、エイズ感染の高い国です。さらに外国からHIV感染者が入国して性産業に従事しているケースもあります。
一般的にウイルスは微小で感染力が強く、変異があります。変異により、すでに持っていた免疫力を無くし、大流行を起こすことがあります。今年のノロウイルスは変異しており、今後、感染が広がる恐れがあり警戒が必要です。感染経路としては、感染者の便と吐物で、トイレ後の手洗いが大切です。

JICA のHACCP研修

323  2014年11月2日
JICA のHACCP研修
 JICA(国際協力機構)の国際研修は例年1月でしたが、今年から10月に変更になっています。「食品衛生のための行政の能力強化」コースでHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Points)の講義をしました。

 今年は受講生は8人でした。お国はアルジャリア、ブータン、タイ、マケドニア、東チモールでした。食料輸出国にとってHACCPは大事で輸出先の基準に合わせないと輸出できません。
 ブータンから農林業省の女性の上級検査官がきていました。マレーシアの第5回アジア太平洋エイズ国際会議でブータンの王女様(Ashi Sangay Chodden Wangchuk)の発表を聞きにいったときの様子を写真とともにネットに上げていたのをコピーして差し上げました。第4王女様でエイズの予防活動に取り組まれているそうです。
 私のHACCPの講義は、前提条件の一般的衛生管理プログラムをきちんと実行される方法に力を入れています。7原則12手順によるシステム設計は、必要な時にCodex付属文書を読んですれば良いのです。土台である一般的衛生管理プログラムをしっかり実行させることが大事です。このプログラムがうまく機能しないとHACCPはうまくいかないことを現役時代で経験しています。多くの危害は、一般的衛生管理プログラムで対応します。
一般的衛生管理プログラムを充実させるには食品衛生7Sを会社全体で取むことで効果があがります。整理、整頓、清掃は経理も営業関係の人も机の上や引き出しの中から始められ全体で取り組むには最適で、一般的衛生管理プログラムもスムースに実行できます。
 食中毒対策ではWHOが2006年に発表した"Five Keys to Safer Food Manual"が有効です。
1.清潔に保つ(Keep clean)
2. 生の食品と加熱済みの食品を分ける(Separate raw and cooked)
3.よく加熱する(Cook thoroughly)
4.安全な温度に保つ(Keep food at safe temperatures)
5.安全な水と原材料を使う(Use safe water and raw materials)
 この5KEYを踏まえて一般的衛生管理プログラムを実行することが大切です。
 特に清潔に保つ(Keep clean)は食品産業の基本です。この基本を浸透させて、全員で実行するには食品衛生7Sが有効です。

 食品衛生7Sは「整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌・しつけ・清潔」で微生物レベルの清潔を達成することを目的としています。最初の「整理・整頓・清掃」の達成は綺麗なイメージを与えます。清潔さは企業イメージをあげることとなり、企業が利益を挙げる大きなポイントの1つです。食品工場は清潔なイメージになり、作業効率が向上します。HACCPを取得しただけでは、利益が上がりません。衛生的なイメージが大切です。
「清掃・洗浄・殺菌」は一般的衛生管理プログラムを実行する為の作業手順書、マニアルを作成し守っていくこととリンクしています。
「しつけ」は、教育と同じようですが、食品衛生7Sのしつけは教えるだけでなく、現場の皆で考えて知恵を出すことです。例えば提案制度などの参画意識がモチベーションを上げることにつながります。HACCPは上で手順やマニュアルを決めて実行させるトップダウン方式です。そこに食品衛生7Sの「しつけ」を進化させた提案制度や改善行動のボトムアップをいれていくことで良くなっていきます。トヨタの改善活動と言えば皆さん理解されたようです。

 それとHACCPはCCPよりHA(危害分析)の方がより重要だと考えています。危害分析では「もし、ーーなったら?」と想像力を働かせて、対策をとることです。予測力を付けるには過去の事例や、他社の事例を当てはめてみることです。2日目は、工場でよく見かけることがをあ一般的衛生管理プログラムのどこに関係するか、どんな危害に結びつく可能性があり、どう対応していくかを発表させました。



「7つの習慣」を読んで

322  2014年10月19日
「7つの習慣」を読んで
 テレビのモーニングサテライトの「経営者の栞」モスフードサービスの櫻田厚会長兼社長が紹介されました。アメリカの経営コンサルタント スティーブン・コヴィー氏が書いた「7つの習慣」です。
 さっそく、アマゾンで検索すると、キンドル版がありましたので読んでみました。

 第1の習慣は「主体的である」。主体性を持つということを「人間として自分の人生に対して自ら選択し、自ら責任をとるということ」と定義しています。人間は本来、周囲に何が起ころうと、自分自身で判断し、言動を選択できる能力を持っているということです。

 インサイド・アウトのアプローチとは、私たちは多くの場合、何か問題が起きたとき、アウトサイド、外側からのアプローチで解決しようとします。たとえば、上司から理不尽な指示を受けることがあったとしても、その原因を上司に求め、上司だけの問題にしてしまいがちです。しかし、その考え方では、一方的に上司を責めるばかりで、自分は何もしないことになります。
あなたにできることはないでしょうか? あなた自らが何か働きかけることができることはないでしょうか?
 インサイド・アウトとは、自分自身の内面(インサイド)、パラダイム、人格、動機などを最初に変え、それから、外側(アウト)、他人や環境を変えるということです。

 パラダイム転換
 パラダイムを変えることを「パラダイム転換」といいます。これは私たちの行動に大きな影響を与えます。今となっては常識なことも、過去の人たちから見れば「非常識」であり、そのパラダイムを転換するのには多大なるエネルギーを要しました。
 結果を変えるには、行動を変えなければなりません。そして、結果を大きく変えようと思うなら、パラダイムを変えなければなりません

P/PCバランス
「7つの習慣」の根幹を成す考え方にP/PCバランスという概念があります。概念の定義から説明すると、目標を達成し、P:成果(Performance)を得るためには、PC:目標達成能力(Performance Capability)またはそれを可能にする資源が必要になるというものです。仕事で何か素晴らしいアイデアを出す(Performance)には、適切な情報や知識のインプット(Performance Capability)が不可欠ですし、いくらインプットを続けても(Performance Capability)その内容をアウトプットしなければ(Performance)、ビジネス価値創出にはつながりません。

 関心の対象は、自分自身が影響を及ぼすことができるものとそうでないものに分かれます。たとえば、天気に関心があっても自分の力で天気に影響を及ぼすことはできませんが、今晩の食事を何にするかについては影響を及ぼすことも可能です。つまり、同じ関心事でも、影響を及ぼすことができることと影響できないことがあるというわけです。
このように、私たちの身の上に起こる出来事や周囲に存在する物事は、関心の有無、そして影響を及ぼせるか否かで分類することができます。そのことをコヴィー博士は「関心の輪」と「影響の輪」という概念で説明しています。

 この本は私の様なシニアにとっても有益な本です。自分の人生を振り返るとき7つの習慣がどうであったかを考えることができます。

 定年後、自営で食品衛生コンサルタントを始めましたが、きっかけは1997年、当時私が福岡市博多保健所に勤務していた頃、管轄内でサルモネラ食中毒が集中的に発生しました。鶏卵と推定されるのですが、どこの養鶏場の卵かは分かりませんでした。これでは原因食品を取り除くことはできません。
しかし、同じ様な食中毒がその近隣で発生し続けました。確たる証拠も無いためマスコミは報道しません。報道したら影響が大きいからです。営業者は隣近所で起こっている食中毒の原因を知りません。共通の条件を探すと、それは、古い(当時鶏卵には賞味期限表示の義務付けはない)卵を使い、まとめ割りをし、十分加熱せず、そして調理場内での2次汚染--。サルモネラ食中毒が発生するのはこれらの条件が重なった時です。私はこの状況に対して、「何とかしなくちゃ」と思い、食中毒のリスク情報をファクスで営業者に発信することにしました。1年後のアンケート調査では、有難いことに50~60件の送信で、そのコピーが毎回8000枚程度回っていることが分かりました。必要な情報は求められているのです。

 食中毒予防を主体とした情報と講習を行えば食品衛生コンサルタントが出来るのではないかと考えました。自宅を事務所とし、妻に雑用等の応援をしてもらえば何とかなると思ったのです。

 主体性を持って動けば見つかるのです。まさにインサイド・アウトです。食中毒を防ぐ知恵を伝えていけば、何とかなると思い、市の外郭団体の(社)福岡市食品衛生協会を9ヶ月で辞めて、独立することにしました。
 食品衛生コンサルタントとして働くための準備として、「保健所の片隅」を出版しましたし、「NFC HACCP-9000 コーディネター」の資格も取りました。ホームページを作り、メールマガジンも発行して情報を発信してきました


 「おもてなしの心」は日本を豊かにする

321  2014年10月4日
 「おもてなしの心」は日本を豊かにする
 仁川アジア大会はトラブルが相次いでいます。最初はサッカーの試合でアウエイの洗礼と紹介されました。練習会場の着替えは外で、シャワーはもちろん着替えの場所もロッカーもないテントだけでした。選手村ではエレベーターが何度か止まり、22階のサッカーや、17階のバレーボールなど日本選手たちが階段を昇り降りしました。さらに部屋にエアコンがなく、網戸もなく、中にはお風呂が故障の部屋もあったそうです。
 バドミントンの会場「ケヤン体育館」では、この会場内の「風」について各国の選手やコーチから不満が相次ぎ、混乱が起きています。このうち日本は21日、男子団体の準々決勝で韓国に敗れましたが、エースの田児賢一選手が臨んだ第1試合のシングルス戦で、試合途中で風が止まったり向かい風になったりしたということです。また、同じ時間に隣のコートで試合をしていたインドネシアのコーチは、「日本と対戦した韓国に有利に吹いたのではないか」と試合への影響を指摘していました。
 仁川競技場の聖火が20日午後11時38分から12分間、完全に消える事態が発生ました。大会では、ビーチバレーボール会場でボランティアスタッフがカードゲームを楽しんだり、カバディの運営進行員が賭博をしていたと一部メディアが報じ、ひんしゅくを買っていた。女子のボクシングやレスリングでは、韓国選手に有利な判定がありました。仁川アジア大会開幕後から施設の故障や賭博の発覚などトラブルが相次いでいることについて謝罪したことを複数の韓国メディアが報じました。
仁川市はアジア競技大会の準備のため財政が日々悪化していて、「重症」という表現がふさわしいほどになりました。
 中国メディアの新華社は23 日、韓国の仁川で開催中のアジア競技大会でトラブルが頻発(ひんぱつ)していることについて、韓国民間放送局のSBSテレビが「過去に韓国で開催された五輪やワールドカップでもトラブルは発生したが、まだ言い訳ができる。しかし今回のアジア大会での数々の問題は看過できない」と報じたことを伝えました。記事は、「各国の代表団やメディアのほか、観客からも批判の声が多くあがっている」と報じたことを伝え、批判の内容として「サービスなし、車なし、肉なし」の大会だと指摘しました。「今大会はサービス精神を持つ優秀なボランティアスタッフが少ない」と批判し、有名選手と写真を撮るために勝手な行動を取ったスタッフもいたと指摘したことを紹介しました。香港のメディアは仁川アジア大会を「水準は村の運動会並み」と酷評した。
 この原因は東京オリンピック誘致で話題となった「おもてなしの心」がないためです。韓国の人たちは、その場の感情にまかせて行動し、その結果として次に起こるであろう事を予測できないようです。韓国内で反日を叫べば日本人は嫌韓になります。嫌いな国には旅行も投資もしません。トップにたつ人は相手の感情も考えていかないと、感情のまま行動させてはダメでしょう。
国際大会でこのような不祥事が次々起こると関係国から韓国がどう見られるかを予測しないと将来に影響します。米国ネットユーザーで「不正する=韓国する」と言われているそうです。これで2018年の平昌で開催予定の第23回冬季オリンピックができるのでしょうか。
 私が福岡市に奉職している間大きな国際大会がありました。1989年にアジア太平洋博覧会です。1989年3月17日から1989年9月3日まで福岡市早良区百道浜で開催されました。最初は職員にも割り当ての切符を捌くのに不満もでていましたが、始まって1ヶ月も経つと福岡市役所、市民を上げて盛り上がりました。「おもてなし」が色色なところで行われ、入場者の好評で口コミが広がり大盛況となり、結果的に剰余金も沢山でて、いまでもアジア賞やアジア映画祭等が行われ、外国の評判も良く、その後の福岡市の発展に大きく寄与しました。国際大会の評価は大事で観光客も増えてきました。早々と、福岡市は20年東京五輪の事前合宿地としてスウェーデンと仮契約を結ぶことを正式に発表しました。
 韓国の朴槿恵大統領は24日、国連総会の一般討論で昨年2月の就任後初めて演
説しました。朴氏は人権問題にも言及。「戦時の女性・子供に対する暴力」の問題に触れ「時代や起きた地域を問わず、明らかに人権や人道主義に反する行為」と述べた。ただ、日本への直接の批判は抑え、従軍慰安婦問題に触れなかった。「戦時の女性に対する性暴力は明らかに人権と人道主義に反する行為だ」と一般論を述べています。この表現はブーメランのように韓国に戻ってきます。私は昭和19年上海で産まれ、20年の終戦前に日本に引き上げてきましたので途中ひどい目にはあいませんでしたが、友達には満州、朝鮮から引き上げてきた人もいました。引き上げる時に女性はソ連兵、韓国人に殺されたり陵辱された人もいました。これこそ戦時の女性・子供に対する暴力です。従軍慰安婦問題は日本が強制的に連れ去ったことを問題にしており、朝日新聞の訂正で根拠がなくなりました。日本軍が場所を管理したり、輸送を担っていたことは事実ですが、性行為については日本兵が料金を払っている営業です。兵隊さんが多いので沢山稼ぐことができていました。当時は売春は法律的に許されています。一般論での「戦時の女性に対する性暴力」は韓国を指して日本批判にならないのです。


野菜による食中毒

320  2014年9月21日
野菜による食中毒
 静岡市の安倍川花火大会で発生した集団食中毒は発症者が449人になりました。原因食キュウリの浅漬けでした。車の中でキュウリを浅漬けにし、2つの露店に運び、約1000本販売したという。福岡市食品衛生条例では、屋台や露天商では供食直前に加熱したものに限るとしていましたので露天で生のキュウリが提供されていたのにはびっくりしました。厚生労働省のデータによると、腸管出血性大腸菌O157の集団食中毒としては過去10年間で最大規模となったそうです。

 食中毒というと、まず頭に浮かぶのが肉や魚などですが、実際には野菜を原因食材とする事件もかなり起こっています。
 2012年8月、北海道で白菜浅漬を原因とする腸管出血性大腸菌O157による集団食中毒が発生し患者数は169名死者8名という大きな食中毒となりました。原因食は、白菜の浅漬けでした。当初、「野菜の消毒液の濃度をチェックしていなかった」と言われていました。食中毒の原因が製造者の製造、管理工程にあると断定しました。
 2002年には福岡市の保育園でキュウリの浅漬けが原因で、園児や家族ら計112人から感染が確認されました。
 塩漬けである場合のキュウリの浅漬けでは。特に製造過程初期におけるOI57の汚染防止と使用する原料キュウリの衛生状態に格段の注意を払う必要があります。

 伝統的な漬け物については、比較的高い塩濃度と、乳酸発酵によって生じた酸や抗菌物質によって、長い漬け込み期間中に、混入した食中毒菌の死滅が起きると考えられてきました。しかし食中毒事件は、どれも「浅漬け」で起こしています。いずれの事件も、製品まで原因が遡ることは可能でも、そこから上流の原料を特定し、汚染原因を解明することには成功していません。よってこれらの事件の原因となった微生物が、製造・調理の現場で混入したものか、それ以前の原料に付着していたものか、明らかにすることは極めて難しいようです。
 野菜はサラダとして生で食べる習慣があるため、その食中毒リスクは無視できません。生食野菜は加熱殺菌を行っていない以上、ゼロリスクを要求するのは不可能と考えるべきです。ホテル、旅館、結婚式場、弁当屋、給食施設等多くの人が利用する施設では、生野菜は消毒を行ってください。次亜塩素酸水が有効です
 機能水研究振興財団 http://www.fwf.or.jp/kinousui.html

 米国でも「健康に配慮して」生野菜の摂取量が増えたためか、野菜類に起因する感染症が増加しています。葉もの野菜の中ではレタスが比較的、微生物汚染が激しいことが知られています。
 野菜の中でも「もやし」や「かいわれ」のような水耕野菜は、路地野菜と比較して大腸菌群数や一般生菌数が高く、また汚染指標菌である大腸菌の検出率も高い。また。コンビニやスーパーで、消費を伸ばしているカット野菜や野菜サラダも、製造過程の微生物制御の難しさを示す報告があります。以前、私がいた検査センターでの食品の細菌検査結果でも、かいわれ、カット野菜、キュウリは細菌の検出率も高く、消毒も難しいようです。
 生食用野菜及び果実は赤痢菌・サルモネラ・病原大腸菌等、種々の病原菌やウイルスを媒介することが知られています。これらは農場の水源、あるいは施肥された未完熟堆肥に混入した、家畜由来の病原菌などが、農産物に移行したものと考えられている。このために「収穫前」の衛生的な生産管理が、収穫後と同様に重要です。

 野菜を原因食材とする食中毒事件には、保管・運搬・調理の過程で、肉や魚から菌が野菜に移った2次汚染によるものがあります。このようなケースを防ぐには、運搬・保存の際に肉や魚の汁が漏れないように注意すること、また調理の際にはまな板や包丁などを使い分けるか、あるいは調理器具をきちんと洗った後に野菜の調理に移ることが必要です。
 また、加熱しているから大丈夫とも言えません。野菜のゆで汁に細菌を植える研究によると、野菜のゆで汁は細菌の増殖がすごく早いということがわかりました。つまり、一端加熱した野菜は生野菜に比べて細菌が増殖しやすい状態になるということです。ほうれん草のおひたしが味や臭いがおかしいという苦情はよくあります。


「ジジウヨ」という言葉があるそうです。

319 2014年9月7日
「ジジウヨ」という言葉があるそうです。
「ネトウヨ」より「ジジウヨ」がこわい
「ウヨ」は「右翼」の略語だが、そっち方向と位置づけられるものはさまざまある。愛国心を重んじ、日本の軍事的プレゼンスを拡大すべきといった考え方が中心的、なのだろうか。保守は右翼とは必ずしも結びつかないだろうが、現代日本の文脈では近いものと考えてよさそうだ。広くとらえると、いわゆる嫌韓、嫌中やその他の排外的思想や、伝統的(戦前あたりを理想とする考え方としておく)な習慣や制度をよしとする価値観もそれに近い方向性といえる。」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamaguchihiroshi/20140816-00038287/

 私は原発再稼動、集団自衛権容認の閣議決定に賛成で、慰安婦問題、南京大虐殺は韓国、中国の捏造と思っており、ネットも右向きのブログをよく読んでいます。嫌韓、嫌中関連の本を読みます。完全に「ジジウヨ」と言えるでしょう。
 佐賀空港にオスプレイを配置する計画があります。広島市の土砂災害のニュースを見ていて、もし、自衛隊のオスプレイが佐賀空港に配置されていたら、数時間で到着し多くの人を迅速に救助できると同時に土砂で道路が封鎖されていても小型重機も吊り上げて現場に投入できた救助活動がスピードアップしたのではないかと思いました。
 私なりに各問題について考えています。判断基準は「安全」と「姿勢」です。世の中「安全」でないものは沢山あります。日本で命に関わる位のリスクが高いのは、交通事故と病気と食中毒です。被害者も感染者も沢山でています。低濃度の放射能によるリスクは高くありません。被害者は多くいません。病原性微生物による食中毒では、病原性大腸菌やサルモネラ菌で亡くなる人がいます。その割には無頓着な人が多く、生肉の刺身や鳥刺しが飲食店等に提供されています。牛のレバ刺しの提供禁止や流通過程の指導を強めていますがなかなか減りません。今年も花火大会で、O157による集団食中毒が発生し449人が感染しました。あまり知られていませんが、キュウリは細菌検査すると、一般細菌や大腸菌群数が多く検出される食品で過去にもキュウリの朝漬けによるO157食中毒を起こしています。

 日本の放射能の基準値をあまりにも厳しく設定したため、避難所から帰宅できずに多くの人がストレスで亡くなったり、病気になっています。放射能の被害より生活環境の変化に耐えられなくなった人の方が被害が大きいのです。基準を世界的な物に戻せば、避難区域が解消し元の生活に戻れます。放射能は宇宙にも存在し、飛行機に乗ると放射能を浴びることになります。パイロットや乗務員に癌が多いとは聞きません。また、医療機器にも多く使用されています。広島、長崎の被爆者に癌発生が多いとの記録はなく、癌の健康診断が無料のために逆に発生率が他地域に比べて低いという結果もあります。「安全かどうか」の判断はリスクの程度で見るべきです。

 戦争に負けたとき、朝日新聞は自分の罪が追及されるのを恐れて絶対平和主義に転向し、3・11のあと原発推進派だった責任の追及を恐れて「原発ゼロ」に舵を切りました。その論理は単純です。
 * 戦争が起ったのは軍隊があったからだ→軍隊をなくそう
 * 原発事故が起ったのは原発があったからだ→原発をなくそう
 こういう短絡的な話はわかりやすく、大きな悲劇のあとでは日本人の心情倫理にアピールすることができます。
 美しい言葉にはトゲがあります。「自由」「平等」「平和」「民主」などの「美しい言葉」は、人々の思考停止を誘い、我々の素朴な感覚を押さえつけてしまう働きがあります。
 たとえば「平和」。軍隊をなくし、核兵器をなくせば、平和な世界が来る。と戦後教育では教えられてきました。そして「平和」を声高に叫ぶ人々は、「核兵器反対」を唱え、米国の艦船が核を積んでいるのかどうか、などと問題にしていました。日本人は下の句を大切にしなくなりました。つまり、上の句ばかり。例えば「自由」という上の句には、「責任」という下の句がある。「権利」には「義務」という下の句がある。上の句と下の句があってこそひとつです。
 平和は叫ぶけれども、平和をつくるための努力はしない。公務員削減をしろと言うけれども、サービスは低下しても構わないとは言わない。国民年金は払わないけれども、老後は自己責任とは言わない。給食費を払わない親は、自分の子どもには昼食を食べさせなくてもいいとは言わない。非武装と言うのであれば、もし敵が襲ってきたらその時は「しょうがないから死にましょう」と言わなければいけない。集団的自衛権に反対する人は、集団的自衛権なしでなぜ安全が確保できるのかということを言わなければいけない。下の句がないために、冷静な議論が阻害されていると思います。
 日本の安全はアメリカの核で守られています。明らかに尖閣諸島、沖縄を狙ってきている中国があり、かろうじて日米安全保障条約で防ぐことができています。しかし、日本もすることをしないとこれ以上は無理です。国際的な常識である集団自衛権を認めていかないと日本は守れません。
 美しいバラにはトゲがあるが、美しい言葉にはウソが隠されてることがしばしばあります。政治的ウソを見分けるには、まずは美しい言葉を見たら、そこにはウソが隠されていないか、気をつける必要があります。
 
 左よりの朝日新聞、毎日新聞、NHKは美しい言葉を言って扇動しますが、下の句を言わない。マスコミの独善的な報道姿勢が批判されるようになり、マスコミが政治家たちを動かしてきたような影響力は無くなり、総本山的な朝日新聞も従軍慰安婦報道の誤報を認めざるを得なくなってきました。しかし、反省はなく今までの姿勢を崩してない。ネットでは、その姿勢が批判され不買運動をおこされています。中国や韓国はマスコミや政界に金をばら撒いて工作員を送り込んできました。マスコミに在日枠を設けさせて、優先的に採用させたため。マスコミ内に反日思想を持った人が増えてきて世論を動かそうと中国、韓国よりの報道記事を書いています。しかし、ネットを見ている人はその仕組みがばれてきています。

 最近ではマスコミ対ブロガーの論戦はブロガーの一方的な勝利が続いています。マスコミが国民世論を動かしてきた時代は終わりネットが世論を動かす時代になって来ました。政治ブログランキングを見ても圧倒的に愛国保守派のブログが上位を占めています。
 ネットでは新聞各社の主な記事を読むことが出来るし、朝鮮日報や中央日報も読むことができ、韓国が何を考えているのかもわかる様になりました。中国、韓国は子供の時から反日教育をしており、教育を変えて貰わないかぎり、絶対に日本とは仲良くなれません。福沢諭吉も「脱亜論」に書いています。相手にしないことです。中国、韓国、北朝鮮とは距離をおいて付き合っていくべきです。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2188.html

 マスコミに惑わされずしっかり自分で調べて考えていけば「ジジウヨ」になります

SIMフリーのスマホ

318  2014年8月17日
SIMフリーのスマホ
新発売のfreetel Prioriがやっと届きました。産経新聞に「格安スマホ、シニア層の需要呼び起こす 60代以上が6割、端末とサービスセットで人気」2014.5.7の記事を見て、色々と調べていて、freetel Priori の公式ブログで、http://ameblo.jp/freetel/ を見つけました。このブログはスマホについて、私の知らないことを色々と書いていました。スマホは素人ですから勉強になりました。
その中に開発秘話が載っています。「freetelの構想は1年以上前から始まりました。その中でも、もっともこだわったことの一つが品質です。いいものを少しでもお求め安い価格でお客様に提供したい。しかも品質を保ちながら。これに1年こだわりつづけました。1年前から、世界的に有名な日本の某メーカーにて40年品質管理を実施され、責任者をされていた方々に思いを伝え、当社の製品の品質顧問になっていただきたいと口説き続けました。最終的に「世界に誇れる日本の品質を一緒にfreetelに!」といっていただけました。
 freetelのためだけに、生産ラインを3ヶ月押さえ、日本の品質に見合う体制にいたしました。最初の2ヶ月は、生産ラインで実施したことは、「生産」ではなく、 どうやって静電気を逃がすか、どうやってはんだ付けの技術を日本レベルまであげるか、どうやって不良が見つかった場合にそれを早期に発見しラインから除去するかなどの研修、テスト生産のみを行いました。採算は度外視しました。」
 そこに、日本の技術者の魂をみました。様々な工夫がされています。

 日本ではキャリア(ドコモとかAU)の端末は、そのキャリアで契約したシムカードでしか使用できません。SIMロックと言います。SIMフリーはシム(SIM)カードの種類を選ばずに使える携帯電話のシステムのことです。「freetel」のスマートフォンなら、どのキャリアのシムカードを挿しても、通信通話にご利用いただけます。SIMカードとは電話番号等が書いているICカードです。端末のメーカーとSIMフリーを扱っている通信会社は自由に選ぶことができます。
 日本は世界のなかでも圧倒的に通信料が高い国です。しかもそれを2年契約で、2年間も約束させられています。2年たたずにやめると違約金? まあこれはわかります。しかし、自動更新しているから違約金? それに更新日は連絡ありません。
いまではたくさんの格安のSIMが発売されています。海外で販売しているスマホのほぼすべてがSIMフリーです。日本のスマホはSIMロックで、他の会社のSIMカードを使えないのです。
 ちなみに私の端末は「freetel Priori」9800円(税別)SIMカードはIIJmio音声通話パック MNP(Mobile Number Portability)付で今までの携帯電話番号を使えます。料金は初回3000円で毎月1700円+通話量で私なら2000円位(月)で済みそうです。今まで通話料は2人で8000円位でした。
 私がfreetelに変えた決め手は海外で安く使用できることです。年に数回海外旅行をしますので、携帯電話も海外でも使える機種を選んでいました。スマホは海外で使うと馬鹿高い料金が請求されると聞き、拒否していました。
 freetelは現地の通信社のプリベイトSIMカードが使え、5日位でしたら1000円以下です。どこで購入できるか。「SIMカード 国名}でネット検索を掛けると沢山書き込みがあります。大体空港の両替の近くにあるそうです。出発前に調べて行きましょう。
 また。freetelはデュアルSIMというシステムで、SIMカードを2枚させます。日本の番号も無料でそのまま待ちうけ状態にすることができます。待ち受け状態にするだけなので、お金はかかりません。かかってきたら折り返し海外のSIMカードを使います。日本の携帯をそのまま海外で通信を利用すると、1日、最大で約3000円の費用がかかります。7日間海外に行ったら通信だけで2万円以上かかります。それが1000円程度ですみます。

 便利なテザリングというシステムもあります。スマホと、タブレット、パソコンを持っているとぜんぶ電波を使います。freetel にSIMが入っていて、通信ができる状態になっていれば、テザリングボタンをぽんとタップすると、お客様がお持ちのほかのタブレットやパソコンもfreetelを経由してインターネットにつながるのです。外国で現地のプリベイトSIMを使うと怖い海外パケット代の高額請求が無くなるのです。近くに寄れば同行者のパソコンもネットにつながります。
 空港やホテルで無料のWiFiが使えればスマホもつながります。自宅のパソコンはWiMAXに変えましたので机の前であればWiFiを使ってスマホが使えSIMカードの通信費が抑えられます。

 私はパソコンはNECのPC-8801 mk2の時代(1985年位)から扱っています。パソコン通信の時代を経て、ホームページの立ち上げも1991年でした。しかし、携帯電話は何か束縛される感じがしましたので拒否していました。退職後に自営業となりやっと購入したのです。もっぱらパソコンからのメールで済ましていました。当時のパソコンのメモリーは少なく、如何にしてメモリー使用量を減らすか苦労していました。freetelにもこの流れがあり、少ない内部メモリーを効率よくサクサクと使う方法が書いてあり非常に好感を覚えました。

 このスマホはシニア向けかもしれません。複雑なゲームや動画は無理かもしれません。外国から料金を気にせず電話やメールができます。ネットでニュースが読めて、パソコンが使えて、LINEで子供や孫とつながります。マップも音声検索も使えます。

期限切れ鶏肉問題

317 2014年8月3日
期限切れ鶏肉問題 
 中国上海市にある食肉加工会社「上海福喜食品」が7月中旬、マクドナルドなど外資系大手ファストフード店に期限切れの肉を使用した商品を供給していたことが中国メディアに報道され、食の安全問題への関心が一気に高まった

 一連の不正が明るみに出たのは「上海福喜食品」の従業員の内部告発がきっかけだったという。上海市のテレビ局のスタッフが同社の臨時従業員として3カ月に亘って潜入取材し、半月近く過ぎた鶏肉や鶏皮を混ぜて出荷したり、床に落ちた鶏肉を肉棚に戻したり、期限を7カ月も過ぎた牛肉を使っていたなどの衝撃の映像をカメラにおさめた。

 このニュースの映像が日本でも流れると、床に落ちたすり身の肉を戻す映像や青くカビ様の肉をスライスしている映像が大きな話題となり、日本マクドナルドや日本KFCが仕入れていることが報じられて、再び中国で製造された食品の安全性に疑問がついた。

 このメーカーは、中国当局の監査実施が前日に電子メールで来ると、改ざんした資料を隠していたという、日本からの視察にも同じように対処していた。これを見極めるのは、衛生管理の調査では出来ない。そもそもHACCPは、自主的に安全に製造しようとする為のシステム、HACCPをやっていると安心させておき、その裏でごまかしていたわけだ。いわばHACCPを悪用していた。

 HACCPはルールを決めて、そのルールを守ることが大前提です。日本にHACCPが導入された頃、私はある大手乳業メーカーのHACCPの申請審査のお手伝いをした事があります。地方公務員の食品衛生監視員として参加しましたが、HACCPについてある不安を持っていました。システムとしては良くできていると思いましたが、それを運用する側の教育次第で良くも悪くもなると思いました。大手メーカーですからすでにHACCPを取得した系列工場からコピーが届きそれを少し手直しして申請してきます。書類はそろっていても担当者以外理解していない。申請時点では必ずしも全員がそのルールを知りません。その後の根気強い教育が大事ですが、当時はあまり触れていませんでした。悪い予感が当たり数年後別の大手の乳業メーカーで大きな食中毒を起こしました。

 ルールを守らせるためには、HACCPの申請前の予備活動として、全社的に「食品衛生7S」を取り組ませることです。整理、整頓、清掃は営業や経理部門も有用です。整理、整頓、清掃、洗浄、殺菌のルールを決めたら、しつけでそのルールを守らせることです。最初は各職場長が鬼軍曹になることです。整理、整頓、清掃がきちんと出来る様になると、従事者の顔つきや気持ちがは変わってきます。気持ちが前向きになってきたら、提案制度や各部署間の競争により表彰制度を取り入れモチベーションを高めることが有効です。この時点でHACCPを導入するとルールは守れるようになり効果的です。
 今回の映像でも、賞味期限の切れた青く変色している肉を使用しているのは論外ですが、床に落ちたミンチ肉の塊を戻しているケースはしつけと改善ができていれば、直す事ができます。攪拌器から運搬用の機器に移すときに落としていますので、第1にこぼさない様な工夫をすることです。第2は床に直接触れるので不潔になるので、予め落とす可能性のある場所に受皿になるような清潔なシートを敷いておく等、現場で知恵を出せば改善できそうです。

 信頼があってHACCPが成立します。数年前、中国の青島、大連の食品工場の視察に参加しました。訪問した工場は全て日本の親会社や日本の商社の人がいて、衛生管理を取り仕切っていましたのでまったく問題がありませんでした。

 中国は数100年単位で民族が入れ替わっています。モンゴル系や満州族、漢人と支配する種族が入れ替わりその度に過去の歴史を消し去るだけでなく、民族を抹消してきています。そのため、中国人は永遠の価値観を持つことができず現在の生存を全てとします。すなわち損得が全てであり具体的には金が全てです。中国人は正体を明らかにすることを恐れるので嘘を常習とします。だから彼らの価値観では嘘をつく方より騙される方が悪いのです。当然他人を絶対信用しない。つまり、信頼できない。見つからなければ良いとする。

 上海福喜食品は米国の食品卸売会社OSIグループの中国法人で、マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン(KFC)など多くの外資系大手ファストフード店に食用肉を供給していた。これらの企業は「慶豊包子」などの中国の民族系ファストフード店と比べて、値段は高いが、食品安全問題で良好な企業イメージがあった。都市部の若者などを中心に人気を博し、近年中国で営業規模を拡大させている。

 今回の上海テレビの報道を受けて、インターネットでこれらの企業に対する非難が殺到した。「中国人をばかにしているのか」「外国系企業を中国から追い出せ」といった書き込みが多く寄せられた。日本は、中国製は危ないですが、日本とは違う反応です。

 しかし一方、テレビの潜入取材の映像があまりにもきれいに取れていることから「これは盗撮ではなく、やらせではないか」といった意見もみられました。時期を同じくして、中国で周永康事件がおこり、中国内部の権力闘争が始まったのではと言われている。
上海福喜は、江沢民時代の米中友好の象徴的工場なのである。だが、折りしも現在、習近平主席は「江沢民派の一掃」を狙った権力闘争の真っ只中にある。「汚職幹部追放」の名の下に、江沢民派の大物幹部たちを、次々に血祭りにあげている。

 また、上海福喜食品は中国人が経営する大手レストラングループ「小肥羊」などにも商品を提供しているのに、中国メディアはほとんど伝えなかった。
 さらに、テレビニュースの中に「だから外国資本の企業は信用できない」「これからは中国の店を使いたい」といった街頭で取材した市民の声を繰り返して流していることから、「目的は外資系たたきではないか」と推測する声多かった。

2012年の反日暴動の時も、中国から日本企業を追い出して、乗っ取りを図っているように見えました。多分上海福喜食品だけでなく、中国のマクドナルドもKFCもいずれ撤退して、名前を変えて中国人の経営になるのでしょう。中国には近づかないことです。

原発再稼動と集団的自衛権について

316  2014年7月20日
原発再稼動と集団的自衛権について
先日、昔の仲間と会合を持ちました。当りさわりのない話なら良かったのですが、昨今の政治・経済の問題となるとかみ合わなくなってしまいました。例えば原発再稼動問題や安倍政権が集団的自衛権の行使容認を閣議決定した件では、観念的な意見で全体やそれに伴う問題についての考察がなく、朝日新聞、西日本新聞、テレビ等のマスコミの受け売りでイメージ主体の1ワードです。耳に入りやすく、裏に秘めた意図的なものが感じられます。そこで、購読している新聞を聞くと西日本新聞でした。私はネットで産経新聞、読売新聞を中心に朝鮮日報を含めて各誌を読み、政治経済系のグログもよく読んでいると言うと右翼だなと言われました。確かに右か左かというと右側の人の意見をよく聞きます。今の朝日、毎日、NHKには在日系の人が多く、左翼的意見が多く、近隣の反日国のための意見が多いようです。論理的でなく単純にイメージで訴えています。現状分析と先の展望がありません。福島の原発事故以来、放射能は怖いから原発再稼動反対、戦争に巻き込まれて自衛隊員が亡くなるのはダメだから反対というばかりです。
 原発再稼動について福島の事故を見て、「原発0」の気持はわかりますが、現状を考えると私は意味のない主張だと思っています。私は福島の事故を設計ミスに近いと思っています。アメリカが設計した初期の原発で「つなみの危険性」をよく知らずに、経済性からわざわざ冷却用ポンプと発電機を土地を掘り下げて作っていました。現在は非常に厳しい安全基準を設けています。
安全と安心は別です。心理的な「安心」は人によって違う感情なので、比較できません。安全性は定量的に比較できます。原発事故の被害がいかに大きくても、その発生確率が小さければリスクは小さい。この世の中に「リスク0」はなく、より低いリスクを目指すべきである。
 チェルノブイリ事故の調査で、最大のリスクは強制退去による生活破壊だったことを知られています。福島についても、放射線の基準を過大に決めたために、放射線リスクより避難生活の方が影響が大きいと考えられています。
 原発を止めて、火力主体の発電所でも発生する炭酸ガスによる被害もあるし、石炭火力では日本でも過去に産炭地で落盤事故等大きな被害をおこしています。 
 再稼動で発生するコスト増は、kWh単価ではほぼゼロです。運転によって増えるのは、燃料費(1.4円)と事故リスク対応費用(0.5円)と政策経費(1.1 円)です。これは石炭火力(6.9円以上)やLNG火力(10円以上)よりはるかに安い。つまり再稼動で増える変動費は原発が圧倒的に安いのです。原発を止めて、燃料価格と電力価格の高騰を招いています。今年の夏は大規模の停電の可能性があり、国のエネルギー政策、経済活動にも大きな影響を与えています。
 太陽光や風力、地熱など再生可能エネルギーがありますが、発電量や安定性に疑問がありメインの電源とはなりえません。私の所にも、家庭用の太陽光発電の勧誘があります。近くに高架の新幹線、都市高速が走っていていますので、細かい埃を舞い上げています。屋根に太陽光発電を付けてもすぐにその埃がつもり、1週間で透過率が落ちて初期の能力は発揮できないのはわかっていますのでお断りしています。
 また、日本は世界に冠たる原子力発電の技術を持っており、日本が原発から撤退すると技術者がいなくなり、世界中の原子力発電所が不安定になる可能性があます。日本が「原発0」でも海の向こうの近隣諸国の原発事故が起これば放射能が飛散して、大きな被害を受けることには変わりはありません。また、稼動してない原発の廃炉に際しても技術者は必要です。技術者がいなくなったらどうするのですか。
 また、集団的自衛権の行使容認を閣議決定した件でも、憲法を改正するのが筋という意見や自衛隊員が戦闘に巻き込まれる。戦争反対との意見が多いようです。しかし、日本の現状は中国、韓国、北朝鮮と反日の国に囲まれ、隙あらば侵略しようと構えています。国際情勢が大きく変わってきて国の安全をどういう風に守るか真剣に考える時です。
 反対派は憲法改正が先だといいます。一見筋が通っているようですが、憲法9条の改正が今の日本で可能でしょうか。日本国憲法は戦後アメリカの力で作られたもので日本が戦争できないように、さらに簡単には憲法改正ができないように2/3条項を組み込んでいます。その代わりとしてアメリカの核兵器により守れてきています。
 中国の経済発展とともに、アメリカにも陰りが見えて、世界の警察の役割を降りようとしています。では、日本をどう守っていけば良いのでしょうか。そのためには中国の周辺諸国と連携を取って中国に向き合っていく事が必要です。そのためには集団的自衛権の行使が必要です。反対しているのは中国、韓国、北朝鮮だけです。わけがわからないのは韓国です。北が攻めてくる朝鮮有事の時、韓国がOKを出さないと自衛隊を出せません。旭日旗を掲げた自衛隊の船も韓国の港には入港できません。今の日本の気分としてそれも良いかなと思っています。また、場合によっては、米軍が日本の基地から出動するのに事前協議を求めることもできます。自分で自分の首を締めているとしか思えません。間違っても朝鮮半島を侵略しようとは思っていません。関わりたくない気分です。
フィリピン、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドは集団的自衛権の行使は大賛成です。個別的自衛権だけというのが国際常識からずれていたのです。
 日豪首脳会談 「特別な関係」で平和築け 2014.7.9 [産経主張]
 安倍晋三首相がオーストラリアのアボット首相との首脳会談で、両国が「特別な関係」にあると確認した。事実上の準同盟国宣言といえよう。
 日豪が密接に協力し、アジア太平洋、さらには世界の平和と繁栄を担う決意を示したことを評価したい。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140709/plc14070903140002-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140719/plc14071912000018-n1.htm
 3カ国は、自由と民主主義など共通の価値観をもつアジア太平洋地域の先進国であり、いずれも中国の強引な海洋進出への懸念を有している。一方で、中国を大きな貿易相手国として抱えている。だからこそ、国際ルールを無視しがちな中国の行動を抑え、平和の下で経済活動を営むようにさせるのも共通の利益だ。中国が歴史問題で日本を批判している点について、アボット首相が「70年前ではなく、現在の日本の行動で公平に判断すべきだ」と述べた点も評価できる。
 不思議にこの関連記事は他の新聞、テレビでは取り上げていません。世界の中での日本を考えるに重要な記事であるにも関わらず「集団的自衛権の行使容認を閣議決定」に反対しているマスコミは無視しています。国民に正確な情報を流してなく、近隣諸国が反対と言い続けています。
日本の将来を国際常識で考えることが右なのですか。反日の国の言い分を言うのが左ですか、出来ればネットで左右の意見を聞いて自分で判断してください。新聞、テレビを頭から信用してはいけません。

健康寿命を延ばそう

315  2014年7月6日
健康寿命を延ばそう
 健康寿命を延ばそうと思って、スポーツジムに通っています。ここのスポーツジムは広い駐車場と温泉があることから高齢者が多く腰痛や膝痛、肩痛をかかえたり、体調不良や体力の衰えを感じて通ってきている人が沢山います。見ていると必ずしも最適なレッスンを選択しているとは限りません。中には悪化している人もいます。
 特に高齢者が健康寿命を願うなら、ピラティスの胸式呼吸法が最適です。生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患はがん、脳血管疾患、心臓病、肺炎です。タバコや食生活、運動等で予防が考えられます。その中で肺炎はタバコの影響もありますが、猫背等の姿勢の悪さから加齢とともに肺が縮んで弱ってくるかとが原因です。使わなければ障害が出るのは当然です。さらに考えるなら酸素が十分に供給できないと身体の様々な所に障害がでます。心肺機能を鍛えると言います。心臓を鍛える運動は歩く、走る、エアロと色々とあり有酸素運動と称されています。しかし、肺を鍛えるエクササイズは少ないのです。そして、肺病で亡くなる高齢者が増えてきています。
 ピラティスの胸式呼吸法はマットに仰向けに寝て、身体全体の力を抜き、空気を鼻から吸って口から吐くをゆっくり繰り返しながら、始めは軽く次第に肋骨を動かすように呼吸していきます。最初はなかなか肋骨は動きませんが、意識して続けることです。ピラティスはヨーロッパで科学的に考えられたエクサイズです。筋肉や関節についても理論的に教えられました
空気を背中から両脇、背中に送り込むとやがて肋骨もよく動くようになり、肺がよく膨らむ感じがするようになりました。肺を広げ、血液中の酸素量を増やし、お腹を引き締めることで内臓をマッサージし内臓を正しい位置に保持する事ができます。ピラティスは体幹を鍛えるエクササイズです。加齢とともに弱ってくる筋肉は外から見えないところから始まります。猫背、肺活量の低下に伴う障害、内臓が下がってきてぽっこりお腹、尿漏れ、痔など体幹を鍛えることで予防できます。
星野仙一監督は、「胸椎黄色靱帯骨化症」と診断されました。脊髄付近の靭帯が通常の何倍もの厚さになり、骨の様に固くなる、徐々に脊髄を圧迫してくる原因不明の難病です。ネットで調べてみました。
 胸椎黄色靱帯骨化症とは、ヒトの神経には、脳からの命令を手足に伝える役目を担っている運動神経と、手足や体の各部からの知覚情報(熱い・痛いなどの感覚)を脳に伝える知覚神経があります。これらの神経は人体の中心部では背骨の中の空間(脊柱管とよばれます)に保護されるような形で存在しています。この部分の神経は脊髄と名付けられています。脊髄を入れている脊柱管は胸部では12個の胸椎から成り立っています。これら12個の骨は幾つかの靱帯組織により連結されています。これらの靱帯のなかで、脊髄の背側にあって各々の胸椎を縦につないでいるものが黄色靱帯と呼ばれる靱帯です。
 黄色靱帯骨化症とはこの靱帯が通常の何倍もの厚さになり、なおかつ骨の様に硬くなり(靱帯の骨化)、脊柱の後方にある椎弓をつなぐ黄色靭帯にカルシウムが沈着することで胸椎と腰椎の連結するところに負担がかかりすぎることで起こるといわれています。プロ野球では巨人の越智大祐選手やソフトバンクの大隣憲司選手が患った難病です。
日本脊髄外科学会
http://square.umin.ac.jp/jsss-hp/patient/vertebrae.html
 胸式呼吸法により肋骨を動かすことができます。肋骨と胸椎はつながっています。素人考えですが、胸式呼吸法で背中に深く呼吸することで肋骨が動き胸椎の骨の間を動かすことが出来、伴って靭帯も緩み、靱帯の骨化を予防できるのではないかと思いました。
 1ヶ月前位から膝が痛くなりました、そのころマットでするキントレを教わりました。マットに仰向けに寝て足をあげて踵の突き上げ運動を10回、次に右側に倒す運動、片足づつと両足を上げて行います。私は寝る前にこのキントレを欠かさず続けたところ、膝の痛みは無くなりました。膝の痛みを和らげる治療法の一つに、膝まわりの筋肉を鍛えて関節への負担を減らし、ストレッチで関節の可動域を広げて動きをスムーズにすることで改善できるそうです。足を上げて行うこの方法は、膝に負担を掛けずに足の腿の筋肉を鍛えることで膝の関節が安定したのでしょう。私の場合初期で軽症だったので改善されたのでしょう。
 一方、腰痛の方は20年抱えており、腰痛から歩行がし難くなり、最初はプールで歩いていました。ジムに通って6年経ちますが軽くなったと思ったらまた痛くなるの繰り返しです。色々の情報から私の腰痛は骨盤後傾が影響しているようです。猫背で腰が曲がり前かがみの姿勢で椅子に座るとき足を前に出し椅子の背に寄りかかる姿勢から判断しました。腰の痛みからこういう姿勢になったのか、この姿勢が腰痛の原因かはわかりませんが、この骨盤後傾を直す努力を始めました。
正座で背骨を伸ばしお腹を引き締めて骨盤を立てた状態にして1分間座り、この状態を身体に覚えこませます。歩く時も同様に腹を引き締め背骨を伸ばして、お尻を締めて前かがみにならないように姿勢を正しくしています。学生時代に弓道をしていましたが、射に入る時足の内側から尻を閉め真っ直ぐ立つ体勢を取っていたことを思い出しました。一連の動きから、腹筋と大殿筋・中殿筋が弱いことを自覚しましたのでここを鍛える運動をしています。
スポーツジムの良いところは、マシンや道具がそろっていて、エクササイズが沢山あり選択でき、1人では続けらえなくても仲間となら続けられることと、弱ってきているところや使われてない所が自覚でき対策できることです。リハビリは痛んだところを直す運動ですが、加齢とともに弱ってくる所を危害分析のように予め予測して自分で対策を取る予防が大切ことです。
年寄りは健康寿命を延ばし、なるべく周囲に迷惑をかけないようにすることです。


原因と結果

314  2014年6月15日
原因と結果
 エイズ患者・感染者が過去最多 厚労省検査呼び掛け (テレ朝ニュース)
「去年1年間に報告があったエイズ患者とHIVの感染者の数が過去最多となりました。50歳以上の男性での増加が目立ち、厚生労働省は検査を受けるよう呼び掛けています。
 厚労省によりますと、去年1年間で、国内で新たに報告されたエイズ患者は484人で、調査が始まった1984年以降、最も多くなりました。HIV感染者と合わせると1590人となり、これまで最多だった2008年を33人上回りました。
感染者はほとんどが男性で、年齢別では30代が最も多い一方、50歳以上で3割近く増えました。感染経路は同性間の性的接触が7割以上を占め、次いで約2割が異性間の性的接触でした。厚労省は「発症の減少が見られず、油断出来ない状況」として、HIV検査を受診するよう呼び掛けています。
 このニュースを見て、何となく違和感を感じました。厚生労働省が呼び掛けるのは、先ず感染予防でしょう。検査は結果であり、原因を止めないと感染者は減りませんよ。先進国は軒並み、新たな感染者は大きく減少し、押さえ込みに成功しています。先進国では日本だけが増加しています。
 20年前、横浜で国際エイズ会議が開催されました。私はその2年前位からエイズに関心を持ちエイズの赤ちゃんにベビーキルトを贈るというボランティア活動を始め、チェンマイ(タイ)、マニラ(フィリピン)、クアラルンプール(マレーシア)メルボルン(オーストラリア)、神戸(日本)とアジア太平洋エイズ国際会議のエキジビジョンブースに参加しました。多くの講演会を聞きました。性感染による予防はコンドームの使用です。覚せい剤や麻薬の注射器の回しうちです。何故か日本ではこのコンドームによる予防法は嫌われていました。エイズの予防対策が不十分であることをこのニュースは示しています。
「韓国売春の海外進出が止まらない。」韓国の行政機関で「省」に相当する女性家族部が発表した。
 「2004年に売春禁止法が制定された韓国だが、施行10年目を迎えて売春婦の海外進出が急増していることが明らかになった。すでに2010年の時点で外国で売春する韓国人女性は全世界で約10万人いるとみられ、国別では日本に約5万人、オーストラリアに約2500人、グアムには約250人が滞在しているという。」
http://dametv.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-f201.html
韓国では、売春婦にHIVを感染させて、日本に送り込んでいるといるという記事がネットにありました。反日の韓国ですから、ありそうな話です。それなのに、不法就労で韓国に強制送還しても数年したら日本に入国できるそうです。エイズ感染を防ぐ意味からも売春婦を水際で防ぐ政策が望まれます。

「原因と結果の法則」ジェームズ・アレン著を読みました。
ジェームズ・アレンは英国が生んだ謎の哲学者です。1901年に書かれたものですが、世界中でいまなお着実に売れつづけているという驚異的なロングセラー書です
「思いと健康」の章から
きれいな思いは、
きれいな習慣を創りだします。
自分の心を洗わない聖者は、
聖者ではありません。
肉体は心の召使いです。それは、心の中でめぐらされる思いに、常に従っています。意識的に選ばれる思いであろうと、反射的に巡らされる思いであろうと、まったく関係なしにです。肉体は、暗く汚れた思いに付き従い、病気や衰退へと沈んでいくこともすれば、楽しく美しい思いに付き従い、健康と若さの衣を身にまとうこともします。
 病気と健康は、環境同様、心の中で巡らされる思いの明らかな現れです。病的な思いは、それ自身を病的な肉体を通じて表現します。恐れは、人間を弾丸にも劣らぬ速さで殺すことさえあります。それは、また、はるかにゆっくりとではありますが、別の様々な方法で、無数の人々を確実に殺しつづけてもいます。病気を恐れながら生きている人たちは、やがてそれを実際に手にする人たちです。
あらゆる種類の不安が肉体を混乱させ、混乱した肉体は、病気に対して無防備です。汚れた思いは、たとえ行動に移されなくても、神経系をずたずたにしてしまいます。強くて清らかで幸せな思いは、活力に満ちた美しい肉体を創り上げます。肉体は、繊細で柔軟な装置であり、くり返される思いに速やかに反応します。
つねに愛に満ちた思いを巡らしながら、あらゆる人に好意を抱き、あらゆる人と楽しく接し、忍耐をもってあらゆる人のなかに良いものを探しつづけることは、天国への王道です。
あらゆる生命体に対する深い思いやりとともに毎日を生きる人間には、大いなる安らぎがもたらされます。
病は気からと言います。病気も心に原因があることを示しています。食中毒も感染症も感染原因に注目すべきです。原因となる危害要因を知って、予め対策を採ることが大切です。
よく言われるのが心筋梗塞や脳梗塞の基礎疾患として挙げられる「死の四重奏」。内臓脂肪型肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病の4つが揃っていることを言い、死亡率は、そうでない人に比べて30倍以上も高くなるという調査結果がある。これにさらに喫煙習慣を加えた「死の五重奏」という。高齢者は肺の疾患で亡くなることと私のヨガやピラティスの経験から、心肺機能の内肺機能を鍛えることが大事です。

「外食の裏側」を読む

313 2014年6月1日
「外食の裏側」を読む
「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。河岸 宏和 (著) を読みました。
著者の河岸さんはメルマガ「食品工場の工場長の仕事」や「スーパーの裏側」など多数の著書を出しています。
 http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E5%A4%96%E9%A3%9F%E3%81%AE%E8%A3%8F%E5%81%B4%E3%80%8D%E3%82%92%E8%A6%8B%E6%8A%9C%E3%81%8F%E3%83%97%E3%83%AD%E3%81%AE%E5%85%A8%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%80%81%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82-%E6%B2%B3%E5%B2%B8-%E5%AE%8F%E5%92%8C/dp/4492223398
 河岸さんはたくさん食品衛生関係の仕事を経験されています。その経験を基に書いています。テレビタレントの「美味い」の言葉にだまされず、偽者を見分け自分で本当に美味しい店を見つけましょう。
「日本の食料自給率は4割なのに、何故、スーパーには国産品が多いのか? 多くの輸入品はどこに行っているのか? 輸入品ももちろん売られていますが、生鮮野菜、果物、お菓子、魚、肉は少ないようです。外食、中食が大半の輸入食品の受け皿となっています。
 理由は、安い、量が確保しやすい、スーパーで売れない外国産が回ってくるからです。国産に比べると、輸入食材は2分の1か3分の1の値段です。国産野菜はスーパーに持っていかれる。スーパーは産地を表示しなければいけないので国産品を優先的に選ぶ、外食産業は使用する野菜の原産地表示は不要で、量の確保ができるものを買うので必然的に輸入野菜が増えている。
外食では、自分がどんなものを食べているのか、誰も「本当のところ」はわかりません。どんな材料で、誰がどこでどのようにつくっているのか、その-裏側はなかなか見えないのです。
「ひじきの煮物」は遠い東南アジアの国でつくったものかもしれないし、「ハンバーグ」には肉以外の「混ぜもの」がたくさん入っているかもしれない。外食というのは、その裏で何が起こっているかわからない、最大のブラックボックスなのです。それは同時に、「食品業界最大のタブー」でもあります。
 2013年に一流ホテルでメニューの表示偽装が次々と発覚しましたが、一流ホテルでも「裏側」ではこんなウソをついていたのかと消費者を唖然とさせたものです。一流ホテルにも職人がいなくなったのか、職人がプライドを捨てたのかはわかりませんが、偽装する理由はただひとつ。「儲け」のためです。」(外食の裏側より)
外食・中食業界では輸入食品、仕入れ食品が多く、成型肉、チーズフード、古米等が多く使用されている実態を書いています。
成型肉に使われるのは端肉や内臓肉でこれらは形状がミンチ(ひき肉)状だったり、ドロドロだったり、要するに肉としての形を成していません。それを強引にくっつけて固めるために、「結着剤(リン酸塩)」を使います。「リン酸塩」は保水性を高めるので、肉がジューシーになり、カサを増すこともできます。味も食感も悪いので、これを「食べられる状態」にするために、やはり加工が必要になります。「ビーフエキス」や一調味料(アミノ酸等)」などを使います。また「植物性タンパク」で増量すると色が白っぽくなるので、肉の色らしく茶色くするためにカラメル色素などの着色料で色をつけます。外食店では、使用している食品添加物を表示する必要はありませんので気づかないのです。
牛肉は出血性大腸菌群、豚肉は寄生虫、鶏肉はサルモネラ菌、キャンピロバクター菌というように、すべての肉は菌や寄生虫に汚染されている危険性があります。牛肉の場合は、出血性大腸菌群が付くのは表面だけで、肉の中にまで入り込むことはありません。普通は表面を焼けば、出血性大腸菌群は死滅します。だから、牛肉はレアやミディアムで食べられるのです。
一方、豚肉や鶏肉は、表面だけでなく内部まで寄生虫やサルモネラ菌、キャンピロバクター菌に汚染ざれている危険性があります。だから、しっかり中まで焼いてから食べないといけないのです。
ただし牛肉でも、成型肉は事情が少し異なります。成型肉を加工する段階で、牛肉の表面についている大腸菌などが、インジェクターの針で肉の内部に入ってしまうのです。そうなると肉の表面だけ焼いても、内部に入った大腸菌は死滅しません。
中までしっかり火を通せば大丈夫ですがレアやミディアムなどの状態で食べたら、中毒のリスクがあります。
現役の時は多くの国内の食品工場を見てきました。食品衛生コンサルタントの海外研修でタイ、中国、台湾、ベトナムと海外の食品工場の視察をしました。日本の食品メーカーや商社が管理している食品工場は日本の工場と比べても遜色がないどころか清潔でしっかりしています。輸入食品だから危いとは言えませんし、国内産だから大丈夫とも思いません。また、食品添加物や残留農薬も基準が守られていれば大丈夫だと考えていますので、輸入食品だから仕入れ食品だからダメとは思いませんがごまかしたものや味が劣化したものはそれなりの価値しかないと考えて、お店やメニューを選択すれば良いのです。テレビタレントの「うまい」にだまされないように、この本はお役にたちます。格安バイキングはそれなりの食材が使われているということです。






SIMフリーの格安スマホ

312 2014年5月18日
SIMフリーの格安スマホ
 産経新聞に「格安スマホ、シニア層の需要呼び起こす 60代以上が6割、端末とサービスセットで人気」2014.5.7の記事がありました。
 通信サービスを組み合わせて4月18日に売り出した格安スマホ「フリーフォン」は、好評なので今後の展開も検討している」 端末と通信サービスがセットの上、格安という買いやすさが、スマホに興味を抱いていたシニア層や主婦の購買意欲を刺激したようだ。」産経新聞
私は、相変わらず携帯電話のガラケーを愛用していますが、70歳を越すと仕事も減ってきて、携帯電話を利用する回数も減ってきて、家庭との連絡電話、Cメール、Eメール、スケジュール、アラーム位の利用で、2人で料金は8000円程度です。パソコンでインターネットしていましたのでスマホには興味がありませんでした。
年に数回海外旅行をしますので、携帯はAUのGLOBAL PASSPORT仕様を使っています。携帯で海外で使えるのはソニーと東芝の機種位になっています。
SIMフリーのfreetelのコピーに「1年の間に5日以上海外に行くならfreetelが断然おトク」とありました。日本の携帯電話は、通信料が世界一のレベルで高いのです。さらに海外に行くと、日本から持ってきた携帯電話を使うと、契約により通話料金とは別に、最大1日3000円近くかかってしまいます。
SIMカードとは、電話番号などの契約情報が記録されたICカードでSIMカードを携帯端末に差し込むことで自分の契約で端末を運用することが出来ます。
SIMフリーとは、シム(SIM)カードの種類を選ばずに使えるシステムのことです。「freetel」のスマートフォンはSIMフリーで、どのキャリアのSIMフリーのカードを挿しても、通信通話にご利用できます。
国内の主力キャリア(Docomo、KDDI、Softbank)は、そのキャリアで契約したSIMカードでしか使用できないSIMロックをかけていいます。他社のSIMカードは使えませんし、そのキャリアのSIMカードは原則として他社の機種では使えません。
日本の通信サービスでもSIMフリーのカードを出しています。携帯電話会社を変更する際に、電話番号をそのまま継続して利用できる仕組みのMNP(Mobile Number Portability:携帯番号ポータビリティ)の可能なカードもあり、通信網はドコモを使っていて、つながり具合は問題なさそうです。 
SIMカードはIIJmio SIMのみおふぉんの音声通話機能付を選んでみました。ファミリーシュアプランですと3,844.8~円(税込)(月額料金:2,764.8円+音声通話機能付帯料:1,080円/枚)+位になり、現在のガラケーと同様の使用法ではかなり安くなります。
 freetelはWi-Fiに接続して使うことができます。Wi-FIの特色は、スマホの通信速度が速くなる。LTEや3Gという携帯電話の通信スピードよりもWi-Fiのほうが一般的に高速です。高速だと、You tubeをスムーズにみれたり、アプリを ダウンロードするスピードが速かったりします。また、スマホの通信費の節約になります。スマホの通信費は、3Gを使ったデータの量による課金モデルが多いです。WI-Fiを使って通信をすれば3Gの通信を使いませんので通信費の節約になります。
 私はパソコンのインターネット接続をWIMAXに変更しましたので、WiFiルーターを持っていれば通信費の節約にもなります。また、インターネットにつながるなら、家族との連絡はLINEででき、電話料の節約となります。
 freetelで注目しているのは、海外での利用です。デュアルシムとはその名の通りSIMカードを2枚セットすることができます。メリットは、海外で利用した時に効果が発揮される。「freetel」は海外のSIMカードにも対応しています。つまり海外に行った時に現地の量販店やコンビニなどで売っているSIMカードを買ってセットすれば、現地の安い通信料で通話したり、インターネットをすることができます。日本の通信会社のSIMカードをセットしたまま、海外でデータを使おうとすると1日あたり980円~2980円かかり、非常に割高となる。また通話料も国内の料金は適応されない為、非常に高くなります。
では、外国でその国のSIMカードを購入するには、どうしたらよいかは、先人がネットに書き込んでくれています。たとえばネットで「外国SIM スリランカ」と国名を入れて検索すると情報が出ていることがあります。1000円以下でネットも電話も可能です。
freetelはテザリングの機能を持っています。テザリングは、簡単に言うとスマートフォンをモバイルルーターにする機能です。これを使えば、Wi-Fi環境がない屋外でも、パソコンやゲーム機でインターネットを使うことができます。私は海外にタブレットの「Kindle Fire HD」を持っていきます。これにWebメールを入れていき、海外SIMの安価な料金でメールチェックとネット閲覧が自由にできますし、LINEも使えます。
freetel にSIMが入っていて、通信ができる状態になっていれば、テザリングボタンをぽんとタップすると、お客様がお持ちのほかのタブレットやパソコンやPSP もfreetelを経由してインターネットにつながるのです。
 
http://www.freetel.jp/
http://ameblo.jp/freetel/theme-10078808003.html
辛口紹介 freetel購入の前に知ってほしいこと(コメントもどうぞ)
http://tame0204.info/blog-entry-262.html

 携帯やスマホは日本では長らく3社独占状態が続いていました。それを維持するため、SIMロックや2年契約と違約金で縛っていました。そして、最大公約数的なサービスを盛り込んでいました。
 生活環境が変われば携帯やスマホの使用目的、頻度が変わります。特にシニア層はスマホに多くを求めませんので、ガラパゴス携帯で間に合わせていました。年金暮らしではスマホに多くのお金は払えません。一方、シニアは海外旅行が好きで、海外で自由にスマホを使いたいと思っている人はたくさんいます。SIMフリーのスマホが出現し、極力無駄を省いて本体価格を安くして、外国SIMの使用可能、WiFi接続、テザリングと便利な機能を盛り込んでいる事に感心しました。アプリを制限し必要な機能を求めるなら十分かな。

無線サービスに変更するに当たっての注意点

311 2014年5月4日
無線サービスに変更するに当たっての注意点
 最近、NTT西日本、KDDI、BBIQから「光回線が安くなります」との電話勧誘が頻繁にあります。現在はBBIQの光回線で毎月6200円位払っています。私のは高いのでしょうね。また、競争も激しくなっているようですね。テレビでもイーモバイルやAUのモバイル無線サービスのコマーシャルを行っています。
 そこで、無線サービスについて調べてみました。ネットで探していると「元販売員が徹底解説モバイルWi-Fiルーターの比較」というホームページを見つけました。
 「私は元販売員としてイーモバイル・ドコモ・WIMAXと各キャリアの専門スタッフとして都内の量販店に数年間勤めていました。その経験を活かしてモバイルWi-Fiルーターの比較や解説を徹底的にしていこうと思います。適当に量販店(電気屋さん)に行っても、上手いことまくし立てられて本来自分の希望する以外のキャリアで契約させられているのが実情です。」
http://www.mobile-wi-fi.info/index.html
 無線サービスの欠点や盲点について知らない事が色々かいてあり、無線サービスを利用するなら見ておいた方が良いでしょう。
 光通信に比べて価格は魅力で月に4000円以下で4割節約になります。光回線に比べ工事もなく、接続は簡単です。しかし、良く調べないとうまく行かないこともあります。
 満足がいくルーターを使えるかどうかは通信キャリアを選ぶ時点でほぼ決まってしまいます。無線の場合は、有線と違ってパソコン等の機器の設置場所によってつながり具合は異なっていきますので、実際に使用してから契約したいのですが、残念ながらほとんどの通信会社は難しいようです。エリアが入らなかったからという理由でキャンセルは基本的にできません。
携帯電話の回線がパンク状態であるとのニュースがここ数年よく流れますが、それはこのようなWi-Fiルーターでも同じことです。どこの会社も逼迫しています。そのため、どこの会社も一定の基準を設け、それを越えた利用者に対して通信制限(帯域制限)を行っています。簡単に言うと、ある程度使うと速度が遅くなりますよってことです。家電量販店であまり説明をされない場合も多いみたいで、知らずに他社を契約している場合も多々あります。自分の実際の使用頻度を考慮して契約しないと泣きをみます。月に7GBとか、3日で1GBとか言われても良くわかりません。実際に使わないとその制限に納まるのかどうか、また、超えた時の状態はどうかもチェックしたいですよね。
 日本の通信キャリア、通信会社で無線サービスを行っているのは、イーモバイル、WiMAX、DOCOMO、ソフトバンクです。
 WiMAXはモバイルWi-Fiルーターの中で唯一、制限がありません。固定回線の代わりに使いたい、スマホでもPCでも繋ぎたい・・・といったような感じであれば選択肢としてWiMAX以外は厳しくなってきます。
携帯、スマホ、光通信も同じですが。多くは2年契約で途中解約は違約金を取られます。そして期限が来ると自動契約となり、自動契約となると再び途中解約は違約金が発生します。違約金無しでの解約は25ヶ月目のわずかの期間しか出来ないことになっています。パソコン等の機器の提供やキャッシュバックにつられて契約すると泣きをみます。
WiMAXの場合は無料の「Try WiMAX」2週間お試しサービスがあります。実際のつながり具合が確認できて親切です。
http://www.uqwimax.jp/service/trywimax/
 そこで私も「Try WiMAX」申し込んで接続してみた経験を書いてみました。
私は、家でも外でも使いたい。自宅では固定回線代わりに使ったり、外ではスマホやタブレットなどの端末を使ったりもする予定です。
機種は「Wi-Fi WALKER HWD14」という機種を選びました。「HWD14」は通信速度をノーリミットモード(WiMAXで制限なし)、ハイスピードモード(WiMAX、WiMAX 2+)、ハイスピードプラスエリアモード(AU4G LTE)と3波の切り替えが出来ます。
 WiMAXは、受信最大:40Mbps、送信最大:15.4Mbpsで受信できる地域が全国的です。WiMAX 2+ は受信最大:110Mbps、送信最大:10Mbpsで東京環七内側よりサービス開始し、北九州市はまだ来ていませんが来年3月くらいだそうす。AU4G LTEは広範囲に網羅しており、スピードもでています。
WiMAXの魅力は高速のWiMAX 2+と制限なしです。「光回線が安くなります」との電話勧誘は今の内にお客を抱えこもうとしているのでしょう。WiMAX 2+が普及すると光回線は影響を受けるでしょう。
WiMAXのエリアを確認すると我が家付近にも来ています。
http://www.hi-bit.co.jp/wimax/servicearea.html
実際に「HWD14」を使ってみると、WiMAXは障害物に弱く我が家のパソコンの位置ではアンテナ(HWD14の左上に表示)が1本でウエブ閲覧も遅くそのままでは使い物になりませんでした。WiMAX 2+は来年春ということで現時点では使えません。
AU4G LTEはアンテナが4本立ちサクサクと動画も見ることができます。問題はAU4G LTEは月に7GB、3日で1GBの使用制限があります。7GBや1GBと言っても実際に自分の使用状況を調べて見ないとわかりません。
 「HWD14」には使用量を測るカウンターが有りましたので調べてみました。私はゲームや音楽では使いませんし、動画はたまにしか見ません。しかし、為替のFXを少しだけしていますのでパソコンに常時(15時間位)罫線を表示しています。
 閲覧では1時間で0.06GB、動画ですと1時間で0.2GBつかいます。動画を1時間見るとして、1日の使用量は0.06GB×15時間+0.2GB=1.1BGとなり、1ヶ月30GB近くなり、AU4G LTEの制限を越えています。これは、どの通信会社の無線サービスでも同じことです。
そこで「WiMAXの電波を良くする方法」で検索をかけると色々と方法を紹介するページがありました。リフレクター (反射板)を使う方法があり、A4の厚紙にアルミホイールを鏡のように貼りました。少ししわをつけた方が良いそうです。パソコンの位置は固定ですのでUSケーブルで繋ぎHWD14を高い位置に置き、リフレクターを窓際にHWD14に光が当たる角度に置いてみました。するとアンテナが2、3本立ち、ネットの閲覧はストレスなくできるようになりました。多くの時間はノーリミットモードで利用でき、動画等の時はAU4G LTEに切り替えると今までと同様に動きます。
パソコン、携帯電話、固定電話と我が家でも通信費は結構かかっており、消費税も増税となり見直しが必要です。しかし、良く調べないと使用制限や不通、違約金、といった問題が潜んでいて、量販店の店頭でキャシュバックやパソコンをタダあげますといった口車に乗らないようにしましょう。

小保方晴子論文の騒動について

310 2014年4月20日
小保方晴子論文の騒動について
小保方晴子さんの記者会見の後半を見ました。すごくしっかりした人です。ものすごいプレッシャの中で慎重に言葉を選び、理研への批判を極力押さえていました。
理研の発表後、ネットに多くの意見が掲載され、それらのブログや新聞記事を見て回りなしたが、私は何となく違和感覚えていました。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2233.html ねずさんのひとり言
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2235.html#more
http://critic20.exblog.jp/ 世に倦む日日 数本
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51892484.html#more 池田信夫 blog
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51892584.html#more
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51893368.html#more

マスコミや科学者は小保方論文に批判的な人が多いようです。テレビのコメンテーターは言いたい放題といった様子です。この中では「ねずさんのひとりごと」が当得た記事で共感しました。
マスコミはノーベル賞クラスの発表とさんざん持ち上げ、写真の取り違えとか、コピペが見つかったら手の平を返したようにたたいています。
大宅映子(評論家)は、「テレビなんか観ていて、専門家というの方が『30歳のお嬢ちゃんが』みたいなコメントをする。それも気に入らなかったし、彼女一人にワアワアと悪者にしている。両方とも気に入らないですね。問題は彼女個人の問題じゃないわけで、STAP細胞があるかないかの話ですよ。そうじゃない所にばっかりフォーカスが行ってる所が凄く気持ちが悪い。日本の科学は科学的でないってことが世界に言い触らした形になっていること対しての問題です。」と言っていました。さすが、視点がしっかりしています。
 4月1日、理化学研究所の調査委員会は小保方晴子・研究ユニットリーダーが「捏造(ねつぞう)にあたる研究不正行為を行ったと判断した」との最終調査報告を発表した。不正は小保方氏単独で行ったと発表しました。
理化学研究所の内規では、調査委員会が設置された場合、「150日」の調査期間内でじっくり行うことになっているにも関わらず、今回の小保方晴子博士の件 については、「わずか14日」という短期間で調査を終えて最終報告書を提出している。しかも、小保方晴子博士の聞き取りもおざなりで、肝心な「研究ノー ト」については、小保方晴子博士から手元にある「2冊」を提出させて、これを逆手に取って「3年間の研究ノートは、たった2冊しかなかった」と力説して、 「怠慢だ。未熟だ」などと殊更、人格攻撃した。この段階で「改ざん」、「捏造」という言葉を使い論文の取り下げまで言い出しています。
肝心なことは、「STAP細胞が完成すれば、それは巨大な利権になる」という問題です。STAP細胞というのは、いわば万能細胞です。何にでも生まれ変わることができる。ですから、たとえば肝ガンや胃ガンに犯され、その一部切除などをするという医療治療を施したとき、このSTAP細胞があれば、切り取った内蔵などを、まるごと再生することができる。これが実現すれば、まさに従来医療をひっくり返す、まったく新たな治療方法が確立するわけです。そしてその根本となる細胞についての世界特許を持った人もしくは団体は、将来にいたるまで、数百兆円規模の巨額の利権を手に入れることができることなのです。
論文を取り下げたら、研究成果が無かったことになり、この研究を狙っている誰かが出してきて横取りされてしまいます。
「小保方さんが実験ノートを全部提出していない」という話は、それを出した瞬間、小保方さんの実験成功の利権を狙う者たちからしれみれば、小保方さんの存在価値も、小保方さんの実験のためのこれまでの努力も、全部なくなるだけでなく、小保方さんの身の安全さえも保証されなくなるのです。ノートなど、肝心のところは出さないのがあたりまえです。
論文はあくまで論文であって、作成方法は丸裸にはしないというのが最先端の科学技術分野では、あたりまえのことです。実験成功と、公表の問題は、まったく別なのです。
4月1日、理化学研究所の発表を見て、私が感じたのは「男の嫉妬」じゃないかと思えたのです。高名な権威ある研究者達が長く研究生活を長くやっとここまで来たのに、若い女性が割烹着を着て、ノーベル賞クラスの論文をNature誌に発表し注目をあびた。面白いわけはありません。その後、あら捜しをして数箇所見つけ、マスコミを動員して、彼女を攻め立てている構図を思い浮かべています。
論文内容のSTAP細胞があるかないかの話について踏み込んで批判や取り下げ勧告なら分かりますが、枝葉末節の添付した写真やコピペというのは訂正すれば良いのではないでしょうか。この部分については謝罪して訂正しています。
理化学研究所が、最終報告書の提出を急いだのは、特定国立研究開発法人(仮称)」に指定されたかったからであることと言われています。「巨額予算」に目が眩んでしょうね。実に見苦しい姿だ。若い優秀な研究者を育てなくてはならないのに、皆で足を引っ張り、場合によっては、研究成果を外国に取られてしまいそうになっている。今の段階で、その研究者をつぶしてしまうことになります。もし、日本がこの問題でSTAP細胞の開発研究を滞らせば、日本は巨額の国益を損ねる結果となる、ということです。
ここは、国が全力をあげて小保方さんを完全に保護し護らなければならないものと思います。しかし、日本のこのような状況なら、小保方さんはとても日本で研究続行は難しいでしょう。米ハーバード大学に戻るのも良いかもしれません。
国家戦略に基いて中長期的に研究に専念できる環境を整え、優秀な研究者を集めることができるように支援するための特定国立研究開発法人の指定が結果的に優秀な若き研究者を潰すことになってしまうかもしれないという皮肉です。

新人研修について

309 2014年4月6日
 新人研修について
 新年度になりました。いよいよ消費税増税です。各種の景気対策が打ち出されてきています。大震災復興、震災対策、橋や道路の補修等の公共事業を前倒し発注して、GDPを引き上げようとしていますが、現場はそうはいきません。出来ないのです。建設・土木は人手不足になり受注できない状態です。
 今、日本人の若者に間に、不安定な雇用(非正規)で安い給料にもかかわらず大量の仕事を任せられて「やってられない」として集団で退社する事態になり閉店に追い込まれる牛丼チェーンも出てきました。また、居酒屋大手のワタミは「店舗での労働環境改善のため、2014年度中に運営する約640店舗の約1割にあたる60店舗を閉鎖する」と発表しました。「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが、国内のユニクロ店舗(2013年11月末856店舗)で勤務をする全パート・アルバイト約3万人の半数以上に当たる1万6000人を正社員化する方針を打ち出しました。
 雇用状況に変化が出ており、能力の高い人を雇用し、確保していくことが重要になってきました。特に飲食業界は出入りが激しく人材確保が難しくなってきています。そこで重要になってくるのは優秀な人を育て上げる教育です。

 私が新人教育でお話するのは、食の安全と安心についてです。特に食中毒、その中でもノロウイルス予防対策です。WHOが提唱している「食品をより安全にするための5つの鍵」(Five Keys to Safer Food :WHO)を中心にお話します。
5つの鍵は
 1.清潔に保つ  (Keep clean)
 2. 生の食品と加熱済みの食品を分ける  (Separate raw and cooked)
 3.よく加熱する            (Cook thoroughly)
 4.安全な温度に保つ         (Keep food at safe temperatures)
 5.安全な水と原材料を使う      (Use safe water and raw materials

 保健所で使っている食中毒予防標語は「つけない、ふやさない、殺す」です。
2.3.4が相当します。1.清潔に保つと2.安全な水と原材料を使うがありません。食中毒の原因となるのは1.5が多いのです。
 食品産業は清潔が大事です。清潔はお客様の信頼を得る、信用や売り上げの伸びにつながる「清潔さ」でイメージアップが図る重要なポイントです。また、食中毒等の危害を防ぐために大事なことは、微生物レベルの清潔です。細菌やウイルスは肉眼では見えません。
 清潔を達成するには「整理、整頓、清掃、洗浄、殺菌、しつけ、清潔」の食品衛生7Sが有効です。「整理、整頓、清掃」で清潔さを作り、見た目のイメージをアップさせることができます。
 「洗浄・殺菌」で顕微鏡レベルの「清潔」を達成します。しつけで整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌のルールを理解させ確実に実行させます。しつけは整理、整頓、清掃、洗浄、殺菌のマニュアルを教えるとともにもっと良い方法が無いかを現場で考えさせる改善活動に繋げることができます。そのためには、小グループで参加形の研修で知恵を出させます。提案制度を設けアイデアを募ります。そうすると参画意識が形成され、仕事に対して生きがいを感じる動機付けとなり、モチベーションがあがります。
食の安全の中心である食中毒防止にも効果的です。今、食品業界はノロウイルス食中毒対策が重要です。ノロウイルスは人のお腹の中だけで増えて、食品中では増殖しません。またノロウイルスは非常に小さくトイレットペーパーを通過する恐れがあります。トイレットペーパーを握った方の手の中指、薬指、人指の3本の指先を意識してよく洗うことで他所に汚染を広げることを防止します。
ノロウイルスが増える箇所と予想される感染ルートが分かっているのに何故、ノロウイルス食中毒がこんなに多く発生するのでしょうか?手洗いの方法とタイミングが分かってないからです。では、手洗いを何時するのか?誰も見てない自宅のトイレできっちり手を洗うことが出来るようにしつけることです。会社内だけの手洗いでは足りません。個人衛生をしっかり教えて実行させることです。

シンガポール視察研修報告

297 2013年10月5日
シンガポール視察研修報告 
 9月8~11日の食品安全ネットワーク主催のシンガポールISO/HACCP視察研修に参加しました。残念ながら、今年は、訪問先に食品製造業はなく、食品販売業、食品検査会社、デパートの地下飲食店等が主体となりました。
 「Kirei Japanese Food Supply Pte.Ltd」はシンガポール随一の日本食品や飲料のサプライヤーです。日本酒、焼酎、日本米、うどん、醤油、漬物等を日本から輸入して、主としてレストランに供給しています。シンガポールでも日本食は人気があり、着実に売り上げが伸びています。輸送に2週間位かかり、賞味期限との関係で賞味期限の短いものは取り扱いが難しいと言っていました。福岡の米「元気つくし」の大きなポスターがありました。しっかり売り込んでいます。
 倉庫を見せていただきましたが、種類が多く整理・整頓が今ひとつで賞味期限が厳しいなら特に整理・整頓をして、先入れ先出しを徹底できるように在庫管理をする必要があるでしょう。

 シンガポールSGSは、検査、検証、試験および認証サービスを世界のあらゆる場所で提供しています。サービスを利用することで、品質と生産性を改善し、リスクを低減し、適合性を確認することで、市場への投入時間を短縮し、持続可能な手法で事業を経営できるようにすることができます。
 自動車や家庭に供給するエネルギーなどから食卓に上る食品や身に着ける衣服まで、効果的なソリューションをご提供することができます。 また、弊社は情熱、高潔、起業家精神、イノベーションの面で高い評価を得ておりますので、お客様の目標を実現するために、信頼できるサービスをご提案することができます。ちなみにシンガポールSGSの利益のトップは原油や天然ガスの検査料だそうです。
 SGSから衛生7Sについて知りたいので討論会の申し入れがあり、SGS側の会社の概要説明の後で、「食品衛生7S」の講義を米虫先生が行いました。関連の担当者が出席し熱心にきいて、質問もしていました。5Sは理解しているようですが「洗浄」「殺菌」を加えた微生物レベルの管理手法に感心していたようです。

 スーパーマーケットを3社まわりました。「フェアプライス」は国内のスーパーマーケットシェアNo.1を誇る生協系のスーパで、スーパーマーケット、ハイパーマーケット、コンビニエンスストアなどあわせて220店舗以上を展開しています。
 創業100年以上の老舗スーパーマーケット「Cold Storage(コールド・ストレイジ)は、小奇麗で整然とした店舗高級食材も扱っています。
 ゲイランにある「ShengSiong」は下町の激安スパーといった趣です。ゲイランは色町と言った町です。ここでライチに近いような甘酸っぱさにロンガンを久しぶりに買いました。9月のチェンマイではよく食べていました。
 全てのスパーで果物や紅茶等の買い物をしてみましたが、どこもレジの対応が悪く、遅いのです。日本ではレジでお金を払い品物は別の台で自分で袋に詰めます。サービスの基本がスピードですが、シンガポールでは、レジの女の子が客の動きを見ずにおしゃべりしながら、袋に丁寧に入れてくれます。それを後ろに並んだ客がいらいらしながら見ています。日本人はせっかちなのでしょうか、
 「シンガポール高島屋」で地下の飲食店街を見て回りました。吉野屋等日本企業も多く進出して、お客がよく入っています。値段は九州地区より高めで東京並みでしょう。吉野家と言っても280円の牛丼はありません。セットで500円位です。感心したのは床が大変綺麗なことです。さすが高島屋です。清掃が徹底されています。中華系の客も多いのですが店の努力でこのように綺麗になるのですね。

 シンガポールには立派な植物園が2つあります。ボタニック・ガーデンと呼ばれているシンガポール植物園は敷地は63.7ヘクタールもの広さで中に国立洋ラン園 (ナショナル・オーキッド・ガーデン)があります。国立洋ラン園は、植物園の中でも一番の見所であり、約1000の原種、約2000の交配種の洋ラン、約6万株が3ヘクタールの丘に集められている。ランの交配と繁殖に熱心に取り組んでおり、ここを訪れたVIPの名前がついた蘭も見ることができる。天皇陛下を記念しAkihitoと命名されたランもありました。雅子妃殿下のランもありました。
 マリーナ・ベイ・サンズのスグ隣りの海側に、巨大な植物園・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイが誕生しました。
 「Cloud Forest」は、ガラスドームの中に高い山を人工的に作り30mの高さから滝が流れ落ちています。9階の高さにあるブリッジを歩くと、熱帯の雲霧林に育つウツボカズラ、シャクナゲ、ラン、シダ、エアプラントなどが鑑賞できます。あちこちから冷たい霧をいっぱい噴射しています。
「Flower Dome」は、大きなガラスドームの中にシンガポールでは高温で育たない植物、オリーブ、ナツメ ヤシ、バオバブ、シャクナゲ、フーシャ、アジサイ、ゼラニウム、ユリ、バラ、つばきなど地中海性気候に温度を設定しています。
庭園の造り方は日本とは違います。大きな滝を作り、どうだすごいだろうといった作り方です。実際お金がかかっているだろうなぁという作りです。
シンガポールは3回目ですが、来るたびに変貌しています。金融、観光に力を入れているのがわかります。例えばカジノは国営で、外国人は入場料はただで、シンガポール人は80S$(640円)を取って制限しています。中国人が押しかけて大きな利益を上げているそうです。

食品衛生7S実践事例発表会」

308 2014年3月16日
「食品衛生7S実践事例発表会」
前号に引き続いて「食品衛生7S実践事例発表会」から優秀課題に選ばれた株式会社あわしま堂の発表について書いてみます。愛媛本社工場京都伏見第一工場京都伏見第二工場品質保証室花野章二氏が発表しました。
 あわしま堂は創業1972年で資本金:2億1393万円、従業員:798名で愛媛と京都の工場で、約120アイテムの和菓子、洋菓子を製造しています

【食品工場7Sの取組み】
 加工乳による大規模食中毒事故(2000年)以来、消費者の食品会社に向けられる目線が非常に厳しくなり、安心、安全な食品が提供できなければ生き残ることが出来ない時代になりました。当社での「5S活動」としてのスタート当初は、品質管理担当者が地道にコッコツと5S巡回とその数値評価を続けていました。
 そうする内に、その数値評価と商品事故の増減に相関関係が見えてくるようになり、経営トップの理解と後押しを得て前進するようになったのです。
 今では、全社的な活動に成長しつつあり、継続的改善を進めています。商品事故減少効果のほかにも、生産性向上、労災防止など利益を出す工場に変化するだけでなく、工場に視察、監査、見学に来られた得意先様、一般のお客様に「安全、安心な工場」を見ていただくことによる大きな「営業活動」となっています。

私のコメント
 食品衛生7Sを定着して発展させることは非常に難しく、品質管理担当者が地道にコッコツと5S巡回とその数値評価を続けていくことで成果が見えるようになって経営者に認められてシステムとして始めて定着しています。ここまでの道のりが重要です。職場がきれいになり、全員が前を向き、モチベーションが上がってくるとうまく回転して成果が出てきます。
 食品衛生7Sは上手な営業活動なのです。工場見学や商談に来られたお客様が玄関に入った瞬間にきちんと整理・整頓されて元気な挨拶をされるとそれだけで印象が良くなります。企業イメージを上げる良いシステムです。 

【整理】
 先ず、不要品を徹底的に排除することから開始し、「必要なもの」と「不要なもの」の中間品を「不急品」として管理するようにしました。廃棄の判断・決断のできる役員の方にも入っていただいて「不要なもの」は廃棄しました。
【整頓】
 必要なものを、必要なときに、必要なだけ、誰でも、すぐに取り出せる状態にする」ために『3定』(定位、定品、定量)を徹底的に行いました。
【清掃】
 食品工場の清掃は食品残渣を徹底的に除去すること「清掃しやすい工夫、汚さない工夫、清掃を忘れない工夫」この3つの工夫を忘れずに進めています。
【洗浄】
 食品工場における洗浄には「顕微鏡レベルの洗浄精度」が求められる。対象物ごとに汚れの質、量から洗剤の種類や洗浄方法を決めてマニュアル化を行います。
【殺菌】
 「加熱によるもの」「塩素系殺菌剤によるもの」「アルコールによるもの」3つの方法の組合せで行い、拭取り検査を継続することによって効果の検証を行います。
【躾】
 決めたこと・決められたことを・誰もが、当り前のこととして実行できるために、「伝え方」「楽に出来る工夫」「実行せざるを得ない状況作り」を大切に取組んでいます。
【清潔】
 手洗い、作業服の清潔、作業者の清潔、防虫防鼠などの取り組みに加え、ドライフロア化を進めています。

私のコメント
 基本に忠実に実行されています。不急品の管理についても保管する場所を決めて責任者を決めています。清掃しやすい工夫として、備品が動かせるようにしたり、下部が清掃しやすいように上げてモップ等で下を清掃できるようにしたり、ドライ化をして、作業効率を上げたりと工夫しています。ある程度の設備投資は必要で会社の理解がないと進められませんが、経営者も食品衛生7Sを理解して応援しています。

【維持、向上】
 品質保証室メンバーが定期的な数値評価を行い、製造部門はそれに対する改善の繰り返しを継続しています。また、現在の社長は叱咤激励ばかりでなく、自ら全工場の各製造ラインに定期的に入られて現場責任者と共に評価をしてくださっています。大きな力になっています。

【食品工場7Sの効果】
 商品事故は毎年、着実に減少し、当初の目的を果たしているだけでなく、工場内の見た目はもちろんのこと、雰囲気も変わり活き活きとした工場になったと感じています。お客様に工場を見ていただくことは工場のできる営業活動にもなっており、「食品工場7S」は利益を生み出す活動に育ってきました。
 今後はトップダウンとボトムアップが上手く融合した活動を目指したいと考えています。全員参加型の「食品工場7S」の改善活動を継続することは、大きな問題となってしまった食品工場内での農薬混入などという事態をも未然に防止し得る大切な活動であると確信しております。

私のコメント
会社全体の一体感を感じます。全員参加型の「食品工場7S」の改善活動が社員のモチベーションを向上させ、会社のイメージを高め、その結果、クレームの減少、営業成績に繋がる好循環を生んでいます。食品衛生7Sの素晴らしさを示した発表だと思いました。



食品衛生7Sによるフードディフェンス対策

307 2014年3月2日
 食品衛生7Sによるフードディフェンス対策
 2014年2月13日に食品安全ネッワーク主催の「食品衛生7S実践事例発表会」に参加しました。基調講演は、ペリージョンソンホールディング株式会社の新谷雅年氏による「フードディフェンスの取組 心の中の悪魔退治でした」。食品衛生7Sをうまく機能させればフードディフェンス対策に有効となるお話でした。
 食品に、農薬や殺虫剤、洗剤、殺菌剤などの危険物や毒物の意図的あるいは事故的混入が相次いでいます。大量の製品がマーケットに出てしまえば、危害、費用と信用失墜で大変な事態になってしまいます。
 多くの識者の意見は「不注意ではなく、故意による行為に備えるという性悪説の視点で対応を急ぐべきだ」と、食品防御の取り組みの必要性を訴えています。具体策として
・勤務中の従業員の所在把握
・訪問者の車両の検査、カメラや警備員による監視などを挙げています。
 それに対して食品メーカーの反応として、大手企業の品質管理担当者は「従業員との信頼関係で安全性を保ってきている。従業員を犯人視するわけにいかない」と言っています。別の業界関係者は「コストをかけてセキュリディー対策を強化しても防ぎきれない。従業員教育や職場での相互チェックを徹底させるしか方法はない」と話しています。いくらカメラを増やしても内部の従業員なら盲点を見つけることは可能です。ディフェンス対策のために従事者不信を前面に出すと、今まで和気あいあいとやっていたコミュニティが、一気に気まずくなり、このことが日本の食品工場でフードディフェンスを進める為の悩みになっています。
 消費者に食品への深刻な不信を引き起こした今回の事件。公益財団法人「食の安全・安心財団」(東京)の唐木英明理事長は「メーカー任せには限界がある。消費者も食品防御の意識を持ち、包装や臭い、味に異常がないかを確かめるといった自衛策を取る必要がある」と指摘しています。
 HACCPやISOは性悪説(せいあくせつ)から成り立っています。性悪説とは、人間の本性に対する主張で。「人の性は悪なり、その善なるものは偽(ぎ)なり」(『筍子』性悪篇より)から来ています。
 性弱説(せいじゃくせつ)とは、私(講演者)が提唱している内部統制の計画・運用における概念で、人間の本性は基本的に善であるが、様々な誘惑や心の迷いが生じる。人が様々な環境変化等で弱った時にふとした出来心から犯してしまう罪を会社内の体制で防ぎ、犯罪者や負のスパイラルに迷い込む人を無くすことが会社にできる会社の愛としている。
 食品衛生7Sの「整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌・しつけ・清潔」と分かり易い運動の要素に基づき会社全体で取り組みことができる。マニュアルやルールを理解し、納得した上でマニュアル通りの作業をする必要がある。その中核となる仕組みを「しつけ」という語で表現している。
しつけとは、教育することと言い換えても良いが、教育一般よりも生活全般に根ざした、更に根源的な事柄にまつわる部分を教えていく行為を指す。「やって良いこと(=誉められる)」「やってはいけないこと(=罰せられる)」の区別をつけさせることでもある。
食品衛生7Sでは、現場が力を合わせて、ルール作りを実践し、欧米流の上位下達でなく、提案制度などの下意上達を取り入れ現場が考え改善活動を行うことでモチベーションを向上させる。率先して改善活動のPDCAサイクルを実践してもらうためには、この方式こそ日本的管理の基礎である、食品衛生7Sはそのような管理活動により微生物レベルの衛生管理を達成するとともに、人づくり、仕紐みづくりにも寄与する管理手法である。
しつけとは、教育することと言い換えても良いが、教育一般よりも生活全般に根ざした・更に根源醜輔にまつわ翻ロ分を教えていく行為を指す・特に言葉が理解出来ない幼児の教育に関しては、様々な態度で接することで「やって良いこと(=誉められる)」「やってはいけないこと(=罰せられる)」の区別をつけさせることでもある。
実際に私が顧問をしていた弁当屋に食品衛生7Sを実施した経験で、「整理・整頓・清掃」がうまく行き出したころから従業員の意識が変わってきました。きれいな職場環境は人を積極的にします。しつけでマニアルの励行を求めるとともに改善や提案制度とともに、評価制度を導入することでモチベーションが上がってきました。すると、それについて来れない人は自然と辞めていき、清潔好きのパートさんが集まってきました。職場のコミニケションも良くなりました。
アベノミックスの効果と、震災地の復興、東京オリンピックと建設作業が増えてきます。すでに建設労働者が不足して、少しづつ人件費が上昇してきています。飲食業も良い人材をいかに確保して育てていくかがポイントなります。つまり、食品衛生7Sのしつけが人材確保と家業の発展とあわせてディフェンス対策となります。


HACCP研修方法について

306 2014年2月16日

HACCP研修方法について

 JICA(国際協力機構)の国際研修「食品衛生のための行政の能力強化」コースでHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Points)の講義をしました。今年は受講生が少なく4人でした。お国はアフリカのモザンビーク、南米のチリとクック諸島でした。食料資源を輸出する国です。食料輸出国にとってHACCPは大事で輸出先の基準に合わせないと輸出できません。
 HACCPの講義の多くは7原則12手順を実習を交えて行う事が多いのですが、最初からHACCPの設計を教えるより、前提条件の一般的衛生管理プログラムをきちんと実行される方法に力を入れました。HACCPは相手国により微妙な違いがあり、システム設計は相手国に合わせ、必要な時にすれば良いのです。それより、土台がしっかりしてないとうまく機能しないことを経験的に感じていました。
 それとHACCPはCCPよりHA(危害分析)の方がより重要だと考えています。HACCPの12手順では、危害分析に先立ち、実際の作業を把握したうえで、原材料の受け入れから最終食品に至るまでの工程のフローダイアグラムを作成します。施設内見取り図の図面を作成して、その図面を見て、危害分析を行います。HACCPの設計の時やCCPを決める為にはそれで良いのですが、危害分析が施設内に偏ります。多くの人はCCP(重要管理点)の訳語に惑わされてCCPを重視します。それではHA(危害分析)が不足します。食品企業の大きな危害と言えば食中毒です。食中毒の原因は様々です。現実に起こった食中毒事件を参考にHA(危害分析)をして対策を追加することが必要です。
 浜松市の小学校14校でノロウイルス食中毒が発生しました。各学校で給食を調理して同時に発生していますので原因は調理施設内で無く、同じ食材による可能性があります。原因は食パンでした。食パンの異物検査で、検査員が手で1枚づつ触ります。その時に検査員の手からノロウイルスが汚染しました。検査員の検便でノロウイルスが見つかっています。トイレで手を汚染し、手洗い不足で食パンを汚染したと思われます。同じ様なパンによる学校給食の食中毒事件は11年前にも起こしています。施設内だけのHA(危害分析)は不足で原材料に仕入れ先も見ていくことが必要です。
また、冷凍食品に農薬を故意に入れた事件もありました。犯人は検挙されましたが従業員でした。故意によるものでした。高級レストランの偽装表示も大きな社会問題となりました。健康被害はありませんでしたが経済的危害は莫大でした。HA(危害分析)的思考、つまり過去の他社の事例から予め危害を予測する予測力が必要で、自社に当てはめて対策を取っておく柔軟な考え方が求められます。
 食中毒対策ではWHOが2006年に発表した"Five Keys to Safer Food Manual"が有効です。
1.清潔に保つ(Keep clean)
2. 生の食品と加熱済みの食品を分ける(Separate raw and cooked)
3.よく加熱する(Cook thoroughly)
4.安全な温度に保つ(Keep food at safe temperatures)
5.安全な水と原材料を使う(Use safe water and raw materials)
 この5KEYを踏まえて一般的衛生管理プログラムを実行することが大切です。
 特に清潔に保つ(Keep clean)は食品産業の基本です。この基本を浸透させて、全員で実行するには食品衛生7Sが有効です。
 食品衛生7Sは「整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌・しつけ・清潔」で微生物レベルの清潔を達成することを目的としています。最初の「整理・整頓・清掃」の達成は綺麗なイメージを与えます。清潔さは企業イメージをあげることとなり、企業が利益を挙げる大きなポイントの1つです。食品工場は清潔なイメージが大切です。また、働く人の気持を明るくし、職場が整頓されると能率的に動けるようになり、作業効率が向上します。
「清掃・洗浄・殺菌」は一般的衛生管理プログラムを実行する為の作業手順書、マニアルを作成し守っていくこととリンクしています。
「しつけ」は、教育と同じようですが、食品衛生7Sのしつけは教えるだけでなく、現場で皆で考えて知恵を出すことです。例えば提案制度などの参画意識がモチベーションを上げることにつながります。
 ノロウイルス食中毒の対策は手洗いが大事ですが、何故手洗いが必要なのか、ノロウイルスは何処に生息しているか、その感染経路はどこかと皆で考えさせると、汚染を広げないためにトイレ(大便)の後の手洗いが大事だと理解されます。すると、家庭のトイレ(大便)後の手洗いが大切だと理解して手洗いの方法を確実に実行するようになります。また、患者の吐物にはノロウイルスが多く含まれていますので調理場で吐かれると大変です。感染の恐れのある人を調理場に入れない、自己チェック表で自主的に申告して調理場に入らないようにします。つまり個人の衛生教育が最大の予防策です。
 故意に農薬を投入された事件の予防策は一般的には監視カメラの設置となりますが、内部犯の対策は不十分で、採用の時にしっかり人を審査する事と、様々な誘惑や心の迷いから起こした事件であれば、会社や職場内のコミニケーションを良くして、社員のモチベーションを上げることがで予防効果となるのでは無いでしょうか。
 JICAの2日目に演習として、日頃良く見かける事柄を15題出して、CODEXの一
般原則のどの条文に書いているかを調べて発表させました。同時に、それは、どういう危害や問題が発生するかを考えてさせました。「もし・・・」と考える事でHA(危害分析)の訓練になります。1つの設問で複数の条文が関係します。衛生基準を逆引きすることで、衛生基準を理解しやすくなり、研修生がお国で工場を視察した際に根拠を明示して指導できるようになります。


HA(危害分析)で東京都知事選挙のテーマを考える

305 2014年2月2日
HA(危害分析)で東京都知事選挙のテーマを考える
 JICA(国際協力機構)の国際研修「食品衛生のための行政の能力強化」コースでHACCPの講義をしました。特に力を入れたのは前提条件となる一般的衛生管理プログラムと食品衛生7SとHA(Hazard Analysis)の考え方です。HA(危害分析)は招来起こるかもしれない危害を予測して、予め対策を取っておくというシステムです。食品工場だけでなく、色々な場面の危害についても応用できます。
私は都民では有りませんが東京都知事選挙が行われていて、色々ネットで意見がでています。ネガティブキャンペーンもあります。
 細川氏は元総理の小泉氏の応援を得て「原発ゼロ」を掲げています。細川氏には、小沢一郎や菅直人や鳩山由紀夫が応援をかって出ています。まさに民主党政権誕生の悪夢がよみがえります。原子力発電所はそんなに危害があるのでしょうか? 福島の原発事故は人為的ミスもあります。アメリカのメーカーの設計で津波の大きさを考慮に入れてなかったせいです。HA(危害分析)の不足です。危害は発生確率も合わせて考える必要があります。原発問題は先の衆議院選挙、参議院選挙で民主党が大敗北をして、決着が付いています。
 国連機関の「原子放射線の影響に関する国連科学委員会」の評価では、「福島原発事故で差し迫った健康リスクはない」としています。
http://www.gepr.org/ja/contents/20130604-01/
 情緒的に「原発ゼロ」を訴えるのでなく。原発を再稼働させず、いかなる電力源で我が国のエネルギーを賄うのか?
 原発を再稼働させないため、我が国の所得(GDP)が兆円単位で中東の天然ガス産出国に渡っているわけですが、この問題についてはどのように対処するのか。国際収支も3年連続で赤字になってしまった。
さらに、我が国に存在する使用済み核燃料(およそ2万トン)をどうするのか?
エネルギー安全保障を考えたとき、エネルギー供給源の「多様化」が必要です。原発を動かさないとして、我が国のエネルギーミックスをどうバランスさせるつもりか?火力発電による環境汚染についてはどう考えるか?
わが国の高度の技術力を持つ原子力発電所建設企業を潰していいのか? 世界は安全な原子力発電所を求めているのでは。「原発ゼロ」にすると喜ぶのはどこの国か? 情緒的に「原発ゼロ」を叫ぶだけで何も言っていません。
 東京都の将来の危害を考える時、東京都民の直面している最大のリスクは、首都直下型地震でしょう。予め震災時の対策を考えておくことが重要です。東京都が備えるべきなのは地震そのものであって、原発事故などの2次災害ではありません。メディアは「どの候補も大同小異だ」といっていますが、細川氏は明らかにやる気がありません。他方、田母神氏は出馬の動機に「首都直下型地震における自衛隊との連携」をあげています。阪神大震災でも東日本大震災でも、自衛隊との連携のまずさで失う必要のない人命が失われています。事故後の危機管理を考えても、田母神氏以外では震災のときの村山内閣、菅内閣の悪夢が再現されるでしょう。原発事故よりはるかに影響力があることは明らかです。原発の無い東京都政にとって「原発ゼロ」なんて無意味ですが、震災対策は最優先の課題です。HA(危害分析)で予め対策をとっておく必要があります。
 インターネットで行ったアンケートでは、田母神氏が圧倒的な強さを見せていましたが、既存メディアは田母神氏をほぼ無視し、舛添氏と細川氏の「2強対決」といった報道を繰り返し、最近では舛添氏有利と予想しています。
厚生労働大臣時代の舛添氏は新型インフルエンザ対策や福祉問題についても官僚をうまく使いこなしているように見えました。しかし、舛添氏は自民党が野党転落直後に離党し、徹底的に自民党を批判して除名されました。さらに、舛添氏は週刊誌に元妻の片山さつき氏の告白が出ていました。
「遅く帰ってきやがって!」突然、彼は怒鳴り手当たり次第にモノを投げつける、そして、ある時にはいくつものサバイバルナイフを片山氏の目の前にズラーッと並べたこともあったという。愛人を作り2人の愛人が産んで認知した子3人いて、子供の養育費で裁判になっています。生活保護を受給している姉にびた一文仕送りをしていません。元厚生労働大臣の所業とは思われません。外国人参政権にも賛成です。日の丸も嫌いなようです。何か胡散臭いイメージです。こんな人が東京オリンピックの開催知事をしてよいのでしょうか?
 東京オリンピックの開催都市の都知事には田母神氏のようなサムライが似合います。

営業者のノロウイルス対策

304 2014年1月19日
営業者のノロウイルス対策
 今年もまたノロウイルスが頻発しています。最近のニュースでは、「浜松市の14小学校で児童ら946人が嘔吐や下痢 ノロウイルスか」がありました。
 浜松市は16日、同市内の市立小学校14校で児童905人、学校職員41人の計946人が嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴えて欠席したと発表した。校内で給食を調理している   2014.1.16 21:56
 ニュース見て、学校14校、校内で給食を調理から、共通の食材が原因じゃないかと予想しました。2003年1月にミニきな粉ねじりパンを原因とするノロウイルスの学校給食食中毒が発生しています。
 「浜松の学校食中毒、原因は給食のパン 欠席者1千人超す」2014年1月18日00時20分
 市保健所は17日夜、給食のパンについたノロウイルスが原因の食中毒と発表した

 ノロウイルスは冬季を中心に、年間を通して胃腸炎を起こします。また、60℃10分程度の加熱では病原性を失わず、塩素系殺菌剤や消毒用アルコールに対しても抵抗性があります。潜伏時間は24~48時間で、下痢、吐き気、腹痛、発熱(38℃以下)が主症状です。通常3日以内で回復します。
 食中毒予防を考える時、感染ルートを見ていく事が大切です。その病原物質が何処に生息し、何処で増殖するかを知ることです。多くの細菌性食中毒菌は食材由来です。サルモネラ菌は卵や食肉、腸炎ビブリオは魚介類です。黄色ブドウ球菌は人の鼻腔粘膜や手指の傷で増殖します。しかしノロウイルスはウイルスの特性で人のお腹だけで増殖し、食品中では増殖しません。また、ノロウイルスは非常に小さくサルモネラ菌の100分の1位です、従って、ノロウイルス患者のふん便中には、もの凄い数のノロウイルス粒子が存在します。下痢便の1滴中に数十億個ノロウイルスが存在しますので、食品中で増殖しなくても少しの汚染で食中毒を起します。
 ノロウイルスの感染ルートは便と嘔吐物です。トイレでお尻を拭いた時、トイレットペーパーを通過して手を汚染します。もし、ノロウイルスに感染していたらトイレットペーパーを持った方の手の指先が汚染されていると推定されます。汚染を広げないためには色々触らないようして、ウイルスを洗い落とすことです。トイレの後の手洗いでトイレットペーパーを持った方の手の指先に液体石鹸をかけてしっかりともみ洗いして、流水でしっかり洗い流してください。固形石鹸では石鹸が汚染されます。ポンプ式の液体石鹸は汚染されてない手で石鹸が使えます。初期の段階ではノロウイルスに感染していることはわかりませんので、常にトイレ(大便)後の手洗いはこの方法で行ってください。もちろん仕事始めや途中の手洗いも大事ですが、汚染の初期に洗い流すことが大事です。
 ノロウイルス患者の嘔吐物にも大量のウイルスが含まれています。また、嘔吐物からの浮遊物にもウイルスが含まれ、空気中に飛散されますので、調理場で嘔吐されると汚染のリスクが非常に高くなり、嘔吐物の片付けと消毒が済まないと使用できませんし、露出している食品は再加熱等でウイルスを殺さないと危険です。ノロウイルス感染者を調理場に入れないように自己チェックでおそれのある人を外してください。
 お腹で増殖したノロウイルスは便と一緒に排出され、下水処理場や浄化槽に入ります。下水処理場や浄化槽では放流水を消毒しますが、ノロウイルスは塩素に強いので放流水に含まれ河川に流失されてしまいます。河口域に生息しているアサリ、シジミ、ハマグリと言った2枚貝やカキはプランクトンを餌としますので多くの海水を取り込みます。そして、ノロウイルスも吸い込まれて、貝の内臓に付着しているのです。アサリ、シジミ、ハマグリは加熱して食べますが、カキは内臓も一緒に生食をするのでノロウイルス食中毒を起こすのです。十分に加熱して食べれば安全です
 ノロウイルスは感染ルートが人ですので、汚染源は調理従事者、ホール担当、あるいはお客ということもあります。ノロウイルスはヒトからヒトへの感染も多く発生し、しばしば、学校、保育園、老人施設で大規模な集団発生が見られています。ヒトからヒトは感染症、汚染された食品を喫食して発症したものは食中毒となります。ホテルや結婚式場等多くの人が集まる所でノロウイルスが発生すると食中毒か感染症なのか判断は難しいのです。食中毒と感染症は保健所では担当する部署が異なります。感染症であれば、営業停止等の行政処分はありません。食中毒となると施設の責任を問われ、食品衛生法の行政処分の対象となります。営業者にとって食中毒となると死活問題です。ノロウイルス食中毒予防と同時にこの対策も大事です。ホール担当者はお客の様子を注意して、体調不良や嘔吐した人の名前や座席を記録しておく事です。食中毒と疑われた時に反論できるような目に見える対策や記録を予め準備しておくことも大切です。
 先ず、従事者のチェック表の作成です。健康状態、手洗いの有無、ロール使用、生食カキの喫食状況を毎日チェックします。特に手洗いについては、きちんと実行されていることが分かることが必要です。そのためには、手洗い器が整備されていること、特にノロウイルスの流行は冬ですので、温水がでることが望ましいです。手洗いマニュアルの整備、手洗いが実行されているという証拠となる洗剤、ペーパーの使用実績なども必要です。
 マニュアル通り実行されているかの検証では手指のふき取り検査が有効です。それと、使い捨て手袋を使用しているのであれば、これも使用実績がものをいいます。手指を経由して感染することが多く、正しい手洗いをきちんと実行することで防ぐことができます。
 このようにノロウイルスの予防ではトイレ後の手洗い、自己チェク表、生カキを食べない等、個人衛生が重要となりますので、継続した衛生教育が必要です。

将来の生活設計について

303 2014年1月5日
将来の生活設計について
 明けましておめでとうございます。昨年中は大変お世話になりました。
食品衛生コンサルタントとして情報の発信を通じて少しでもお役に立つことができることに日々感謝しています。
 昨年12月18日に「生涯現役生活設計セミナー」を受講しました。以前「生きがい福岡」でご一緒した坂本徳俊氏からお誘いがあったものです。
 年頭に当たり、改めて将来の生活設計をじっくり考えてみたいと思いました。
 セミナーで、生活設計の基本的な3つのプランは3つをあげています。
 1キャリア開発プラン 職業生活ならびに家庭・地域生活の領域 
 2生涯経済プラン 生活の基盤となる経済面の領域
 3健康管理プラン 身体や精神面の健康といった領域
 
ライフプランの年代別ポイントとして、
 50歳代で退職後の生活も視野に入れたライフプランを設計し、準備を始める時期。自分の選んだ就業スタイルに沿うようなキャリア開発計画を策定し、中・長期的な課題を明確にする。
 60歳代では、退職後のライフプランを実現させていく時期。再就職をしても一般的には65歳前後で引退。仕事以外の活動の場を作っておくことも大切。夫婦だけで過こす時間が多くなる。趣昧やボランティア活動などを通じて、幅広い仲聞づくりを心がけたい。一病患災。たとえ持病があっても、健康管理に気配りしながらライフワークを実行する生活態度で生活習慣病の不安を解消。
70歳代では、これまでのライフプランを完成させる時期。一般的には、職業生活からは引退。夫婦だけの気楽な生活か。趣味や社会奉仕活動などにも積極的に参加したい。一病息災から少病息災へ。健康問題を気楽に相談でぎるようなホームドクターを見つけておきたい。生活費は公的・私的年金が中心。就労していない限り、それらの他に定期的な収入はないので、財産管理をしっかりする。

まもなく70歳代に突入する私がこれらのポイントを振り返ってみます。私は50歳前から退職後の仕事を考えていました。地方公務員で長い期間保健所で食品衛生監視員として働いていました。食品衛生関係では牛肉偽装事件、大型の食中毒事件、食品表示偽装問題が大きな社会問題となっていましたので、食品衛生関係で何かできるのではと考えていました。何とかこの方面での仕事をと考えていましたが、私の希望のような仕事はありません。社会の関心が食品衛生に向いています。事業者は食品衛生だけに雇用は難しいので、定期的に指導するコンサルタント的な業務は必要とされるのではと考えました。元食品衛生監視員だけではたいしたキャリアではありません。自力でキャリアを開発する必要があります。わが国でもHACCPが導入され、関心があったので食品企業、関連業者、行政が集まって異業種交流会に参加しHACCPを学んでNSF HACCP9000 コーディネータの資格を取りました。1つの方向として、情報発信を通じて食品衛生コンサルタントの仕事を認めて貰うことです。
 現役の時に評判の良かったFAX通信、ホームページ、メールマガジンを個人で立ち上げました。更に「保健所の片隅から(ある食品衛生係長の実践録)」という本を出版しました。退職時に合わせて出版しましたのでそれなりに売れました。著作を持つことはキャリアとしては大きく講演会のギャラにも良い影響がありました。自費出版で自分で売れば何とかもとは取れます。
 58歳で早期退職を決意しました。新しい人生を切り開くには少しでも若い方がいいのかと思いました。タイミング良く外郭団体の社団法人福岡市食品衛生協会食品衛生検査センターの所長の職が空きましたので希望しました。しかし、中に入ると外郭団体特有のぬるま湯的体質と足の引っ張り合いがあり、9ヶ月で退職しました。そこからは元の役所を頼ることはできません。仕事はありません。年金支給まで1年以上あります。
 (社)福岡市食品衛生協会を退職する直前に(社)福岡県食品衛生協会の大会に講演を依頼されお話をさせていただきました。その直後ある弁当屋さんから顧問の依頼があり、食品衛生コンサルタントとしての仕事が始まりました。その後は比較的順調で、顧問の仕事は5社、講習会の依頼も増えてきて60歳代の職業のライフプランは順調にできました。
 営業は講演会や企業の指導が主で、出かけることが多く、最初から仕事がどんどんあるはずもなく、人を雇用するほどの事もなく、自宅を事務所としています。最初の税金申告時、青色申告という制度がある事を知りました。青色事業専従者控除、純損失の繰越控除等の特典があり、個人営業ではメリットがある制度ですが、きちんと記帳する必要があり、申告の時に税理士さんにチェックやアドバイスを受けることで青色申告ができます。そこで妻に協力して貰い簿記の資格を取らせて経理等を頼むことにしました。つまり、共同経営です。これが非常に良かったようです。妻は一定のポジションを得て生き生きと共通の会話も増えてきました。60歳台は「ハッピー・リタイアメント」がうまく出来たと思います。
 次の70歳代は、年金が頼りになります。食品衛生コンサルタントの依頼は次第に少なくなりましたが、この歳で仕事が出来るのはあるのは恵まれています。70歳代の大きな問題はいつまで健康でいられるかでしょう。
 私は現役の時から腰痛持ちで歩様がおかしく、歩くのが困難になってきました。5年前から妻と2人でスポーツジムに通い、泳いだり歩いたり、ヨガやピラティス、ストレッチをしています。暇な高齢者にとって日課があることは素晴らしいことです。午前中のジムはまるで老人の社交場です。運動する事、挨拶して会話すること、学ぶことは、所属の欲求、知識欲を満たし精神的にも良い事です。
 また、年に数回は海外旅行に2人で出かけています。パック旅行もしますが、昔の仲間とネットでホテル、観光地、レストランを探し自分たちだけで計画します。できるだけ楽しく安く出来る旅を行っています。さらにボケないようにマガジンを出したり、キンドルで読書をしています。
 人生80年、いよいよラストステージにさしかかります。出きるだけ長く元気に周囲に迷惑をかけないように努力しています。腰痛は軽くなりましたが、足、特に足首の力が弱っていますのでジムで鍛えていますし、ホームドクターとは相談できます。ピンピンコロリを目指して努力していきます。

バリ島旅行記

302 2013年12月15日
バリ島旅行記
 私は毎年、11月に昔のNPOの仲間と海外旅行を楽しんでいます。慣れてきたので旅行業者に頼まずに自分たちで計画しています。
 今年は11月28日から5泊6日の日程でバリ島に行きました。今回は10月のシンガポール視察研修でお世話になった通訳の鈴宮さんから紹介のあった現地のドライバーPUTU君を3日間お願いしました。バリ島は比較的に狭い地域に観光地が集中していますので、足の確保ができていると計画を立てるのに楽です。車はぴったり7人+Dr乗りでした。
 航空券はシンガポール航空のHPで7人分予約しました。旅行日により運賃が異なりますので、ネットで安い日程を探し参加メンバーと調整して決めることができます。ホテルもネットで探します。ポイントは交通の便と価格、口コミ、できたら日本語の通じる従業員がいるところです。バリ島は現地のルツアー会社が充実して、ネットでの日本語対応の所が多く、問い合わせながら申し込む事が出来ますので、日本の旅行業者に頼むより安くできます。日本人観光客が多いためにネットで利用できるシステムが整備されています。
ホテル「ジ アリ-ツ」の口コミ
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/71699/review.html
 口コミのようにコストパフォーマンスは最高です。メールも日本語でOKで予約金の支払いも日本の口座です。特に私が良かったと思う点は朝の食事で、バイキングでなく、いまどき珍しい前夜に注文しておいた出来立ての料理をテーブルまで運んでくれるサービスです。年とってくると食事を取りに行くのが面倒ですから。 私は毎年、11月に昔のNPOの仲間と海外旅行を楽しんでいます。旅行業者に頼まずに自分たちで計画しています。
 29日はドライバーPUTU君の案内でウブド周辺の観光をしました。参加者の希望で象乗りとバリ舞踊を入れました。バリ舞踊はインドネシアのバリ島でバリ・ヒンドゥーの儀式や冠婚葬祭の際に演じられる舞踊で、各寺院には専属ダンサーがいます。毎夜各地で公演が行われています。
 ウブド王宮の斜め正面に、旅行者向けの情報センター「ウブド・ツーリスト・インフォメーション」で日程と前売り券を販売しています。
http://bali.navi.com/miru/89/
ウブド周辺 バリ舞踊公演スケジュール
http://www.bali-his.com/main_index/dance_schedule.html
私達はバリ島1の踊りといわれるティルタ・サリの前売りをGET。金曜日の7時半だけです。
バリ島ナビ エンタメ
http://bali.navi.com/search/area_search.php?Category=07&schctg=T&play_type=1
http://food.blog.so-net.ne.jp/ バリ島写真
 昼食は、景色が良く美味しいと評判の「インダス」に行き、インドネシア料理のナシチャンプル Rp.60,000 をいただきました。
 昼食後、象乗りにバリエレファントキャンプに行きました。朝は結構激しい雨が降っていて、象の乗りは今日はダメかと思いましたが、午後は晴れてきて、快適に象に乗ることができました。混んでなく、象のりがスムースに終わったのでPUTU君にコーヒー薗や猿のいる寺院モンキーフォレストに寄ってもらいました。
 夕夜はバリ料理のBEBEK BENGIL (ベベッ・ブンギル)でバり料理のクリスピーダック(アヒルのから揚げ)とトムヤンクンをいただきました。
 時間になりましたのでティルタ・サリの舞踊を見にいきました。
http://bali.navi.com/play/28/
 分かり難い場所にあり細い路地を走りたどり着きました。地元の劇場といったたたずまいです。演劇は今までタイやカンボジアでディナー付き舞踊を見てきましたが、同じ様な舞踊でも踊り手の技量がまるで違います。手指の動き、歌舞伎の睨みにも似た目の動き、眼力を感じます。見るなら舞台に集中できる方がいいです。金曜日の夜に時間があれば是非に。見る価値のあるバリ舞踊です。
 11月30日(土)はキンタマーニ高原でのランチとタナロット寺院夕日観賞を指示して、後はPUTU君に任せました。
観光コースは出来ているようで、最初にバリ舞踊にいきました。バリ舞踊は前夜も見たのですが、運転手に任せました。こちらは踊りより劇を中心とした出し物で日本語の解説パンフレットを見ながらの観賞で、団体客が多く入っていました。
  途中、滝をみたり、ライステラスに寄ってキンタマーニ高原でのランチは、サリーレストランでの絶景を眺めながらのビュッフェ・ランチでした。
 続いてタマンアユン寺院、タナロット寺院夕日観賞、タナロットの断崖絶壁にあるレストランでのディナー でした。幸い快晴できれいな夕日をタナロット寺院から見ることができました。レストランは屋外で絶景を見ながらでしたが、魚介類でしたが、高くてまずい料理でした。観光地はこんなもんでしょう。
 12月1日(日)はバリ島の南部のタンジュンブノアでシュノーケリング等の海遊びをしました。
http://balinavi.jp/activity/marine-sport/
 こちらの旅行社は様々な企画があり、料金もリーズナブルです。シュノケル(US18$)とパラセーリングをして楽しみました。日本から日本語のメールで申し込みができます。 昼食は麺が食べたくなり、スープヌードルを出す店をPUTU君に探してもらいました。
 昼食後は一旦ホテルに帰り休憩して、午後はサヌールの海岸をサイクリングしました。
 バリ島で最初のリゾート地として開発されたエリアです。現在は、リゾート地としての華やかさはほとんど感じられないものの、本来の落ち着きを取り戻し、落ち着いた雰囲気の町です。ビーチ沿いの遊歩道に何件かあるレンタル自転車屋で自転車をかりて海岸をのんびりサイクリングし、帰りにスーパーに寄ってお土産を買いました。私達は地元の市場とかスーパーを回って果物を買ったりするのが大好きです。
 夕食は少し違った料理と思いイタリア料理のお店、マッシモ Massimoにしました。。
http://bali.navi.com/food/137/
12月2日は早い便でシンガポールに行き、観光をしました。空港でMRT(地下鉄)で屋上に船の形をしたプールのあるマリ-ナベイサウンズの展望台に上がり、シンガポールの景色を見て、隣のドーム植物園に行きました。
夕食は夜景のきれいなノーサインボードエスプラネード店で名物のカニを頂きました。
https://singapore.navi.com/food/291/
 バリ島は人気の高い観光地で日本からの観光客が多いので、物価が現地価格と観光客価格、特に日本人価格があるような感じでした。ある程度はどこの観光地にも見られる現象ですがバリ島は目立ちました。日本で申し込むパックツアーは航空券+ホテル代を安く見せて、オプショナルツアーを高くしています。例えばバリ舞踊はディナー付きで6000円位しますが、現地の1流舞踊団でも1000円で食事もレストランで2000位です。この当たりが自由旅行では良く見えます。ネットで情報を探し、口コミで評判を聞いて行き先を決めていきます。手間は架りますが、その手間が楽しみなのです。お仕着せでなく自分たちで旅を作っていく楽しみです。反省もあります。つい欲張り過ぎて、シンガポールで観光まで入れたので強行日程になってしまいました。最後の晩餐を計画したチリクラブが高く、あまり美味しいとはいえませんでした。残念
シンガポール発が深夜便ですので、バリ島のホテルでゆっくりして買い物したり、散歩を入れた方が良かったようです。
参考にした現地旅行社
http://www.suka2-bali.com/  スカスカバリ レストラン情報を参考
http://www.bali-chili.com/about_bali/sanur.html
http://www.buka-bali.com/act/index.html
http://balinavi.jp/activity/marine-sport/


プロフィール

consalmasa

Author:consalmasa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。